車査定のマニア
レンタカー

レンタカー

中古車の買取査定額は様々な要因によって変わりますが、中でもレンタカー落ちの車(レンタカー上がりとも言います)は、通常の車よりも査定額が低くなる、って知っていますか?

この記事では、レンタカー落ちの車と買取査定額との関係について見ていきましょう。

レンタカーは査定額が低くなる!?

日本自動車査定協会の出している査定基準では、レンタカーの評価について以下の様に定められています。

商品価値加減点
レンタカーは通常の自家用車と比べて商品価値差を付ける事が出来る。

細則 基本価格の0〜20%の減額とする。

つまり、レンタカーの場合は基本価格から最大20%減額される可能性が有る、という事ですね。

低評価の原因

レンタカーは客に貸し出す車なので、比較的新しい車種が多く、洗車や手入れもしっかりとされています。車が汚かったら誰も借りてくれないですからね、また、レンタル中の故障も避けなければならないので、メンテナンスもしっかりとされています。

手入れ

これだけを見ると、レンタカーは一般の車よりも価値が高そうと感じるかもしれませんね。しかし、レンタカーの問題点として「誰が過去に乗っていたかが分からない」というものが有ります。

「誰か分からない人が数多く使っていた」と聞くと買う気があまりしないですよね・・・。中には手荒い運転をする方もいるので、どうしてもレンタカー落ちの車にはネガティブなイメージが強いのです。

参考:不特定多数の方が乗っている事がマイナスイメージになるという事は、逆にワンオーナーの車(過去の所有者が1人)だった車は高額査定となる可能性が有る、という事です。(参考記事:ワンオーナーカーは高額査定を引き出す重要なポイント

また、年式が新しい割りに走行距離が多い事も特徴的です。毎日の様に誰かが借りて、長距離ドライブなどを楽しんでいますからね。どうしても一般的な家庭の車よりも走行距離が多くなりがちです。

こういった事情から、レンタカー上がりの車は査定時にマイナス評価をされてしまうのです。

レンタカー上がりの中古車は、他の中古車と比べると安く購入する事が出来るかもしれないですが、その分売る時も安くなってしまうという事を知っておきましょう。

レンタカー落ちの車は、「自動車業における表示に関する公正競争規約」によって、中古車屋さんで販売する際に「レンタカーで使用していた」事を表示する義務が定められています。従って、業界的にも通常の中古車とは違う扱いがされている事が明らかですね。

コラム:レンタカーと試乗車の違い?

レンタカーも試乗車も不特定多数の方が乗るという点や、客に乗せるのでしっかりとメンテナンスがされているという点ではどちらも同じです。では、両者の違いは何でしょうか?

試乗車

試乗車は、過去に誰が乗っていたか分かりません。購入を検討する為の試乗なので、丁寧に乗っている方が大半だとは思いますが、中には急発進や急ブレーキなど何でも有りの方もいます。しかし、レンタカーと決定的に違うのは、走行距離です。

レンタカーは大半の方が短くても半日〜1日は車に乗ります。一方で、試乗車は乗ると言っても15〜20分程度と短時間です()。従って、運転の荒い方がいたとしても、試乗車の場合は運転時間が短いので、レンタカーと比べると車に対する影響が少ない事が考えられます。

:ディーラーによっては試乗コースが決まっていたり、自由に高速道路に乗ってもよかったりと様々です。中には2〜3日貸してくれるというディーラーも有る様なので、一概には言い切る事は出来ません。

レンタカーと試乗車を比べると、「レンタカーの方が車が傷んでいる可能性が少し高い」程度に思っておくと良いでしょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス