車査定のマニア
自動車

廃車証明書」というものを知っていますか?あまり聞き慣れない証明書かも知れませんね。

ここでは、廃車証明書が一体何なのか、どういう時に必要となる書類なのかなどについて見ていきましょう。

廃車証明書

廃車証明書の正式名称は?

「廃車証明書」は俗名で、正式名称は別にあります。普通自動車は2種類、軽自動車は1種類の合計3種類が有り、いずれも廃車にしたことを証明する書類として発行されます。

それぞれの正式名称は以下の通りです。

  • 永久抹消登録時(普通自動車)・・・登録事項等証明書 ※1
  • 一時抹消登録時(普通自動車)・・・登録識別情報等通知書 ※2
  • 軽自動車          ・・・自動車検査証返納証明書

※1:現在の登録内容の場合は「現在登録事項等証明書」、現在及び過去の登録内容の場合は、「詳細登録事項等証明書」と呼ばれています。
※2:従来は「一時抹消登録証明書」という名称でしたが、平成20年11月4日以降は名称が変更されています。

書類

なお、永久抹消登録時に発行される「登録事項等証明書」も一時抹消登録時に発行される「登録識別情報等通知書」も、記載される内容は基本的に変わりません。「登録番号」や「車台番号」「所有者名」「車の型式」等の車検証に記載される内容と似た情報が記載されています。

また、車検証には記載がされない「抵当権の有無」や「盗難届の有無」「税金滞納による差押の有無」等も記載される事になります。

どういうときに必要?

廃車証明書は、一般的に以下の様な場合に必要となります。


意外にも様々な場面で必要となる書類ですね。

どうすれば貰える?

廃車証明書は、最寄りの運輸支局や自動車検査登録事務所で発行してもらう事が出来ます。なお、請求時には以下の書類等が必要となります。

登録事項等証明書の場合

  • 請求書(窓口にあります) ※1
  • 本人確認書類
  • 手数料 ※2

※1:自動車登録番号と車台番号(下7桁)、具体的な請求理由などを記載する必要があります。
※2:現在証明は300円/台、詳細証明は1台目が1,000円で2台目以降は300円/台です。

廃車証明書の発行は、一般的に申請してから1ヶ月程かかります。また、自賠責保険の解約をするには廃車証明書が必要なので、書類が届いた後で、写しを添付することになります。

登録識別情報等通知書・自動車検査証返納証明書の場合

普通自動車の一時抹消登録の場合は運輸支局で、軽自動車の場合は、軽自動車検査協会でそれぞれ廃車手続きし、手続きが終わるとその場で「登録識別情報等通知書」・「自動車検査証返納証明書」を発行してもらう事が出来ます。

なお、発行手数料は手続き費用に含まれており、いずれも350円です。

廃車証明書を紛失した場合の再発行手続き

廃車証明書を紛失した場合、再発行は出来るのでしょうか?以下で見ていきましょう。

登録事項等証明書の再発行

普通自動車を永久抹消登録した場合の登録事項等証明書については、陸運支局等に行けばいつでも発行して貰う事が出来ます。

自動車

登録識別情報等通知書の再発行

普通自動車を一時抹消登録した場合の登録識別情報等通知書については、紛失しても再発行をして貰うことは出来ません。

再発行は出来ないですが、紛失した場合は「登録識別情報通知書の遺失等に係る新規検査・登録申立書」という書類を提出すると、車検などの必要な登録手続きなどは行う事が可能です。

なお、登録事項等証明書が「取得出来る」場合と「取得出来ない」場合で必要書類が異なります。

登録事項証明書が「取得出来る」場合は、「登録識別情報通知書の遺失等に係る新規検査・登録申立書」に加え、以下の書類が必要となります。

  • 譲渡証明書
  • 新旧所有者両方の印鑑証明書

申立書には警察に遺失物届け出をした日付や受理番号を記載する欄が有るので、予め警察への遺失物届けを出す事が必要となります。

一方で登録事項証明書が「取得出来ない」場合は、上記の書類に加えてさらに以下の書類等が必要となります。

  • 車検証のコピーや自動車税の納付済証など、所有権を証明する書類
  • 車台番号の拓本

:白い紙などを車台番号の刻印場所に当てて、鉛筆などでこすって車台番号を浮き上がらせた物。

自動車検査証返納証明書の再発行

軽自動車を抹消登録した場合の自動車検査証返納証明書については、紛失しても再発行をして貰うことは出来ません。

軽自動車

紛失した場合は、下記の書類を提出する必要があります(提出後、手続きが完了するまでに1週間程かかります)。

  • 自動車検査証返納証明書等の遺失等に係る新規検査願出書
  • 新規検査願出誓約書
  • 自動車検査証返納証明書紛顛末・誓約書
  • 譲渡証明書
  • 車台番号の拓本
  • 実印
  • 印鑑証明書

上記の様に、結構色々な書類が必要です。しかも手続きに時間がかかってしまうので、絶対に廃車証明書は無くさない様にしましょうね!

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定はこちらから

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり