車査定のマニア
キューブ

キューブ(出典:日産公式サイト

日産のキューブ(cube)は、人気の高いコンパクトカーです。人気の高いキューブは、中古車としても需要が有り、リセールバリューもある程度は見込めるでしょう。

今回は、日産のキューブ(cube)の査定相場や自動車自体の評価を紹介したいと思います。

中古車査定相場予想

(2015年7月31日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万円)
価格.com個人売買 *1
33~150
カーセンサー買取相場53
Goo-net市場価格62

キューブの平均的な中古車買取相場は、36万~82万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯159.8万~213.8万円
車種コンパクトカー
燃費19km/L
排気量1.5L
エコカー減税取得税40%、重量税25%
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,890×1,695×1650mm
パワーウェイトレシオ10.8kg/ps *1

*1 グレード1.5Xの場合

燃費について

キューブの実燃費は街乗りで10km/L~11km/L、流れの良い道路で15km/L~17km/Lといった所です。カタログ値が19km/Lなので、流れの良い道路ではまずまずの実燃費ですが、街乗りでは少し残念な実燃費となっています。

ピックアップポイント

キューブの気になるポイントを解説していきます。

■室内空間で勝負■
外装の四角いデザイン(若干丸みを帯びていますが)とは違い、内装は柔らか味の有る乗り心地の良いデザインとなっています。また、シートも分厚い材質になっていて、触り心地も良く・クッション性が有り、くつろげる癒し空間を演出しています。

■走行性能は我慢が必要■
見た目のかわいさや室内デザインが重視され、走行性能はやや置き去りにされた感じが有ります。法定速度を少し超過した速度になると、風切り音が早く進入してきます。

この風切り音を警告だと受け取れば?速度を抑制して、安全運転をすることが出来るかもしれません。

■ラゲッジスペースというより、ただのスペース■
3.89mの短い全長が仇となったか、ラゲッジスペースはかなり狭くなっています。また、2列目は背もたれ部分を前に「パタン」と、倒す事しか出来ず、狭さを補う作りにはなっていません。

しかし、ラゲッジスペースを犠牲にして、2列目の居住空間はしっかりと確保されています。大きな荷物を運ぶ事を想定していない人には、問題無いレベルでしょう。

キューブの歴史

1998年に第1代目のキューブの販売が開始。販売開始から1年足らずで、生産台数が10万台の大台を突破し、一躍人気車種の仲間入りを果たしました。

2002年にフルモデルチェンジが行われ、初代に引き続き、2代目もヒット。

2008年に、2度目のフルモデルチェンジが行われ、これが2015年現在の現行モデルとなっています。

キューブの評価

良い評価

・シートの質が最高です。大きくて柔らかくて、いつまでも座っていられます。このシートを家まで持って帰りたいくらいです。

・コンパクトカーですが、室内空間はコンパクトカーとは思えないほど広いです。大人が4人乗っても、「しんどい」などと誰も文句を言いません。

・内装デザインのコストパフォーマンスは◎。また、外装の色も選択肢が多く、個性的な1台を購入する事が出来ます。


悪い評価

・最近のコンパクトカーの燃費と比べると、街乗りで10km/L前後の燃費は満足出来ません。そんな無茶な走りはしていないはずなのに・・・。

・高速域に入るまでの「もっさり感」と、高速域に入った時の「不安定さ」と「風切り音」。これらのせいで、高速道路を走る度に緊張します。

・低速域でのCVTのショックが大きく、発振・停止の度に揺れを感じるのは不快。あとは、ラゲッジスペースの狭さ。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス