【3分でわかる】車タイヤパンクの原因4つとパンク対策4つの方法

 
心の声

タイヤのパンクの原因って何なの?タイヤは頑丈そうだから、そうそう簡単にパンクする事はなさそうだけど…

確かに触ってみたらわかりますが、自動車のタイヤは頑丈に感じます。ちょっとした事ではパンクしなさそうに見えますよね。

しかし実は日常に溢れる”ちょっとしたこと”が原因で、パンクしてしまう事実をご存知でしょうか?具体的には以下の通り。

  • 釘やガラスの破片を踏む
  • 路肩や縁石にぶつける
  • 経年劣化と高速道路の走行
  • 悪質なイタズラ

もしこの事実について知らなければ、ちょっと気を抜いた時にタイヤがパンクしてしまっていたかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事ではパンクの原因はもちろんのこと、どうすれば予防できるのか、パンクした後の対策方法まで解説しています。

車のタイヤのパンクについて、気になっている人には必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクト公式サイト

②電話で本格的に相談したい方はズバット車販売
ズバット車販売 公式サイト

【裏技】愛車の最高額が45秒でわかる&最高額で売る方法

かんたん車査定ガイド」なら45秒であなたの愛車の相場をチェック!
相場を調べるだけ、売らなくてもOK

かんたん車査定ガイド公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

スポンサーリンク

意外と身近?!車のタイヤがパンクする4つの原因

タイヤがパンクするのには原因がありますが、代表的なパンクの原因を見てみましょう。具体的な原因は以下の通りです。

  • 釘やガラスの破片を踏む
  • 路肩や縁石にぶつける
  • 経年劣化と高速道路の走行
  • 悪質なイタズラ

それではそれぞれの原因について、簡潔に解説していきましょう。

原因1.釘やガラスの破片を踏む

道路に落ちていた金属(釘等)やガラスの破片などを踏めばパンクします。

前輪で釘などを踏んで突起部を立てて、それを後輪が踏んでパンクするケースが多いですね。

買ったばかりのタイヤなら貫通してパンクしないのですが、劣化したタイヤならパンクしてしまいます。

原因2.路肩や縁石にぶつける

路肩や縁石にタイヤの側面をぶつける事で、タイヤがパンクする事があります。

道路の縁石

勢いよくぶつかると、一発でパンクすることもありますが、たいていの場合は、一発でパンクはしません。

ぶつかったことで小さなキズが付き(空気圧が下がり)、後々にパンクすることのほうが多いですね。

原因3.経年劣化と高速道路の走行

意外と知られていませんが、タイヤは何もしなくても、経年劣化するモノです。

校庭や公園にある「タイヤの遊具」を想像してみてください。

ひび割れたり、ボヨボヨになっているでしょ?あれが経年劣化のわかりやすい例ですね。

経年劣化したタイヤは空気圧が低下しますが、そのせいで、タイヤの”たわみ”が大きくなります。

たわみがあるタイヤは熱を持ち、ちぎれやすくなるので、最終的にバースト(破裂)してしまうのです。

わかりやすい例は、劣化したタイヤで高速道路を走ることですね。

購入してからしばらく経ったタイヤで高速道路を走っていると、バーストする事故は結構あります。

原因4.悪質なイタズラ

中にはイタズラでタイヤをパンクさせられてしまう、というケースもあります。(なんで関係ない車をパンクさせるのですかね…動機が謎すぎます)

このように自転車ではなく、車のタイヤを狙ったイタズラも少なくありませんから、注意が必要ですよ。

【補足】パンクするとどうなる?!

タイヤがパンクすると、まずハンドルがとられて思い通りに運転するのが困難になります。

そして、空気が抜けていく段階では路面の凹凸が激しく伝わってくるようになります。

最終的にタイヤの空気が大半が抜けてしまうと、ゴロゴロと路面に硬い物が当たるような音がするように。

どの段階でも正常な走行は困難なので、パンクしたらすぐに車を止めて対処することが必要ですよ。

車のタイヤがパンクしてしまった場合の4つの対策方法

パンク

ここまではタイヤがパンクする原因を見てきましたが、実際のタイヤがパンクした場合、どう対策をとれば良いのでしょうか。具体的な対策方法は以下の通りです。

  • そのまま家に帰って自分で修理する
  • スペアタイヤに交換
  • 応急処置キットを使用
  • ロードサービスを利用

それではそれぞれの対策方法について、詳しく紹介していきましょう。

対策1.そのまま家に帰って自分で修理する

タイヤの状態をチェックし、釘などが刺さったままで、まだ空気が抜けていないなら、自宅まで帰って修理しましょう。

パンクの修理方法は、意外と簡単です。下記の動画を参考にしてみてください。

新品を購入するより安く済むうえ、意外と簡単なので、パンクの程度が酷くないなら、まずは自力での修理を試してみてはどうでしょうか。

対策2.スペアタイヤに交換

パンク箇所が大きくて、すでにタイヤがぺちゃんこになら、これ以上の走行は不可能です。

近くの路肩や駐車場など安全な所に停車させて、スペアタイヤに交換し、ひとまず走行できる状態にしましょう。

普通なら、ジャッキなどもスペアタイヤととも車に載っていますので、自動車の説明書や以下の動画を参考にして確実に交換して下さい。

対策3.応急処置キットを使用

スペアタイヤがないなら、応急処置を自分で行って何とか走れる状態まで持っていきましょう。

実は応急処置キットなるものが販売されています。以下のような商品です。

パンク修理剤やエアーコンプレッサーが一体化しているので、誰でもその場で応急処置ができますよ。

対策4.ロードサービスを利用

筆者が個人的に1番オススメする方法が、自動車保険に付帯しているロードサービスを使うことです。

ロードサービスとは、パンクやキー紛失、 レッカー移動など、運転中のさまざまなトラブルに対応するサービスのこと

ロードサービスには無料でレッカーしてくれる制度がありますので、パンクした車を修理工場やタイヤ販売店までレッカーしてもらいましょう。

もし自動車保険に入っているなら、すぐにコールセンターに連絡してみてください

ロードサービスを使ったからといって等級が下がる事は無いので、気にせずどんどん使っていきましょう。

なお、保険に加入していない場合でも、「JAF」にお願いすれば「8,000円+ガソリン代」でロードサービスを利用できますよ。

まとめ

今回はタイヤのパンクの原因や対策方法について、解説してきました。

ちょっとしたことでタイヤはパンクになってしまいますが、対策方法もしっかり存在することを理解いただけたと思います。

もし車のタイヤのパンクについて気になっているのであれば、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

以上「【3分でわかる】車タイヤパンクの原因4つとパンク対策4つの方法」でした。最後まではいただき、ありがとうございます。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクト公式サイト

②電話で本格的に相談したい方はズバット車販売
ズバット車販売 公式サイト

【裏技】愛車の最高額が45秒でわかる&最高額で売る方法

かんたん車査定ガイド」なら45秒であなたの愛車の相場をチェック!
相場を調べるだけ、売らなくてもOK

かんたん車査定ガイド公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト