車査定マニア
残クレプラン

自動車を購入するなら「新車」の方が良いですよね。その車の最初のオーナーになれるだけでもワクワクするものです。メーカー保証も長く利用することが出来ますしね。

しかし、新車の価格はやはり高いです。そのため、新車の購入を諦めて中古車を購入する人も多いのではないでしょうか?

もし、新車を半額で乗る方法が有れば、みなさんどうしますか?今回はその方法について紹介します。

新車に半額で乗れる!その仕組み

新車を半額で乗る方法はいわゆる「残価設定クレジット」とか「残価設定ローン」の事を指します(以下、残価設定クレジットで統一します)。トヨタやホンダがテレビのCMで宣伝していますよね。

残価設定クレジット(残クレ)の仕組みとデメリット

残価設定クレジットは契約期間(3年~5年)終了後の車の売却価値(残価)が予め設定されていて、車両価格からその残価を差し引いた残りの金額を分割払いする方法です。図にすると以下のようなイメージです。

残クレプラン(出典:トヨタ

支払う金額は図の赤い部分のみとなるので、普通に購入する場合(図の赤と灰色の部分の合計)よりも支出を抑える事が出来ます。

例えば、200万円の車の残価が100万円に設定されていれば、200万円-100万円=100万円のみを支払えば良い事になります(残価は車種によって異なり、必ず半額になるわけでは有りません)。

■契約期間が終了した時の選択肢

  • 乗り換え
  • 返却
  • お買い上げ(この場合のみ残価部分の支払いが必要)

ただし、乗り換え・返却の場合でも、車に傷が有ったり、走行距離が規定より多ければ、別途精算金の支払いが発生します。

この方法の使いどき

残価設定型クレジットは、基本的に契約終了後に買い上げる場合には通常のローンで購入するよりも支払い総額が多くなり、損をするシステムとなっています(金利にもよりますが)。

そのため、契約終了後は「乗り換え」又は「返却」を前提に利用した方が良いです。逆に、3年から5年で車を乗り換えたい人には丁度良いシステムとも言えます。

新車

短期間(3年~5年)しか車に乗らない人は、中古車を選ぶ人も多いです。しかし「残価設定型クレジット」を利用して新車を購入すれば、中古車を通常のローンで購入するよりも車にかかる毎月の支払いを抑える事が出来ます。

例えば、200万円の新車を残価設定型クレジット(残価100万円)で購入する場合と200万円の中古車を通常のローンで購入する場合を比較してみましょう(条件は共に金利3.5%、36回払い、頭金20万円)。

 残クレ
(新車)
通常のローン
(中古車)
月々の返済額26,401円
(初回:27,360円)
52,700円
(初回:54,273円)
支払い総額1,184,001円(*2,098,773円

* 3年後に「乗り換え」又は「返却」する場合

どうでしょうか?残クレを利用すれば、この場合では月々の返済額を約半分に抑える事が出来ます。

ただし、中古車が支払い総額の差額(914,772円)以上で売却出来る場合には、中古車の方がトータルではお得になります。

■維持費について
また、月々の返済額以外にも車の維持費を考慮すると、残クレで新車を購入した方がお得になります。

例えば、車の税金です。自動車取得税自動車重量税エコカー減税の対象で、中古車よりも新車の方が優遇されています。また、グリーン化特例の対象である「自動車税」は新車のみが対象となっています(購入する車の燃費性能によりますが)。

車検

3年間で車を乗り換える事を前提にするならば「車検費用」についても残クレで新車を購入する場合の方がお得です。

新車の場合は車検の有効期限が切れる前に「乗り換え」又は「返却」する事になり、車検費用はかかりません。一方、中古車を購入する場合は車検の有効期間が「3年未満」又は「2年」なので、所有している間に必ず1度は車検を受けなければなりません。

このように車の所有期間が3年程度なら残クレで新車を購入するのも選択肢の1つとなるでしょう。

トヨタとホンダの残クレの種類

トヨタとホンダのそれぞれが取り扱っている残クレの名称と主な対象車種は以下の通りです(他のメーカーも残クレを取り扱っています)。

メーカープラン名主な対象車種
トヨタ残価設定型プランヴィッツ・ヴォクシー・プリウス 等
ホンダ残価設定型クレジットフィット・フリード・N-BOX 等

対象車種は各販売店によって異なります。

他メーカーの詳細は下記記事を御覧ください。
残クレ金利の比較【トヨタ・日産・マツダ・ホンダなどのディーラー】

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス