車査定マニア
フィット

フィット(出典:favcars

コンパクトカーで絶大な人気を誇るホンダの「フィット」。エコ面でも走行面でも、オーナーを満足させてくれるフィットの中古車市場での査定相場はどうなっているのでしょうか?

その他気になるポイントも紹介しています。

スポンサーリンク

中古車査定相場予想

(2015年8月17日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *155~171
カーセンサー買取相場69.1
Goo-net市場価格73.9

フィットの平均的な中古車査定相場は、53万~83万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯129万~190万
車種コンパクトカー
燃費ガソリン車:19.0km/L~26.0km/L
ハイブリッド車:27.6km/L~36.4km/L
排気量1.3L/1.5L
エコカー減税取得税60%、重量税50% *1
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3955×1695×1525mm  *1
パワーウェイトレシオ10kg/ps  *1

*1 13Gの場合

燃費について

ホンダ「フィット」の実燃費は、ガソリン車は街乗りでは12km/L~14km/L、高速道路など流れのよい道では18km/L~21km/Lといったところです。

ハイブリッド車は、街乗りで16km/L~18km/L、流れの良い道では、25km/L~27km/Lという感じです。

ガソリン車・ハイブリッド車ともに、カタログ値までは出ませんが、満足出来る燃費性能と言えるのではないでしょうか。

ピックアップポイント

フィットの他の車と比較する際のチェックポイントを紹介していきます。

■クラストップレベルの燃費性能■
フィットは、クラストップレベルの燃費性能を誇ります。

2代目の時点で車として文句の無いレベルまで進化していたと思う人も少なくないと思います。しかし、3代目になり、燃費性能がさらに向上した事で、コンパクトカーでは、これ以上進化が出来ないのではないかと思うぐらいの完成度となっています。

■運転手と一体となる操作性の良さ■
ステアリングの操作とズレが無く、車がクイクイと曲がってくれます。燃費だけではなく、運転の楽しさも実現しています。

また、鋭くハンドルを切っても、そこまで「ロール感」が無いのも、走りを求める為の設計となっているからでしょう。

■全てにおいて、満点に近い完成度■
先の紹介した「燃費」「走行性能」とともに、「居住空間」や「ラゲッジスペースの広さ」、「収納アイテム」など、どれをとっても満点に近い車と言えます。

ホンダを、いや、日本を代表するコンパクトカーと言っても過言ではないでしょう(個人的には)。

フィットの変遷

2001年に「ロゴ」の後継車として、販売が開始されました。日本のコンパクトカーと言えば「フィット」とされるぐらい、走行性能や燃費性能が優れた車種です。

2007年にフルモデルチェンジが行われ、2代目が登場します。2代目は初代よりもやや車幅が広い設計となっています。

そして、2013年に3代目の販売が開始されます。3代目が、2015年現在の最新モデルとなります。

国内の累計販売台数は200万台と突破し、海外も含めると約500万台にもなります。

フィットは、約15年の販売期間の中で、5度のリコールが届け出されています。

フィットの口コミ

良い口コミ

・ハイブリッドも有るけど、ガソリン車の燃費性能も抜群なので、ガソリン車で十分です。むしろ、ハイブリッドの購入価格を節約した燃費で元を取るのは、難しいかと。

・小型車だけど、けっこう積載量が多くて、満足しています。後列を倒すと、さらに積み込めるので、大きな荷物でも運べます。

・コンパクトカーはフィットしか乗った事は有りませんが、他と乗り比べる必要性を感じないほど、満足しています。フィットにして本当に良かったと思っています。


悪い口コミ

・1.3Lで十分かなと思って購入しましたが、ややパワー不足かなと思いました。1.5Lにしとけばと、後悔しています。

・車体のコストを全部燃費性能に持っていったのかと思ってしまうぐらいの内装の質感です。質素で安っぽいのが好きな人には良いかも。。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス