1. 車査定のマニア
  2. 自動車保険
  3. ≫即日加入可能(当日加入)な自動車保険と必要書類・注意点のすべて

即日加入可能(当日加入)な自動車保険と必要書類・注意点のすべて

自動車を購入したものの「任意保険の手続を忘れたまま納車日当日になってしまった」という事態に遭遇する方がたまにいます。

任意保険に加入しようと思っていたのに、手続を忘れていた事に気付くと結構焦りますよね。

即日加入可能な自動車保険はないのか?」と今まさに探している人もいるでしょう。

そこで今回は、即日加入可能な自動車保険について紹介します。

とにかく”今日“加入したいという人は、必要書類を揃えて代理店型の自動車保険へ急行しましょう!

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

当日加入したいなら代理店型自動車保険へGO

代理店型で保険に加入する夫婦

自動車保険は「代理店型」と「ダイレクト型」の2つのタイプに大別する事ができます。

聞いた事が有るのではないでしょうか?

  • 代理店型の自動車保険・・・保険会社の窓口やディーラー等で対面式で契約手続を行う任意保険
  • ダイレクト型の自動車保険・・・インターネットで契約手続が完結する任意保険

この2つのタイプのうち保険に即日加入できるのは「代理店型自動車保険」です。

保険の代理店には契約締結の決定権が有るので、契約書を書いて押印すればその場で契約が成立します。

なんとしてでも”今日”自動車保険に加入したい人は、代理店型自動車保険の中から契約先を選びましょう。

なお、現金が用意出来ていなくても保険料はクレジットカードや口座振替でも支払う事が出来るので心配有りません(最近は保険料の支払いが後日である事が多くなっています)。

ディーラーで自動車保険を契約する男性

また、車を新しく買った方であれば、購入したディーラーでも保険に当日加入する事が出来ます。

殆どの場合、自動車のディーラーは損害保険の代理店を兼ねているので素早く手続をしてくれるでしょう。

:小規模の販売店の中には、代理店業務はしているけどすぐに見積りを出す事が出来ない、という場合も有ります。この様な場合は、即日加入は出来ない可能性が有ります。

最後に、商店街やショッピンセンターなどで良く見かける保険ショップで加入しても、即日で補償が有効となります。

ただし、保険ショップは個人契約の生命保険を販売している事が多いので、自動車保険の場合は即日加入が出来るとは限りません。予め電話等で問い合わせておいた方が良いでしょう。

最寄りの代理店型自動車保険を探したい人は、こちらに主な自動車保険の代理店検索ページをまとめているのでご利用ください。

補償開始時刻は要確認

車と時計

当日加入可能な自動車保険でも「補償開始時刻」は契約前に確認しておきましょう。

補償開始時刻前に起こしてしまった事故は残念ながら補償されませんので。

一般的には16時が補償開始時刻となっているケースが多いのですが、新規契約時は当日の午前0時から補償開始となっている自動車保険もあれば、1時間刻みで任意に設定できる自動車保険もあります。

特に納車日に車をディーラーに取りに行く人は、車を運転して変える事になるので、補償開始時刻の確認をするようにしてくださいね。

忘れると元も子もない必要書類

車検証

必要書類を忘れてしまったり、不足していると、即日加入可能な代理店型自動車保険でも契約手続を行う事ができません。

出掛ける前に必ず必要書類が揃っているか確認するようにしてください。

自動車保険の契約に必要な書類

  • 車検証(コピー可)
  • 免許証(コピー可)
  • 判子
  • 現在自動車保険に加入している場合は保険証券 *

* 保険証券を発行していない場合はマイページにログインできるようにしておきましょう。

その他、保険料を支払うにあたって、クレジットカードや銀行口座などの番号が分かるものも用意しておきましょう。

ダイレクト型自動車保険は即日不可!最短でも翌日から補償開始

パソコンと車

最近は、保険料が安く見積もりもネットで簡単に取る事の出来るダイレクト型自動車保険が人気です。

ネットで簡単に契約手続が出来るので、即日加入も出来そうな気がしますよね。

しかし、ダイレクト型自動車保険では「契約翌日の午前0時からが最短」となっているので、即日加入は出来ません

注1:申込手続を行った時間によっては更に1日ズレる場合があります。
注2:契約自体は当日出来ますが、保険始期日(補償が開始される日)が翌日以降となります。

これは、保険金詐欺(不当請求)を防ぐ目的が有ると考えられています。

無保険の方が事故を起こし、事故の直後にスマホやパソコンからネットで保険契約の申込をし、手続が終わってから警察を呼べば保険が適用されてしまう可能性が有りますからね。

従って、どうしても当日に保険に加入しなければならない、という方は代理店型の自動車保険に加入する事になります。

パソコンの画面を見て驚く女性

一方、希望する補償開始日まで1日でも余裕が有るのなら、ダイレクト型自動車保険をオススメします。

やはり安い保険料が最大の理由です。

時間的余裕がまだ有るにもかかわらず、保険料の高い代理店型自動車保険を選択するのは非常に勿体ないです。

ダイレクト型自動車保険なら今利用している端末・パソコンで保険料の見積・比較、そして契約手続まで行う事が出来ます。

手間も省けて、保険料も安くできるわけですから、切羽詰まった状況でないならダイレクト型から選ぶようにしましょう。

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

 

【注意】支払方法によって補償開始日が異なる

注意点

ダイレクト型自動車保険を選ぶにあたって注意して欲しいのが「支払方法による補償開始日の違い」です。

保険会社によって設定されている日が異なるのですが、1つの例としてアクサダイレクトの支払方法毎の補償開始日を紹介します。

  • クレジットカード払い・・・最短で翌日
  • コンビニ支払(オンライン方式)及びオンライン振込・・・最短で3日後
  • コンビニ支払(払込票郵送方式)・・・最短で10日後

コンビニ支払や銀行振込で保険料を支払う場合は、どの自動車保険でも上記のような設定になっているので注意が必要です。

日程の余裕が無い人はクレジットカード払いを選択して申し込みましょう。

利用出来る支払方法は人それぞれだと思うので、事前に確認しておいてくださいね。

納車日・満期日に間に合わない場合の対処法

困っている女性

どうしてもダイレクト型自動車保険に加入したい、近所に保険代理店が無いといった理由で当日加入が出来ない場合は、最短で補償が開始されるように対処するしかありません。つまり、選択肢としては以下の2つです。

  • 今日、ダイレクト型自動車保険に申し込む(補償開始日は明日)
  • 明日、代理店型自動車保険に申し込む(補償開始日も明日)

仕事等の都合で今日・明日中に手続を行えないかもしれませんが、その間任意保険の補償が無い状態となるので、なるべく早く手続を行うようにしましょう。

なお、補償が開始されるまでは車の運転を控えるようにしてくださいね。

もちろん、任意保険に加入せずに運転しても交通違反となる訳では有りませんが、万が一事故を起こしてしまったら取り返しがつきません。

無保険の状態で納車日を迎える場合は、納車を別の日に変更してもらった方が良いでしょう。

1日や2日程度遅らせるだけなら了承してくれると思います(その間の管理費などが発生するかもしれません)。

満期日に間に合わない場合は、満期日から7日以内に手続を行わなければ現在の等級を引き継げなくなるので注意してください。なお、保険会社によっては更新忘れを防ぐ自動継続特約が付帯されている事もあるので、念の為確認しておきましょう。

自分名義の車に1日自動車保険は利用不可

24時間の文字にタイヤが付いているイラスト

もしかしたら皆さんの中には、数日程度の空白なら、その間「1日自動車保険」に加入すれば対処できると思っている人もいるかもしれません。

1日自動車保険とは、1日単位で加入できる任意保険の事です(保険料は500円/日~となっています)。

まさにこんな時の為の保険とも思えるのですが、残念ながら、この1日自動車保険は自分名義の車に対してかける事はできません

親の車や他人の車を借りる場合などにしか利用できないんですね。

そのため、1日自動車保険は助け舟とならないので、前述したように、なるべく早く補償が開始されるように1年単位の自動車保険の契約手続を行うようにしましょう。

まとめ

今回紹介した内容を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 即日・当日加入できるのは「代理店型自動車保険」のみ
  • 補償開始時刻は要確認
  • ダイレクト型自動車保険はクレジットカード払いなら最短で翌日から補償開始
  • 間に合わなくてもなるべく早く契約を!(1日自動車保険は利用不可)

納車日や満期日に補償が開始されるように契約手続きを行うのが基本ですが、ギリギリになってしまったのですから仕方がありません。即日加入可能な代理店型自動車保険を中心に契約先を探して下さい。

ただし、1日でも余裕があるのなら保険料が安いダイレクト型自動車保険を検討してくださいね。

【裏技】同じ保証プランなのに「5万以上」も安くなった人たくさん!

保険スクエアbank!」なら、一度の申し込みで最大19社から見積もりハガキが届く。
自動車保険は同じ保険プランなのに、保険会社によって値段がマチマチ・・・
同じ保証なのに、5万以上安くなった人もたくさんいます。

実際に私も「12万円→5万円」になりました!

最大19社の見積りを比較!
自動車保険の最安値をチェック

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。