実は誰でもできる!ガソリンタンクとラジエーターのサビの予防方法と対処方法

 
心の声

ガソリンタンクやラジエーターにサビがつくと、もう交換するしかないとネットの記事で見たんだけど、どうやったらサビを予防することができるのだろうか…

確かに素人にとって、ガソリンタンクやラジエーターのサビなんて未知の領域です。

どうしようもできないのではないかと思いますよね。

しかし実は、ガソリンタンクやラジエーターのサビは簡単に予防できることをご存知でしたでしょうか?

もし、この事実を知らなければ、最悪の場合、ガソリンタンクやラジエーターがサビだらけになり、運転に支障が出ていたかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では、ガソリンタンクやラジエーターのサビの予防法について、わかりやすく解説していきます。

さらにサビがついた後の対処方法についても解説するので、ガソリンタンクやラジエーターのサビについて気になっている人は、必見の内容となっていますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ガソリンタンクとラジエーターのサビ予防方法

錆が発生した車

自動車のメンテナンスで気を付けたいのは「サビ」です。

サビは金属に水分をつけたまま、除去せずに放置しておくと、ドンドン発生する仕組みになっています。

自動車の大部分は金属で構成されているので、どの部分にもサビが発生してしまう可能性が。

特に車の内部部品のサビは、発見しにくいので非常にやっかいな存在です。

放置しておくと見えない所で増殖し、車を傷めて、最終的には部品を交換しなければなりません。

では具体的にどんな内部部品にサビが発生しやすいのかというと、「ガソリンタンク」と「ラジエーター」になります。

「ガソリンタンク」と「ラジエーター」にサビがつくと、ガソリン漏れやオーバーヒート(エンジンが過熱されて不具合を起こすこと)などの問題が起こり得ます

だからこそ、「ガソリンタンク」と「ラジエーター」には、サビがつく前の予防が特に必要なのです。

では、それぞれどうやってサビを予防するのか、わかりやすく解説していきましょう。

ガソリンタンクのサビ予防方法

ガソリンを貯蔵する箇所である「ガソリンタンク」内のサビを予防するには「水抜き剤」が効果的です。

水抜き剤は、ガソリンタンク内にある水分を、ガソリンと混ぜ合わせる効果がある薬剤のこと

水抜き剤によって、タンク内に溜まった水分をガソリンと一緒にエンジンに送り、燃やして除去する事ができます。

使用方法は至って簡単で、ガソリンタンクに水抜き剤を入れるだけ

カー用品店やインターネットで安く購入する事が出来ます。

なお、商品に記載されている使用量(ガソリン50Lあたり1本など)を守って利用して下さいね。いれすぎは禁物ですよ。

【補足】なぜガソリンタンクに水分がある?

そもそも、なぜガソリンしか入れないタンク内に水が混入するのでしょうか?

その主な原因は、ガソリンタンク内の空気が冷やされて起こる「結露」です。冬になると窓についている水滴が結露ですね。

結露を防ぐ方法は、ガソリンを満タンにしておくこと。

満タンにしておけば、タンク内の空気が少なくなり、結露が起きにくくなります。

ただ、車の利用頻度が多い人は、ガソリン満タンを常にキープする事は不可能ですよね、さすがに。

だからこそ「水抜き剤」によって、タンク内の水分を除去する事になるというわけなのです。

ラジエーターのサビ予防方法

エンジンを冷やす役目がある「ラジエーター」のサビを予防するには、「LLCの交換」をきっちりする事です。

LLCとは「Long Life Coolant」の略称で、不凍剤・防錆剤などが含まれた液体のこと。ラジエーターのサビ防止が役目の一つ

液体の色は通常「赤色」や「緑色」ですが、色が茶色に変色している時は、サビが発生していく可能性大なので、すぐに交換しましょう。

なお、LLCの交換は「エア抜き」などの高度な専門知識やそれに伴う技術、また一番厄介な「廃液の処理」もあるのでプロに任せた方が良いです。

オートバックスイエローハットにいくと、2,000円程で交換してくれますよ。

ガソリンタンクとラジエーターのサビ取り方法

車の整備イメージ

ここまではガソリンタンクとラジエーターのサビ予防方法について紹介してきましたが、もしすでにサビに出ていたら、どうすれば良いのでしょうか。

この章では、予防しきれなかったときの「対処法」としてサビをとる方法を解説していきます。

ガソリンタンクのサビ取り方法

ガソリンタンクのサビ取りは、実はカンタン。

トイレ掃除で使う「サンポール」と、お湯を5:5で混ぜてタンクにいれ、半日から1日程度放置するだけ

もちろんサビが取れたら、水で内部を洗い流しましょう。そして、よく乾かせば完了です。

ラジエーターのサビ取り方法

ラジエーターのサビは、いたるところに見られるため、きちんとサビ取りするなら細かな分解が必要です。

そして、素人にラジエーターの細かな分解は不可能でしょう。構造が複雑ですから。

そのため、専門業者にサビ取り依頼することになるのですが、分解が複雑がゆえに5万円から10万円支払うことになります

ここまで値が張ると、さすがに費用対効果が合わないですよね。もったいなさすぎます。

以上のことから、個人的にはサビ取りを依頼するのではなく、ラジエーターそのものを新品に交換してもらうことをおすすめします。

ラジエーターのサビ取りは5万円から10万円かかりますが、ラジエーターの交換は2万円ほどで済みます。

オートバックスイエローハットに行くと、いいでしょう。

結果的にサビ取りを実現するなら、交換の方が安くなるので、ラジエーターのサビに気づいたのであれば、すぐに交換をするようにしてください。

まとめ

今回はガソリンタンクやラジエーターのサビについて解説してきました。

ガソリンタンクやラジエーターのサビは予防できると、理解いただけたと思います。

もし、ガソリンタンクやラジエーターのサビについて気になっているのであれば、ぜひ今回解説した内容を参考にしてみてください。

以上「実は誰でもできる!ガソリンタンクやラジエーターのサビの予防方法と対処方法」でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

ユーカーパック公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクト公式サイト

②電話で本格的に相談したい方はズバット車販売
ズバット車販売 公式サイト

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA