1. 車査定のマニア
  2. 査定・買取り
  3. ≫自己破産と車の関係。売却は必須?ローンありの場合はどうなる?

自己破産と車の関係。売却は必須?ローンありの場合はどうなる?

自己破産

自己破産とは、裁判所に申し立てをする事で、借金の返済が免除される手続きを言います。裁判所は、申立人の借金や収入、資産などの状況を総合的に勘案して、借金の免除いわゆる免責の決定を行います。

ただし、現金などの資産の状況によっては免責決定前に資産を換金して債権者への返済に充てられます。例えば、借金1億円を抱えた人が現金1千万円を保有したまま自己破産する事は出来ません。所持している現金を借金の返済に充ててから自己破産する事になります。

しかし、一方で自己破産後の生活も考慮され、一定の資産の保有も認められます。何もかも換金されて借金の返済に充てられるわけでは有りません。

さて、ここで問題になるのが「車」です。車も立派な資産ですし、換金性も有ります。自己破産を申請する場合、車を保有し続ける事が出来るのでしょうか?

自己破産しても車を保有し続ける事は出来る?

自己破産を申請する場合の車の処分に関しては、自動車ローンの残債の有無によって、以下のように取り扱いが異なります。

自動車ローンの残債車の取り扱い
ローン会社に引き上げられる
車の価値次第で「処分」又は「保有」

上記のように、自己破産をしたとしても、車を必ず手放さなければならないわけでは有りません。

では、それぞれの場合について詳しくみていきましょう。

自動車ローンの残債が有る場合

自動車ローンの残債が有る場合は、車の所有権は通常ローン会社に有ります。これを所有権留保と言うのですが、その目的はローンをした人が返済不能になった場合に、車を引き上げて売却し、未返済額を補う事に有ります。

車のローン

ローンを組んだ人が自己破産を申請する場合というのは、まさに所有権留保の目的に合致する事例です。

そのため、自己破産を申請する際に、自動車ローンの残債が有れば、車はローン会社に引き上げられてしまいます。

自動車ローンの残債が無い場合

自動車ローンの残債が無い場合は、車の価値によって「処分」又は「保有」の判断が下されます。その判断の目安となるのが「20万円」とされています(裁判所によって多少の違いが有ります)。

ただし、自由財産(処分しなくても良い財産)として認められるその他の財産との合計金額(価値)が99万円以下であれば、目安である20万円を超えていても所有が認められる場合が有ります(これも裁判所によって判断が異なります)。

車の価値

車の価値を証明するにあたっては、日本自動車査定協会が行う査定を受けるのが最も有効な手段となります。ただ、査定協会に査定を依頼する場合には査定料金が発生します(東京都の場合、普通車で約7,000円)。そのため、車の価値を調べるためだけに利用するのは勿体無いです。

車の価値をとりあえず調べたい人は、一括査定を利用して下さい。こちらは無料です。そして、自己破産を申請する際に日本自動車査定協会に依頼すれば良いでしょう。

ちなみに、生活する上でどうしても車が必要な場合は、裁判所に説明する事で車の保有を認められる場合が有ります(ローン残債が有る場合は不可)

保有し続ける方法は有るのか?

いくつかの法律事務所のサイトを見てみると、車の価値とは関係なく、保有し続ける方法が記載されています。その方法が以下の2つです。

  • 第三者にローンの支払人になってもらい、車を保有する方法
  • 第三者に車を売却し、その車を借りる方法

お願い

いずれにしても、第三者の協力と債権者や裁判所などの同意が必要になります。難易度は高いと考えておいた方が良いでしょう。

また、素人感覚で上記の方法を利用すると、車を取り上げられるばかりか、免責を認められなくなる恐れが有ります。どうしても上記の方法で車を保有し続けたい場合は、弁護士などの専門家に相談して、その指示に従って下さい。

【参考】自己破産前に車を売却するのは大丈夫?

自己破産前に正当な価格で車を売却しても、特に問題は有りません。しかし、あくまで現時点での車の価値を正当に評価した売却金額でなければいけません。

冒頭でも書いたように、車は資産です。そして、自己破産申請者が所有している資産は、基本的に債権者への返済に充てられるべきものです。その車をもし低廉な価格で友人などに売却した場合は、債権者に損害を与える行為となり、免責が認められない恐れが有ります。

借金返済

また、売却して得た現金は自己破産申請時に申告しなければなりません。仮に、特定の人に売却で得たお金で借金を返した場合は、「不当な偏頗(へんぱ)行為」とされ、これも免責が認められない事由に該当します。

なお、売却金額と所持している現金などの資産の合計が99万円以下であれば、自由財産として認められ没収される事は有りません。ただし、申告しなかった場合は、免責が認められないばかりか、破産詐欺罪に問われる恐れが有ります。

【参考】自己破産後に車を購入出来る?

自己破産後に車を購入する事は可能です。自己破産を申請して借金の返済が免除された後に得た財産等は没収の対象では有りません。そのため、車を購入しても何も問題は有りません。

ただし、自己破産している事が信用情報に登録されているので、自動車ローンを組む事は出来ません。いわゆるブラックリストに載ってしまっているわけです。そのため、車を購入するなら、基本的に現金一括での購入となるでしょう。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。