1. 車査定のマニア
  2. 買取り
  3. ≫3分でわかる「中古車査定士」取得する方法・どんな人が取るべきか解説

3分でわかる「中古車査定士」取得する方法・どんな人が取るべきか解説

心の声

中古車査定士ってどんな資格?誰でも取れるの?資格取得の難易度はどれくらい難しい?

中古車査定士とは、車を適正に評価して価格を算定する技術をもつ人が取得できる資格のこと

「車」という難しいメカニズムを扱う資格なわけですから、取得にはそれ相応のハードルが課せられてると思いますよね?

しかし実は中古車査定士の取得のハードルはそこまで高くはなく、はっきりって誰でも取れるレベルだという事実をご存知でしょうか。

もしこの事実について知らなければ、中古車査定士は難しいものだと勝手にハードルを上げて、敬遠していたかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では中古車査定士という資格について知っておくべきことを、全てまとめています。

どうやって取得するのか、どんな人が取得すべきなのかという部分を深掘りしているので、中古車査定士が気になっている人は、必見の内容となっていますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

中古車査定士とは?どんな役割?

車査定の現場

中古車査定士とは、車を適正に評価して価格を算定する技術をもつ人のこと。資格取得のためには、試験をうけて取得しなければならない

査定を依頼する側からすれば「車は大切な資産」です。年式や外見からだけではなく、機能的な部分も含めて適正な評価を受けたいはず。

そんなニーズを満たしてくれるのが、正式な資格を有する「中古車査定士」です。

豊富な経験と知識がある「中古車査定士」の資格を得る人が担当になれば、客として安心して査定をお願いできる、というわけですね。

では、中古車査定士になるためには、どのような試験を受けなければならないのでしょうか。次章ではそこを重点的にに見ていきましょう。

中古車査定士になるにはどうすればいい?

仮免学科試験

査定士になるには「中古自動車査定士技能検定」に合格する必要があります。この技能検定には以下2種類があるので要注意。

  • 小型車査定士
  • 大型車査定士

どちらも検定内容は「学科試験」と「実技試験」にて構成されています。

中古車査定士の受験資格

中古車査定士の受験資格は4つです。

  • 普通運転免許以上を取得(大型車査定士受験者は大型第1種免許以上が必要)
  • 自動車の販売又は整備の経験が半年以上
  • 協会が実施する研修を修了している事
  • 20歳以上である事

なお、行われる研修は、基本的に学科試験の内容に沿っています。あとで必ず役に立ちますよ。

中古車査定士の試験内容

中古車査定士の学科試験の内容は、以下の通りになりますよ。

  • 中古自動車査定制度
  • 中古自動車査定基準
  • 同細則及び加減点基準
  • 自動車の構造
  • 機能及び取扱い
  • 保安基準
  • その他自動車に関する放棄

そして、実技試験の内容は「査定の実技」となり、検定に合格すれば、晴れて査定士の資格を取得できます。

なお。実技試験はそこまで厳しくないので、意気込む必要はありません。学科試験を通る知識があれば、誰でもクリアできます

中古車査定士の試験スケジュール

試験は小型車査定士が年に2回(前・後期)、大型車査定士が年に1回(前期)行われ、試験日は概ね以下の通りです。

  • 前期・・・小型車査定士は6月19日/大型車査定士は6月15日
  • 後期・・・12月14日(小型車査定士のみ)

詳細な日程は、毎年微妙に異なるので要注意。また試験の申込日は前期が4月1日~4月28日、後期が9月15日~10月14日です。

そして、合格発表についてですな、概ね受験日の1か月~2か月後です。

合格発表は日本自動車査定協会のホームページにて行われます。発表後、約10日間は掲載されているので忘れずにチェックしましょう。

受験費用はいくら必要なのか

中古車査定士を取得するための受験にかかる費用は以下の通りです。もちろん、受験申請の際に支払うことになりますよ。

  • 小型車査定士・・・ 17,280円
  • 大型車査定市・・・ 18,090円
  • 小型と大型を同時に受験・・・ 32,454円

研修受講料も上記金額に含まれているので、結構痛い金額となっています。

どれくらい合格している?

中古車査定士の各試験における合格率は、以下の通りです。

  • 小型車査定士・・・82.9%
  • 大型車査定士・・・98.1%

かなり合格率が高い事が分かりますね。特に大型車査定士の合格率は、驚異的な数字でほぼ100%です。

ちなみに、簿記3級の合格率は概ね30%~40%です。それに比べると、中古車査定士の難易度は簡単と言えるでしょう。

【総評】中古車査定士は必要なのか?取得すべき人とは

実技試験

ここまでは中古車査定士について様々な知識を紹介してきましたが、最後に「中古車査定士」という資格が、本当に必要かどうかを深掘りしていきます。

結論から言いますと、純粋に知識やスキルを高めたい人以外は必要ないと思います。理由たった1つ。

中古車査定士がなくても、中古車販売店で働くことができ、査定も担当させてもらえるからです。

中古車査定士はそこまで重宝されない

紹介したように、中古車査定士は査定をするための資格といっても過言ではありません。

しかし実際に中古車を査定しているのは、査定士以外であることが多く、資格を持ってない普通の社員であることばかり。

つまりは査定士にならなくても、中古車販売店で働くことができ、査定スタッフとして戦力になれるということなのです。

そのため、中古車査定士が圧倒的に重宝されるわけではありません。もちろん査定士が少ない販売店では、喜ばれるでしょう。

しかし「査定士がお店にいる」という事実が劇的に何かを変えるわけではないため、あなたの思っている以上の評価を受けることなんて無いのです。

働き口の拡大ではなく自身の知識アップにオススメ

このように中古車査定士そのものに、他の免許に勝る大きな価値があるかと言われれば、そうではありません。

「働き口を増やしたいから」「お店に求められたいから」という理由で取得すると、こんなはずではなかった、という末路が待っている事でしょう。

だからこそ、これから中古車査定士を取得しようと思っているのであれば、純粋に「知識をもっと深めたい」と思っている人が向いています

「誰かに評価されたいから」「将来のために取っておきたいから」という理由の人には、不向きです。

一方で、あなた個人のスキルを上げるために取りたいと思っているのであれば、動機としてはピッタリ。そう思っているなら、中古車査定士に挑戦してみてはどうでしょうか。

まとめ

今回は「中古車査定士」について紹介してきました。

難しいイメージを持たれがちの中古車査定士ですが、誰でもある一定の条件さえ満たせば、取得できることを理解していただけたと思います。

ただあなたの給料上げる上での力になってくるのかというと、そうでもありませんので、過信は禁物いうことも忘れないでください。

以上「3分でわかる「中古車査定士」取得する方法・どんな人が取るべきを完全ガイド」でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。