車査定マニア
ローン残債

新しい車に乗りたくなったり、現在の車が頻繁に故障するから乗り換えたいなど、ローン残債が有る状態で新しい車を購入したい人もいると思います。ただ困るのがローン残債の処理です。そのような時にはローン残債を購入する車のローンに組み入れる方法によって対応する事が出来ます。

参考:ローン残債有りの車を売る事は可能か?

例えば、信販会社のオリコでは「ツインリセットオートローン」という下取り車のローンと購入する車のローンを1つにまとめるローンを取り扱っています。

ローン残債

このようなローンを利用すれば、ローン残債が有っても新しい車を購入する事が出来ます。ただし、ローン残債の組み入れ経験が有る人によれば、ローン残債分の金利が高くなるようなので注意が必要です(車を下取りに出すので無担保のような状態になり金利が高くなるのでしょう)。

また、ローン残債の金額が多ければ、ローンの審査に通りにくくなるようです。

なお、全てのディーラーやローン会社がローンの組み入れに対応してくれるわけではないので、ローンの組み入れについて予め相談するようにして下さい。

古いローン残債の処理方法まとめ

下取り車のローン残債を処理するにあたっては、まず下取り価格をローン残債に充当する事になります。この時、「ローン残債<下取り価格」であれば下取り価格だけでローン残債を処理出来るので、新たなローンにローン残債を組み入れる必要は有りません。

例えば、ローン残債が50万円で下取り価格が80万円であれば、下取り価格から50万円をローン残債の返済に充て、残りの30万円を新車の購入費用に充てる事になります。

ローン残債の返済手続き等はディーラーが行ってくれます。

次に「ローン残債>下取り価格」の場合です。例えば、ローン残債が100万円で下取り価格が60万円の場合では、下取り価格をローン残債の返済に充当してもなお40万円のローン残債が残ります。このような時には、以下のような方法でローン残債を処理する事になります。

  • 現金一括返済
  • 銀行などのフリーローンを利用して返済
  • 新たなローンに組み入れ

現金一括返済が金利も掛からないので、一番お得な方法になるでしょう。

下取り価格

いずれにしても、ローン残債の処理を考えるにあたっては「下取り価格」がどれくらいになるのかが重要になります。下取り価格がローン残債を上回れば処理方法を考える必要は有りませんからね。

そこで、下取り価格の1つの指針として一括査定で車の価値を調査してみて下さい。今のローン残債と比較すれば、どのような処理方法を検討しなければならないのかが自ずと見えてくると思いますよ。

ただし、基本的に下取りよりも買取査定の方が高い査定額となるので、下取り価格の参考として利用するにあたっては注意が必要です。

住信SBIネット銀行

マイカーローンに住信SBIネット銀行のMR.自動車ローンを選ぶ人が増えています。
金利は2017年6月15日現在で「0.975%~7.875%」と非常に低金利。他にも、

  • ネットのみで手続き完了(来店不要)
  • 繰上返済手数料0円(何度でも)
  • 100万円までなら年収証明不要
  • 車を選ぶ前でも仮審査申込OK

などドライバーに嬉しい特徴多数。SBIグループの商品利用状況によって金利優遇も受けられるのでチェックしておいて損はありません。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定