車査定マニア
強制保険と任意保険

強制保険と任意保険

自動車を購入する際に加入する保険といったら、「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と「任意保険」ですが、この2つの保険の違いを知っていますか?

「同じ自動車の保険なのに、なぜ2つ加入するんだろう?」って疑問に思った事は無いでしょうか。

ここでは、そんな自賠責保険と任意保険の違いやそれぞれの特徴について解説していきます。

加入義務の有無

自賠責保険と任意保険で最も違う点といえば、加入義務が有るか無いかでしょう。自賠責保険は、「自動車損害賠償保障法」という法律によって加入が義務付けられています。

保険に加入

自賠責保険に加入せずに公道を走った場合は、違反点数6点(一発免停!)となり、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。また、自賠責保険証明書を車に備え付けていなかった場合は、「30万円以下の罰金」が科されます。

一方で、任意保険は名前の通り、加入するかどうかは本人の自由です。従って、加入していなかったとしても罰則は有りません。しかし、実際のところは万が一の為に備えて大概の方が任意保険には加入していますね。

補償範囲&保険金額

自賠責保険の目的は、交通事故によって被害を受けた方の最低限の救済をする事です。

従って、補償範囲は狭く「対人補償 」のみが対象となっており、物に対する損害や、運転者自身の損害に対しては保険金は支払われません。また、対人補償で支払われる保険金額も上限が有ります。

自賠責保険によって補償される範囲と保険金額(被害者1人あたりの上限金額)は、以下の通りです。

補償範囲保険金の支払限度
傷害120万円
後遺障害障害の等級に応じて75万〜4,000万円
死亡3,000万円

なお、損害額が上記の金額を超えている場合は、自賠責保険では救済はされない事になります。

補償範囲

一方で、任意保険は人身事故だけでなく、物損事故や自分の車の損害に対する補償など、幅広い補償を受ける事が可能です。任意保険には主に以下の7種類が有ります。

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 自損事故保険
  • 車両保険

(参考記事:車の任意保険の主な補償項目と必要性

なお、任意保険と自賠責保険とで補償内容が被る部分に関しては、自賠責保険の補償限度額を超えた分について保険金が支払われる事になります。

従って、例えば死亡事故で賠償金額が1億円となった場合、任意保険から支払われる保険金は7,000万円(1億円-3,000万円)となります。

参考:賠償金額が高額になり易い、「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」については保険金額が無制限となっている事が多いです。(関連記事:対人・対物・人身傷害補償保険の補償金額は無制限がおすすめ

また、任意保険では、他車運転特約などの特約を付帯させる事で補償内容をより充実させたり、運転者限定特約などによって補償の範囲を限定する事で保険料の節約をしたりする事も可能です。

補足:任意保険は交通事故と受傷や損害の因果関係を立証出来なければ支払いがゼロになる可能性が有りますし、被害者に過失が有る場合は過失相殺によって損害賠償額が減額される事が有ります。一方で、自賠責保険は因果関係の立証が困難でも一定の支払いはされますし、被害者側に重過失が無い限り過失相殺もされません。

保険料

保険料

自賠責保険の保険料は、車の種類や加入月数毎に損害保険料算出機構が決めています。損害保険各社で加入する事が出来ますが、どの保険会社で加入しても支払う保険料は同じです。

【平成28年度版】自賠責保険料金表~よく使う期間毎で紹介!

一方で、任意保険は損害保険各社が独自の計算で決定しています。ノンフリート等級別料率制度が採用されており、過去の事故実績に基づいて保険料が大きく左右されます。

また、最近はインターネットから直接加入の出来るダイレクト型保険が人気で、従来の代理店型の任意保険よりも大幅に保険料が安くなる事も有ります。

ロードサービスの有無

自賠責保険は、交通事故の被害者保護の為の保険制度なので、人身事故に対する補償以外は特に何もサービス等は有りません。

一方で、任意保険ではガス欠やキー閉じ込み、バッテリー上がりなどのトラブル時に助けに無料で助けに来てくれる「ロードサービス」が利用出来る事が多いです(有料の場合も有ります)。

まとめ

いかがでしたか?同じ交通事故に関する補償の為の保険ですが、両者は大きく違う事が分かりましたね。最後に、それぞれの違いや特徴を表にしてまとめておきます。

 自賠責保険任意保険
加入義務
有り
無し
補償範囲
人身傷害のみ
人身傷害や物損、車両保険など様々
保険金
傷害120万円
後遺障害75万〜4,000万円
死亡3,000万円
契約による
保険料
車の種類や加入月数によって異なる
補償内容や等級などによって異なる
ロードサービス
無し
(ほとんどの場合)有り

自賠責保険は強制保険なので、ほぼ全ての人が加入しているでしょうが、任意保険は加入していないという方が稀にいます。

交通事故に遭遇し加害者になった場合、損害賠償金の金額は非常に高額となるケースがよく有ります。もしもの時の為に、任意保険にも必ず加入する様にしましょうね。

安い自動車保険を探すコツ

自動車保険の一括見積

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定