車査定のマニア
他府県

引っ越しをした場合、車検証記載の住所を変更をしなければなりません。住所の変更後、管轄の運輸支局で15日以内に届出をしなかった場合、道路運送車両法違反で50万円以下の罰金を科される可能性が有ります。

引越し後、車検証の住所変更をしてないとどうなる?

しかし、引っ越し後は「心機一転!」という事で車検証記載の住所を変更する前に車を売りたくなる事も有るでしょう。では、他府県ナンバーの車を査定に出す際や売る際には特別な手続が必要なのでしょうか。以下で見ていきましょう。

手続

査定はナンバー関係無し

車を査定に出す時点では、自分の現在住んでいる場所と車検証上の住所が異なっていたとしても問題有りません。

なぜなら、査定の時点では車を売るかどうかがまだ確定していないからです。従って、査定の担当者もこれに関して何か指摘して来るといった事は特に無いでしょう。

売却時は追加の書類が必要

上記の様に、査定をする時点では登録されている住所がどこであろうと特に関係は無いのですが、売却する時点では現住所と車検証に記載されている住所は同じである事が必要です。

他府県

しかし、これから車を売ろうとしているのに、売るためだけにわざわざ車検証記載の住所を変更するのは面倒だし、費用もかかりますよね。(参考記事:自動車の住所変更手続きに必要な書類や流れのまとめ

そこで、それぞれの住所が異なる場合は、車を売る際に通常必要となる書類に加えて「住民票」を提出すれば問題無く売却が出来る様になっています。

なぜなら、住民票には現在の住所だけでなく1つ前の住所も記載されているので、住民票を見れば買取り業者は現住所と車検証記載の住所の繋がりが分かるからです。

但し、車検の有効期間内に何度も引っ越しをしているのに住所変更手続をしていなかった様な場合は、住民票に車検証記載の住所が表示されない事が有ります。この様な場合は、「戸籍の附表)」が必要となります。

:本籍地の役所で発行してもらう事の出来る書類で、過去の住所の異動が一覧となって表示されます。

車査定の必要書類と実際に買取店に売却する時に必要な書類

引っ越し後、車検証記載の住所を変更する前に車を売る場合は、住民票の取得を忘れない様にしましょうね。なお、住所と車検証記載の住所が同じ方が、居住地とは違う都道府県の買取店に車を売却する事には何の問題有りません(例:東京在住の方が千葉の買取店に中古車を売却)。

車は売る地域や場所によって査定額が異なる場合が有ります。引っ越しをする前に売っておくべきなのか、引っ越し後に売った方が高く売れる可能性が有るかなどについては一応検討しておいた方が良いでしょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス