車査定のマニア
スピード違反

スピード違反

スピード違反の「反則金」や「点数」は、違反した超過速度によって異なります。

超過した速度によっては、一発で「免許停止」や「免許取消」といった行政処分を受ける場合も有ります。

今回は、スピード違反に関する反則金や点数について、紹介したいと思います。

点数と反則金の表は、警察庁を参考に作成しています。

スピード違反の点数と反則金

まず、スピード違反で取り締まりを受けた場合の点数は、以下のようになっています。

超過速度点数
時速50km以上12点
時速30km(高速は時速40km)以上時速50km未満6点
時速25km以上時速30km(高速は時速40km)未満3点
時速20km以上時速25km未満2点
時速20km未満1点

次に、スピード違反で取り締まりを受けた場合の反則金について紹介します。

■一般道におけるスピード違反の反則金

超過速度反則金
時速30km以上簡易裁判にて反則金を決定
時速25km以上時速30km未満18,000円
時速20km以上時速25km未満15,000円
時速15km以上時速20km未満12,000円
時速15km未満9,000円

上記の「30km未満」までの反則金の内容に加えて、高速道路では以下のような反則金区分が追加されます。

■高速道路におけるスピード違反の反則金

超過速度反則金
時速40km以上簡易裁判にて反則金を決定
時速35km以上時速40km未満35,000円
時速30km以上時速35km未満25,000円

一般道での時速30km以上の速度超過及び高速道路での時速40km以上の速度超過は、その違反行為が悪質であるため、簡易裁判にて反則金を決定します。およそ7、8万円の反則金となるようですが、超過速度によっては10万円を超える場合も有るようです。

一発で「免許停止」や「免許取消」となる速度は?

速度超過によって、行政処分として点数が上記のように加算されますが、その点数によっては「免許の停止」や「免許の取消」となる場合が有ります。

また、過去3年間に「免停」「免取」の前歴が有る場合では、より少ない点数で「免停」「免取」の処分を受ける事になります。

まず、前歴の有無別で見ていきましょう。

前歴が無い人の免停・免取となる速度超過

免停となる点数は、以下のようになっています。

免許停止点数(前歴無)

時速30km(高速は時速40km)以上時速50km未満のスピード違反をした場合には、30日間の免停処分を受ける事になります。また、時速50km以上の違反をした場合には、90日間の免停処分を受けます。

停止処分者講習の内容~前歴は無くなる?

次に、免取となる点数を紹介します。

免許取消点数(前歴無)

時速50km以上の違反を犯しても、加算される点数は12点なので、スピード違反だけで一発取消となる事は有りません。

取消処分者講習の内容や持ち物・カリキュラム

ただし、免許の点数は加点制です。そのため、スピード違反を犯した時点から過去1年以内の違反・事故の点数との合計で、免許停止・取消の処分が下されます。

前歴が有る人の免停・免取となる速度超過

免停・免取の前歴がある人は、前歴が無い人より厳しい内容になります。

それでは、免停から見ていきましょう。

免許停止期間(前歴有り)

前歴が2回以上となれば、時速20km以上の速度超過で免許停止の処分となってしまいます。

次に、免許取消となる点数です。

免許取消(前歴有り)

前歴1回でも、50km以上の速度超過を犯せば、一発で免許取消となってしまいます。

前歴が増える毎に、厳しい点数基準となっている事がわかります。

前歴が消えるまでの期間

前歴が有ると、それだけ違反者の処分は、厳しくなっていく事がおわかりになったと思います。

ただし、この前歴はいつまでも残るわけでは有りません。処分が明けてから「1年間無事故・無違反」で過ごせば、前歴は無くなります。

処分が明けてからとは、免許停止ならば停止期間が終了してからの事を言い、免許取消ならば免許取消期間が経過して免許を取得してからの事を言います。

なお、処分が明けてから1点などの軽微な違反を犯した場合には、その時点から1年間無事故・無違反で過ごす必要が有ります。

また、前歴期間が考慮されるのは「過去3年間」となっているので、処分が明けてから3年間新たな前歴が付かなければ、前歴は無くなります。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス