1. 車査定のマニア
  2. 中古車
  3. ≫Amazonなら1万円で中古車が買える?気になる実態を調査してみた

Amazonなら1万円で中古車が買える?気になる実態を調査してみた

瞬く間に通販サイトの王者となった「Amazon」。

使ったことのない人はまだしも、存在そのものを知らない人はなかなかいないのではないでしょうか。

Amazonは日用品やおもちゃなどが安く買えるイメージがあると思いますが、実は「中古車」も買えるって知ってました?

しかも1台あたりの価格をなんと「10,000円」と表示しています。

Amazonの中古車ページ

※出典:Amazon.co.jp「中古車ページ」より

「安すぎ」と思いませんか?何か「裏」があると思いますよね?

結論からいいますと、「裏」はありまくりです。だからこそ、Amazonで中古車は絶対に買わない方がいいのです。

Amazonでの中古車は価格10,000円と表示されていますが、10,000円で買えるわけではありません。

価格通りに買えないなんて、ネットの中古車サイトとしては粗悪なレベルです。

さらに写真も少ないですし、クルマそのものの情報も全然載っていません。

ここまでヒドいと、知識のない人がAmazonに手を出すと「詐欺に遭った」なんて思う可能性もあるでしょう。

ネット経由でクルマを買うなら「グーネット」や「カーセンサー」を使う方がいいですよ。

Amazonをつかって「後の祭り」にならないように、今回の記事をぜひ最後まで読んでみてください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

Amazonで中古車を購入する流れ

何はともあれ、まずはAmazonで中古車を購入する方法について解説していきましょう。

通常のAmazonは商品を「カート」に入れて、クレカやコンビニ払いで代金を支払った後に商品が発送されるという流れです。

それに対して、Amazonでの中古車の買い方はちょっと変わっています。

言葉にするとちょっとわかりにくいので、フローチャートにしてみました。以下の図をご覧ください。

Amazonで中古車を購入する流れ

簡単にいえば、Amazonが「窓口」となり、購入の受付をするといった意味合いが強いですね。

またAmazonで購入処理した時点で契約したことになっているので、直接会って調印するなどの手続きも排除されているのが特徴です。

なお、勘違いしがちな点ではありますが、Amazonそのものが中古車を売っているわけではありません。

実際はAmazonを通して、以下の4社が中古車を販売していることになります。

上記の中では「株式会社ネクステージ」が圧倒的に掲載していますね。

Amazonで中古車を買うべきでない5つの理由

Amazonでどうやって中古車を買うのか、方法を解説してきましたが、ハッキリいって筆者はAmazon経由では中古車を購入すべきでないと強く思っています。

主な理由は5つあります。具体的には以下の通り。

Amazonで中古車を買うべきではない5つの理由
  1. 「価格10,000円」が誤解を招く
  2. 価格の比較がスムーズにできない
  3. クルマの写真が少ない
  4. クルマの詳細情報が載っていない
  5. そもそもほとんどの人はAmazonで買っていない

ではそれぞれの内容について詳しく解説していきましょう。

Amazonで中古車を買わない理由1.「価格10,000円」が誤解を招く

筆者が個人的に一番「邪悪だな」と思ったのは、価格表示を10,000円にしているところです。

現在、Amazonの中古車ページはこんな感じで表示されています。

Amazonの中古車ページ

※出典:Amazon.co.jp「中古車ページ」より

10,000円は「受付のための手付金」という立ち位置で、実際の車体価格は商品名に書いているという仕様です。

よく読めば10,000円で買えるわけではないとわかるのですが、知識がない人が見たら勘違いするのは容易に想像できます。

ぱっと見で、10,000円にしているのは「狙っている」としか思えません。

つまりは「安い!」「本当に?!」と引きつけるために、10,000円表示にしているわけです。

Amazonの表示方式に慣れているほど誤解を招きやすいです。Amazonの商品は表示価格で買えるわけですから。

最終的に10,000円で買えるわけではないのに、10,000円を全面的に押し出すのはどうかと思いますね。

Amazonで中古車を買わない理由2.価格の比較がスムーズにできない

価格を10,000円に統一しているのは、他の問題を生み出しています。それは「価格の比較」ができないこと。

通販サイトであれば何でもそうですが、商品を一覧化するのは価格検討をしやすくするためです。

実際に人気中古車サイト「グーネット」などでは、以下のように同じ車種で価格の比較がしやすいようにしています。

goo-netの中古車ページ

※出典:グーネット「トヨタ・プリウス」より
同じプリウスでもどれだけの価格差があるのか、一目瞭然です。

ではAmazonだとどうでしょうか。同じくプリウスで一覧表示してみます。

amazonの中古車ページ

※出典:Amazon.co.jp「中古車ページ」より
ご覧のとおり、全てのプリウスが10,000円です。これでは何が何だかさっぱりです。

このようにAmazonは「比較検討のしやすさ」という中古車サイトとして、最低限おさえておくべきことを全くできていません。

Amazonで中古車を買わない理由3.クルマの写真が少ない

情報誌に比べてネットの方が車の写真が多く掲載されているため、「写真掲載数の多さ」はネットならではの強みです。

実際に「グーネット」では、20枚以上もの写真を掲載しています。

goo-netのプリウスSの写真

※出典:グーネット「トヨタ プリウス S」より
あらゆる角度から撮影しているので、現地にいなくてもそれなりのイメージはわきます。

グーネットの場合は、高解像度の写真も載っているので、どこにどんな汚れや傷があるかもわかりますよ。

ではAmazonの写真掲載は、どうでしょうか。

amazonのプリウスα Gのページ

※出典:Amazon.co.jp「プリウスα G」より
写真4枚を無理矢理1枚と化して、かろうじて14~15枚掲載している始末です。

枚数が少ないうえに写真をわざわざ拡大化して見ないといけないので、非常に使い勝手が悪いですね・・・。

クルマの購入を真剣に考えている人ほど「もっとみたいところがあるのに」と思うはず。

Amazonの中古車ページでは、あなたが知りたいと思うところが十分に確認できない可能性は高いです。

Amazonで中古車を買わない理由4.クルマの詳細情報が載っていない

中古車を購入する時、様々な情報を見て決断を下します。

どんなカーナビがついているのか、キーレスなのか、などなど…知りたい情報は尽きません。

せっかく大金を出すなら、納得いくクルマを買いたいですから、当然といえば当然です。

そんなニーズに応えるために、「グーネット」では、以下のようにパッと見でどんなクルマなのかわかるようになっています。

goo-netのプリウスSの仕様ページ

※出典:グーネット「トヨタ プリウス S」より
ではAmazonはどうなのでしょうか。以下の画像をご覧ください。

amazonのプリウスα Gの仕様ページ

※出典:Amazon.co.jp「プリウスα G」より
支払い情報など会社都合のことばかりを解説するのに必死で、肝心のクルマの情報についてはわかりやすく書かれてはいません。

セールスポイントとして装備が書かれていますが、ぱっと見では何がついているのか、さっぱりわからない始末です。

大きな買い物をするのにも関わらず、この程度の情報しか提供されないのは不安しか残りません。

Amazonで中古車を買わない理由5.大半の人がAmazonで買っていない

散々「Amazonでの中古車購入は不向き」と伝えてきましたが、実際に購入している人はいるのでしょうか。

気になって、Amazonで中古車を販売している会社のクチコミをみてみました。すると驚愕の結果が。

amazonページ内にあるネクステージに対する口コミ

※出典:Amazon.co.jp「株式会社ネクステージ」より
注目してほしいのは、「クチコミの内容」ではなく、口コミが投稿された「日にち」です。

2016年12月の口コミを最後に、誰も口コミを書いていません。

クルマは高額な買い物ですから、良くも悪くも「購入時の想い」も強くなるので、口コミとして残したくなるもの。

しかしここまで口コミが全然残ってないのはおかしすぎます。

Amazonの中古車ページでは、そもそも誰も買ってない可能性が非常に高いでしょう。

クルマを真剣に考えている人ほど、他のサイトなどを比較対象として見ています。

比較した結果、「Amazonはマズイ」と判断した人が大多数いるということを物語っているのです。

Amazonが中古車販売サイトとしては色々と粗が見えるのは間違いないですから、わざわざあなたが犠牲になる必要はありません。

Amazon以外で使うべき中古車サイトとは

ネットで中古車購入

Amazonを中古車購入先として選ぶぐらいなら、他に優れているサイトを使うべきです。

筆者がオススメするサイトは定番中の定番ですが、先ほどから何度も出ている「グーネット」「カーセンサー」がベターでしょう。

これらのサイトは「価格の比較」「画像の数」「クルマの詳細情報」など、Amazonの中古車情報に劣っている点は何一つもありません。

あえていえば、サイトとしての世間的な知名度でしょうか。

もし聞いたことがないという人でも、「グーネット」や「カーセンサー」は怪しいサイトではありません。

中古車を買う人からすると、知る人ぞ知るサイトですから安心して利用してください。

人気中古車サイト経由だとどうやってクルマを買うのか

とはいえ、初めてサイトを使うなら、どう使っていけばいいかわからなくて当然です。

グーネットやカーセンサーを使ってクルマを買う場合、どんな流れで購入することになるのでしょうか。

フローチャートにまとめてみましたので、チェックしてみてください。

グーネットやカーセンサーで中古車を買う流れ

ネット経由だからといって何か複雑な手配がいるわけではなく、仕組みとしては意外とシンプルだとお分かりいただけたのではないでしょうか。

Amazonと人気中古車サイトの決定的な違い

Amazonと同じで、グーネットやカーセンサーなどの人気車種も「窓口」でしかありません。

しかし実は非常に大きな違いがあります。

それぞれの図を比較してみると、その「違い」に気づくことができるでしょう。

amazonとグーネット・カーセンサーで中古車を買う流れの違い

実はグーネットやカーセンサーはAmazonと違って、購入前(契約前)に中古車を自分の目でチェックできるのです。

もっといえば、クルマだけでなく担当するセールスマンと会って話をすることも可能になります。

中古車は買って終わりではありません。保証の適用などもありますから、担当者にはなるべく良い人について欲しいもの。

購入する前に担当者に会えるのは、地味ですが大きなポイントでしょう。

なお、せっかく購入前に実物を見れるわけですから、どこに傷があるのか、ネットに書いていた情報と差異がないか、など確認することもお忘れなく。

まとめ

以上、「Amazon経由で中古車は買うべからず」と強く主張してきました。

Amazonで詐欺が行われているわけではないのですが、あまりにも不親切な作りなのは間違いありません。

安心して良質な中古車をサイト経由で手に入れたいのであれば、人気のグーネットやカーセンサーを使うことをオススメします。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。


中古車 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA