1. 車査定のマニア
  2. 査定・買取り
  3. ≫車売却のよくあるトラブル4選と事前の予防法・事後の対処法

車売却のよくあるトラブル4選と事前の予防法・事後の対処法

車のトラブル、年間に何件ぐらいの相談事例があるかご存知でしょうか。

なんと1年間に約7,000件ものトラブル相談が行われています。

下記、国民生活センターに寄せられている中古買取業者に売却する際のトラブル件数です。

国民生活センターの自動車売却トラブル件数

※画像出典:国民生活センター「中古自動車(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター」より

相談せずに悩んでいる人も多いでしょうから、実際のトラブル件数はもっと多いといえるでしょう。

昨今ではコンプライアンスや、セキュリティーの強化などで、私たち消費者を守るための環境が整ってきています。

そのせいか、中古車の売却でもトラブルが起こることなんて、そうそうないと思っている人が多いです。

しかし冒頭でもお伝えした通り、トラブル相談は年間で約7,000件にも上ります。

トラブルが身近にないと、慢心することほど危ない事は無いのです。

トラブルに巻き込まれないためには、きちんと車売却前の予防策を知るべきです。

そのうえで、トラブルに巻き込まれた時の対処策も把握しておくべきでしょう。

具体的には無料で弁護士にアドバイスをもらう方法について、知っておくのをおすすめします。

今回の記事では、中古車売却に関するトラブル事例を取り上げ、どのように予防すべきなのかを解説していきます。

当然、実際にトラブルに巻き込まった後、どうやって対処すべきなのかもわかりやすく説明していきますよ。

中古車売却を考えているのであれば「自分は関係ない」なんて思わずに、しっかりと最後まで読むようにしてください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

車売却のトラブルは年間6,747件ある

勧誘電話

まずは中古車売却のトラブルが、いかに身近なものであるのか、知っていただきましょう。

消費者と業者間のトラブルについてデータを収集したり、対策のための案をアドバイスしてくれる「国民生活センター」が、毎年中古車のトラブル相談数の統計をとっています。

現時点では2017年までの最新データが公開していますが、気になるデータは以下の通り。

国民生活センターの自動車売却トラブル件数

※画像出典:国民生活センター「中古自動車(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター」より

冒頭でもお伝えした通り、年間でおよそ7,000件ものトラブル相談が発生しています。

一般消費者を守るための制度が徐々に高まりつつあるため、年々減っては来ているものの、数千件規模のトラブル相談があるのが現状

自分は全く関係ないと思うには、あまりにも多すぎる件数といっても過言ではないでしょう。

このように中古車売却のトラブルは、レアなケースではありません。

業者選びなどの「あなたの判断」が少しでもミスをすれば、誰でも起こり得るような身近な問題なのです。

もしかすると、あなたが知らないだけで、知り合いや友人も中古車売却のトラブルにあっているかもしれませんよ。

車売却でよくあるトラブル4選と対処法

対処法

中古車売却のトラブルに巻き込まれてたくないのであれば、どんなトラブルがあり、どう対処するのか知ることは不可欠です。

まずは車売却でよくあるトラブル3選と対処法を解説していきます。

今回紹介する「よくあるトラブル」は、以下の通り。

  • トラブル1.売買契約後のキャンセルで揉める
  • トラブル2.営業マンが強引すぎる
  • トラブル3.売却後に減額・売却金額が振り込みされない
  • トラブル4.査定の勧誘電話がすごくて焦る

それぞれの内容について、対処法とともに詳しく解説していきましょう。

よくあるトラブル1.売買契約後のキャンセルで揉める

元々は車を売る気満々でも、時がたてば売ることそのものがイヤになる人がいます。

ただ、契約上は売却キャンセルについて、基本的に認められません。

認められないにもかかわらず、「それでもキャンセルしたい」とトラブルになるのです。

だいたい、契約書をよく見てみると、「お客様都合のキャンセルは違約金10万円を支払うこと」など記載がされていることがほとんど。

こうなればもう、基本的にはお金で解決するしかありません。

売り手側が違約金を払って、車の売却をキャンセルすることになるでしょう。

違約金の額は「売却額の10%」や「5万円」「10万円」になることが多いです。

なお、まだ手続きなどをしていない場合はキャンセルできることがあります。

早め早めに連絡をするようにしましょう。

よくあるトラブル2.営業マンが強引すぎる

人気の車種を査定してもらうと、強引に話を進めてこようとしてくる営業マンが出てきます。

実際に「もっと詳しく査定をするために預けてほしい」と強引に車を持ちだして、説得する時間を増やそうとする場合もあります。

このようなトラブルが起きてしまったら、「警察に通報する」「弁護士に相談する」と強く言うのが一番でしょう。

とにかく「この人は敵に回すと痛い目にあう」と思わせるのです。

そもそも、押しの強い営業が査定に来る場合、査定日のアポイントの時点で、やる気満々の気配をみせていることが多いです。

そのような人と会う際は、一人だけで立ち会うことはせず、第三者にも同席をお願いして会うようにしましょう。

よくあるトラブル3.売却後に減額・売却金額が振り込みされない

売却価格に納得して売却したのに、売却金額がいつまでたっても支払われないことも実際にあります。

このような行為をするのは、資金繰りが悪い業者なのですが、最悪の場合、そのまま逃げられたりと、対処も難易度があがります。

代金が入金されないトラブルは、起きてしまうと非常に対処が大変です。

また、中には後から減額を要求してくる悪徳業者もいます。

詳しくは後述しますが、弁護士を使っての法的手段をとることになるでしょう。

どちらかといえば、起きてしまった時点でアウトなので、入金されないトラブルが起きないようにすることが重要です。

よくあるトラブル4.査定の勧誘電話がすごくて焦る

これは主にインターネットで「一括査定サイト」を利用した時に起こるトラブルです。

一括査定サイトは複数の業者の買取金額を知る事が出来るメリットが有りますが、複数の業者から査定・買取の勧誘電話がかかってくるデメリットもあります。

サイト利用者の都合に関係なく、電話を頻繁にかけてくる業者もいるので、困る人も多いです。

下記記事でも紹介していますが、勧誘電話の時間を指定したり、査定結果をメールのみで受け取れる一括査定サイトもあるので、勧誘電話が嫌な人はそういった一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

車売却のトラブルを事前に予防する2つの方法

売却金額

中古車売却のトラブルに巻き込まれないためは、「予防」をしておくのがベストでしょう。

風邪にかからないために、体をあったかくして早めに寝るのと同じように、中古車トラブルにかからないためにも、事前の予防が重要になってきます。

ではどのような予防をすればいいのでしょうか。具体的には以下のような方法になります。

車売却のトラブル予防法2つ
  1. 大手買取業者を利用する
  2. 第三者に確認させると断言する

それではそれぞれの予防方法について、詳しく紹介していきましょう。

車売却トラブル予防法1.大手買取業者を使う

中古車売却のトラブルの根源で多いのは、業者の認識とわたしたち一般消費者の認識が異なってしまうことです。

つまり不親切な業者が「知ってて当たり前」「説明しなくてもわかるだろう」と勝手に決めつけ、一方的な提案やルールを押し付けてしまうが故にトラブルに発展してしまうのです。

このようなトラブルを未然に防ぐ方法についてですが・・・実は誰でもできる最も簡単な予防法があります。

それは、大手の買取業者を使うこと。具体的には以下のような買取業者たちです。

なぜ大手がいいのかと言うと、大手は長年の実績に基づくノウハウがあるため、事前にトラブルを起こさないような説明方法、または社内ルールなどを徹底しているから。

会社規模が大きくなってしまったが故に、少しのミスも許されないため、トラブル予防を徹底しているのです。

インターネットが普及している昨今では、口コミでの拡散力が非常に高いですよね。

少しでもミスをしてしまえば、企業のメンツがガタ落ちしてしまいます。

だからこそ、どの店舗でもマニュアルを徹底させ、トラブルが発生しないように心がけているのです。

利用者とのトラブルが起きないようにするためには何を注意すればいいのかを徹底している大手を使うだけで、一気にトラブルが減少するといっても過言ではありません。

大手に依頼するなら「かんたん車査定ガイド」を使うのが便利

もし安心できる大手買取業者のみに依頼するのであれば、「かんたん車査定ガイド」を使うのをおすすめします。

かんたん車査定ガイドとは、必要事項を1度記入するだけで、複数の大手買取業者から買取査定をもらえる一括査定サービス。

昔は1社1社回って、いくらになるのか査定をもらわないといけませんでしたが、現在ではかんたん車査定ガイドのおかげでラクができるようになりました。

かんたん車査定ガイドが、大手買取業者との橋渡し的な存在になってくれるため、1回の申し込みで複数の大手買取業者に効率的に査定ができますよ。

なお、かんたん車査定ガイドは「JPUC」に加入した車買取業者のみに依頼ができる強みがあります。

JPUCとは車売却の健全化を進める団体のこと。大手買取業者はどこも加入しています。

JPUC加入の買取業者は、知識のない一般消費者が常に安全・安心な取引ができるよう取り組んでいます。

そのため、加入している業者はしつこい勧誘や、わかりにくい提案をすることがありません。

JPUCに加入している業者なら、大手でなくても安全な業者なのは間違いと言っても過言ではない

そんなJPUCに加入した業者だけに査定できるのは「かんたん車査定ガイド」だけです。

かんたん車査定ガイドをつかって、安心・安全の業者と出会うようにしてください。

1分で愛車の最高額がわかる!
かんたん車査定ガイドはコチラ

車売却トラブル予防法2.第三者に確認させると断言する

中古車売却のトラブルで多いのは、わたしたち一般消費者側の「知識のなさ」によるトラブルです。

業者としては当たり前の知識なのですが、一般人とっては当たり前の知識ではありません。

そのような知識の「ギャップ」によって、大きなトラブルが発生してしまいます。

悪徳な業者やめんどくさがりの業者は、このギャップを埋める努力をしないため、適当な契約内容や雑な査定にする場合もゼロではありません。

そこで役に立つ予防方法が「第三者に確認させると断言する」ことです。

契約内容や査定結果を提示された時、「第三者に確認させますが、本当にこれで大丈夫ですか?」と釘を刺すだけでだいぶ違ってきます。

その第三者と言うのは「中古車売却に詳しい友達」でもいいですし「弁護士」でもいいです。

とにかく「知識のある人が近くにいるので、ナメてもらっては困る」と業者に思わせるような人を引き合いに出すのです。

この一言を言うだけで、大手でなくても、買取業者は一気に親切・丁寧な対応を心がけてくれます。

ただし、上記の台詞をあまりにも高圧的に言ってしまうと、相手の気分を損なうだけなので、フランクに質問してみることをお勧めします。

車売却のトラブルが起こってしまった後の対処法

対処法

ここまでは、トラブルの予防法をお伝えしてきました。

紹介してきた予防法を実践すれば、あなたはトラブルに巻き込まれる事はそうそうないでしょう。

しかし予防することなく、既にトラブルに巻き込まれてしまった時、どうすればトラブルを解消することができるのでしょうか。

まず結論を言っておきますが、中古車売却のトラブルが起こってしまったのであれば、個人で対処することは絶対に無理です。

何故かと言うと、あなたは「中古車売却」という分野において、ズブの素人だからです。

プロフェッショナルである業者と、対等に話をすることは絶対にできません。

トラブルを解決するためには、両者が対等な立場でなければなりませんが、これだけ知識にギャップがあると、うまく解決することはほぼ不可能と言っても過言ではないでしょう。

ではどうすれば良いのかと言うと、トラブルが起きてしまったらトラブル解決のプロといえる「弁護士」に頼むのがベストです。

意外と敷居が低い弁護士の利用

弁護士というと、高い依頼料がかかるなんてイメージを持つ人がいますが、今は弁護士利用の環境が非常に優れてきており、無料で法律相談をすることが可能になっています。

お金をかけずに気軽につかえる弁護士制度は、以下の3つがありますよ。

車売却トラブル解決法1.法テラス

一般消費者向けの弁護士利用制度として、最も有名な方法は「法テラス」でしょう。

条件※さえ満たせば、無料で弁護士相談を受けることができます。

※自分が条件に合っているかどうかは、以下のサイトで簡単にチェックすることができます。

中古車売却のトラブルに強い弁護士も揃っているので、1人で悩む暇があればすぐさま法テラスへと足を運ぶことをオススメします。

もし法テラスを使うのであれば、受付したときに「中古車売却トラブルに強い弁護士さんをお願いします」と一言添えてください。

これだけで担当する弁護士さんと、トラブル内容との相性がガラッと変わってきますよ。

車売却トラブル解決法2.自治体の無料法律相談

それぞれの自治体が定期的に開いている「無料弁護士相談」に行くのも良いでしょう。

自治体が開いている無料弁護士相談の場合は、条件が課せられることなく、誰でも無料で取り扱ってくれますよ。

相談を受け付けている弁護士さんは、いつも消費者と業者の間で起こるトラブルについて相談を受けているため、中古車売却トラブルにも強い

的確なアドバイスをしてくれますし、場合によってはそのまま格安(1万円~2万円ほど)で担当顧問になってくれ、業者との解決を図ってくれるでしょう。

自分の自治体で法律相談をしているかどうかは、「自治体名 法律 相談 無料」で調べると出てきますよ。

参考までに福岡市の無料法律相談のページを紹介しておきます。

車売却トラブル解決法3.弁護士ドットコム

「無料相談に行く暇がない」「行くのはちょっと抵抗がある」と言う人は、「弁護士ドットコム」というサイトを使ってみてはどうでしょうか。

弁護士ドットコムとは「Yahoo!知恵袋」のようなQ&Aサイトなのですが、回答しているのは全て弁護士だけと言う珍しいサイトです。

Yahoo!知恵袋で相談しても、何者かわからない人からの助言になりますが、弁護士ドットコムは弁護士だけなので、圧倒的に精度の高いアドバイスをもらうことができますよ。

特に中古車売却のトラブルについては、かなりの相談件数になっています。

弁護士ドットコムの自動車売却トラブル

※画像出典:弁護士ドットコム「中古車売却の法律相談ページ」より

あなたが相談しなくても、すでにあなたと同じ悩みを持った人相談をして、弁護士が回答している場合があります。

相談をせず弁護士ドットコムに載っている相談を見るだけでも、問題の解決にグッと近づくでしょう。

まとめ

以上、中古車売却のトラブルについて、予防方法や対処方法について紹介しました。

あなたが思っている以上に、中古車売却のトラブルは起こっています。

もし自分がトラブルに巻き込まれたくないと思うのであれば、今回紹介した予防法と対処法をしっかりと頭に入れた上で、中古車売却をスタートするようにしてください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。