車査定マニア
廃車手続きのチェック項目と流れ

廃車手続きのチェック項目と流れ

一般的に「自動車を廃車にする」のは、自動車を一時的に使わない場合や、盗難・災害などで使う事が出来なくなった場合です。

廃車は、正式には抹消登録と言い、管轄の運輸支局で手続きをする必要が有ります。そこで、この記事では廃車手続きの種類や流れについて紹介していきます。

一時・永久抹消登録の手続は業者に代行してもらう事も可能です(別途代行費用が必要)。

廃車手続きの種類

廃車の手続きは、その目的や状況に応じて以下の3種類に分かれます。

  • 一時抹消登録 ・・・盗難を含む、一時的に使用を中止する場合
  • 永久抹消登録 ・・・災害を含む、既に解体済みの場合
  • 輸出抹消仮登録・・・自動車を海外へ輸出する場合

車を廃車にする時の永久抹消登録と一時抹消登録の違い

なお、個人で車を輸出する方はあまりいないでしょうから、ここでは輸出抹消仮登録の説明は省略します。

一時抹消登録の流れ

一時抹消登録は、一時的に車の使用を中止する際の登録です。従って、一時抹消登録後に解体・所有者の変更・再使用の選択肢が有り、車をどうするかによってその後の手続が異なります。

一時抹消

一時抹消登録の流れは以下の通り。

  • ①ナンバープレートや必要書類を準備し、管轄の運輸支局で申請。
  • ②後日、未経過分の自動車税が月割りで還付されます。
  • ③(解体)一時抹消登録後に解体をした場合は、解体届出をする。
  • ③(所有者変更)一時抹消登録後に所有者の変更をする場合、所有者変更記録の申請をします。
  • ③(再使用)一時抹消登録した車を再使用する場合は、中古新規登録の申請をします。

:車検がある程度残っているのであれば、自動車重量税の還付も受けられます。また、自賠責保険の未経過分についても、保険会社に申請すれば還付してもらう事が出来ます。

【廃車】一時抹消登録手続きの費用と必要書類

永久抹消登録の流れ

永久抹消登録は、車自体が解体されている事が前提です。従って、自動車リサイクル法に従った解体処理の後でなければ手続が出来ず、一時抹消登録と違って登録後に再登録や所有者変更といった申請も出来ません。

永久抹消

永久抹消登録の流れは以下の通り。

  • ①解体処理が終了。
  • ②ナンバープレートや必要書類を準備し、管轄の運輸支局で申請。
  • ③後日、自動車税・自動車重量税・自賠責保険の還付を受けられます(一時抹消登録参照)。

:リサイクル業者からの解体終了の報告後、15日以内の手続が必要です。

【廃車】永久抹消登録手続きの費用と必要書類

なお、抹消登録手続には車検証が必要ですが、紛失していたとしても車検証を再発行してもらうか現在登録等証明書を提出する事で、手続は可能です。(参考記事:車検証を紛失していても廃車手続きや車検手続は行えるのか?

ちなみに、盗難に遭った場合は仕方が無いですが、「車を使用しなくなった」という理由だけで廃車にしてしまうのはもったいないですよ!廃車にするよりも、無料一括査定で高い見積りを提示して来た業者に買い取ってもらう方がお得です!

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の無料一括見積もり