車査定のマニア
判子

警察署に車庫証明を申請する時や運輸局で登録手続を行う時などに【ハンコ(印鑑)】が必要になります。その時に「実印」か「認印」か迷った事って有りませんか?

ハンコと一言で言っても、用途によっていくつか種類が有り、書類や場面などで使い分けなければなりません。

それぞれのハンコの意味と役割

一般的に個人が使用するハンコの用途は「実印」「認印」「銀行印」の3つです。それぞれのハンコの用途の意味・役割は以下のようになっています。

判子の用途の種類意味・役割
実印
住民登録をしている地方自治体に印鑑登録をしたハンコの事を言い、判子の中で最も重要な物です。

権利関係などの重要な書類に押印する際に使用します。1人につき1本しか登録出来ません。
認印
登録をしていないハンコ。印鑑証明が不要な一般的な書類作成等に使用します。
銀行印
金融機関で口座開設時に登録したハンコ。預金の引き出し等の際に使用します。

上記のようにそれぞれ専用のハンコが売られているわけではなく、登録する事で「実印」になったり「銀行印」になったりします。逆に、登録しなければどんなに高額なハンコでも認印という扱いになります。

ちなみに、実印登録したハンコを銀行印として登録する事も可能です。ただし、紛失した場合などに地方自治体と金融機関双方で変更届けや廃止届けなどを行わなければならないので、銀行印と実印には別のハンコを登録するのが一般的です。

実印と認印の違い

既に述べたように、実印と認印の違いは地方自治体に「印鑑登録」をしたかどうかです。実印として印鑑登録を出来るハンコは「1人1本」ですから、実印には「唯一性」「本人が押印した事を証明する力」が有ります。

そのため、重要な手続きの書類に押印する場合には実印を使う事が多いです。例えば、自動車の手続きで言うと、自動車の売買や相続、廃車など自動車の権利が移転する場合に実印を使う事になります。

ハンコ

しかし、押印する側は実印だと分かっていても、他人は押された判が実印か認印か分かりません。そこで必要になるのが、実印で有る事を第3者の自治体が証明してくれる「印鑑証明」です。実印が必要な場合には、印鑑証明を別途提出する事になります。

【車関連】印鑑証明書が必要な手続きと印鑑証明書の取得方法

なお、実印を求められている書類には当然認印を押す事は出来ませんが、逆に認印でも良い書類に実印を押す事は出来ます。普通こんな事はしませんが。

法的効力の違いは?

では、認印には法的効力が無いのか?というと、そうでは有りません。法的には実印も認印も同等の効果が有るとされています。

(文書の成立)
私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する。
民事訴訟法228条4項

上記の法律には、実印か認印かの違いは一切触れられていないので、作成された書類に本人の押印が有れば成立する事になります。

とすると、認印でも良いという結論になりそうですが、これまで説明してきたように実印には「信頼性」が担保されているので、重要な書類には認印ではなく実印での押印を求められるわけです。

注意して欲しいのは、実印の存在のせいで認印を軽視してしまいがちな点です。上記のように、認印にも実印と同等の法的効力が有るのです。無闇に認印を押印する事が無いようにして下さい(署名も同様)。

実印に出来るハンコには条件が有る

実印として登録出来るハンコには、いくつかの条件が有ります。条件は各自治体の条例で定められているので、住んでいる地域によって少し異なります。そのため、ハンコを実印登録用に購入する場合は、住んでいる自治体の条件を事前に確認しておきましょう。

■一般的な実印の登録要件

  • 8mm~25mmの正方形に収まるもの(特に形に制限は無い)
  • 彫刻出来る文字は「氏名」「氏又は名」「氏と名の一部の組み合わせ」(地域によってはフルネームのみ)
  • 外枠が必要
  • ゴム印(シャチハタ)など変形しやすいハンコは不可
  • 自治体によっては大量生産されている三文判も不可 等

住所変更について

引越しをして住所が変わった場合は、引越し先の自治体で新たに実印の印鑑登録をする必要が有ります。なぜなら、印鑑登録は自治体ごとに管理している物であり、また転出届けを出した時点で無効になるからです。

ただし、引越し先が同じ自治体内の場合は、住所異動の届出を出せば印鑑登録の住所変更も自動的に行われるので、印鑑登録を新たにする必要は有りません。

認印は登録不要のハンコなので住所が変わったからといって何かする必要は有りません。

ハンコの種類毎の実印登録等の可否まとめ

ここで、ハンコの種類ごとに「実印登録の可否」「認印として使用できるか否か」「銀行印登録の可否」についてまとめておきます。

ケース/判子の種類オリジナル判子三文判シャチハタ
実印登録の可否可能自治体による不可
認印として使用できるか否か可能可能限定された場面
銀行印登録可否可能可能不可

シャチハタと三文判はハンコ自体の種類を指し、同型の物が大量に生産されていて、安い価格で販売されています。シャチハタはハンコ内部に内臓されているインクが浸透して朱肉無しで判を押せます。一方、三文判は朱肉が必要です。

オリジナルハンコは、はんこ屋さんで作ってもらった自分だけのオリジナルのハンコの事を指します。当然朱肉が必要なハンコの事です。

三文判を実印として登録出来るかどうかは自治体による

三文判とオリジナル判子の大きな違いは「大量生産されているかどうか」という点です。

基本的には三文判も実印としての登録が可能ですが、自治体によっては不正利用のリスクを考えて、大量生産されている三文判での実印登録を認めていない自治体が有ります。注意しましょう。

銀行印に三文判を使う時の注意点

さきほども言ったように、三文判は同型の物が大量に生産されているので偽造される可能性が有ります。

最近は、銀行の窓口でお金を出金する場合には本人確認(高額の場合だけ)が行われますし、また通帳自体に銀行印の印影を表示していないので、通帳が盗難されたとしても本人以外は簡単にお金を引き出せないようになっています。(銀行印が分からないから引き出せないという意味)。

しかし、偽造されて不利益を被るリスクが高い事に変わり有りません。そのため、銀行印には安くても良いのでオリジナルのハンコを登録した方が良いでしょう(実印も同様)。

シャチハタの使い道は・・・

シャチハタは実印登録も出来ませんし銀行印としても使えません。また、ほとんどの書類で認印としては使用出来ません。

使える場面としては郵便物などの受領印などが主流でしょうか。(新聞とか水道光熱費の契約の時にシャチハタでもOKなんて言われる事も有りますかね)

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス