車査定のマニア
所有権解除申請書の記載例

信販ローンで自動車を購入した場合、自動車の所有者となるのは購入者では無く、信販会社やディーラーです。これを「所有権留保」と言います。

「所有権留保」は、ローンを完済すれば解除する事が出来ますが、完済したからと言って、自動的に解除される訳では有りません(自動的に購入者が所有者に移転される訳では無い)。

所有権を移転させるには「所有権解除手続き」を行う必要が有ります。今回は所有権解除手続きのやり方について紹介します。

自動車の所有権解除手続き

所有権解除手続きは、使用者の住所地を管轄する運輸支局・自動車検査登録事務所で行います(参考:運輸支局・自動車検査登録事務所の一覧)。登録内容を変更するだけなので、車の持ち込みは不要です。

なお、手続きをディーラーや信販会社などに任せる場合は、必要書類を業者に提出するだけで済みます(必要書類や費用については後述)。

以下、自分で所有権解除手続きを行う場合の手続きの流れについて見ていきます。

自分で手続きを行う場合の流れ

所有権解除手続きの流れは「①現所有者(ローン会社等)から必要書類を取得する手続き」と「②運輸支局等での所有権解除手続き」の2つに大別されます。

それぞれの流れについて見てみましょう。

■①現所有者(ローン会社等)から必要書類を取得

  • ①ローン完済時期の到来前後にローン会社等から「所有権の名義変更に関するお知らせ」が届くので保管しておく
  • ②ローン完済後、必要書類をローン会社に送付(必要書類はこちらをチェック
  • ③数日前後でローン会社から所有権解除手続きに必要な書類(*)が送付されます
  • ④運輸支局等で所有権解除手続きを行う

* 送付されてくる書類は「譲渡証明書・委任状・印鑑証明書」です。再発行は原則行われませんので、大切に保管して下さい。

ローン会社等によって、手続きの流れが異なる場合が有るので、契約会社に確認してから必要書類を取得して下さい。

神戸運輸監理部

■運輸支局での所有権解除手続き

  • ①運輸支局内の販売所で「申請書や印紙」などを購入
  • ②運輸支局に備え付けられている記載例を元に書類の作成を行う
  • ③登録窓口に書類を提出
  • ④所有者名が変更された車検証を受け取る(即日発行されます)
  • ⑤税事務所の窓口で自動車税の申告手続きを行い、所有者を変更する

運輸支局等によって、若干手続きの流れが異なります。

必要書類

所有権解除手続きに必要な書類は以下の通りです。ケース別に紹介していきます。

信販会社に手続きを任せる場合の必要書類

  • 印鑑証明書(住所・氏名が使用者と同一の物)
  • 委任状(使用者の実印を押印)
  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書(コピー)
  • ローン会社から送付された所有権変更のお知らせハガキ

ローン会社等によって必要書類は異なります。ローン会社からの「お知らせ」に必要書類が記載されていると思いますが、念の為ローン会社に確認するようにして下さい。

車検証再交付

自分で手続きを行う場合の必要書類

自分で手続きを行う場合は、「ローン完済後にローン会社に郵送する書類」と実際に所有権を移転させるために「運輸支局等で必要になる書類」の2種類に分けられます。

所有者であるローン会社等に郵送する書類

  • 所有権解除書類交付申込書(書類の名称は会社によって異なります。会社のHPでダウンロード出来ます(記載例も有り)。押印は実印。)
  • 車検証(コピー)
  • 印鑑証明書
  • お知らせハガキ
  • 自動車納税証明書(コピー)

運輸支局等に提出する書類

  • 申請書(OCRシート1号様式)
  • 手数料納付書(用紙販売所で貰えます)
  • 譲渡証明書(旧所有者の実印(代表印)が押印されたもの)
  • 印鑑証明書(新旧所有者のもの)
  • 委任状(旧所有者の実印(代表印)が押印されたもの)
  • 委任状(代理人申請する場合。実印を押印。)
  • 自動車検査証
  • 実印(代理人申請する場合は不要)

ローン会社に郵送する書類や運輸支局等に提出する書類は、それぞれローン会社や運輸支局によって異なる場合が有ります。事前に確認してから手続きを行うようにして下さい。

申請書の記載例

OCRシート1号様式の記載例は以下の通りです。

所有権解除申請書の記載例

■記載にあたっての注意事項等

  • ① 「業務種別」の欄に「3(移転登録)」を記載します。
  • ② 自動車登録番号と車台番号の下7桁を記載します。
  • ③ 所有者欄には「1(所有権留保の解除)」を記載するだけです。
  • ④ 新たな所有者となる者と使用者の住所・氏名を記載します(本人申請の場合は実印を押印、代理人申請の場合は押印は不要)。
  • ⑤ 旧所有者の住所・名称を記載します(実印が押された委任状を提出するので押印は不要)。
  • ⑥ 管轄の運輸支局名と申請日を記載します。
  • ⑦ 「使用の本拠の位置」を記載します(車検証から転記)。
  • ⑧ 登録の原因には「売買」、その日付には譲渡証明書の交付された日付を記載します。

所有権解除手続きの費用

所有権解除手続きに要する費用は「自分でやる場合」と「ディーラー等に依頼する場合」とで以下のようになります。

  • 自分でやる場合・・・およそ600円(登録手数料:500円と申請書代:100円)
  • ディーラー等に依頼する場合・・・無料~1万円前後(代行手数料)

販売店などが無料でやってくれるなら全部任せてしまった方が良いですね。逆に、代行手数料がかかる場合には、自身で手続きを行った方が安く済みます。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス