車査定のマニア

「交通事故・賠償問題」の記事一覧

病院

交通事故で加害者側になってしまった場合、被害者のお見舞いには行った方が良いのでしょうか?ここでは、お見舞いに行くべきなのかどうか、お見舞いに行く際の注意点などについて解説していきます。ポイントは、被害者に対してしっかりと誠意を見せる事です!

任意保険と自賠責保険

自賠責保険は強制保険なので、基本的には殆ど全ての方が加入している筈です。また、任意保険についても多くの方が加入しています。しかし、稀にこれらの保険に加入していない方がいます。交通事故に遭遇した際に、加害者が自動車保険に加入していなかった場合、被害者自分の保険を使うしかないのでしょうか?

主婦

専業主婦の方が不運にも交通事故に遭った場合、相手方に損害賠償請求をする際の基礎となる休業損害は認められるのでしょうか?もし認められるのであれば、休業損害は一体どの様に計算するのでしょうか?また、兼業主婦の場合の休業損害は、どの様に計算されるのでしょうか?ここでは「主婦の休業損害」に関して見ていきましょう。

示談交渉

交通事故に遭遇すると、被害者は加害者に損害賠償請求をする事になります。しかし、いきなり裁判をするという訳ではなく、まずは両者で示談交渉をします。当事者間の話し合いで解決しない場合(示談不成立)に、訴訟手続へと進んで行くのですが、ここではその前段階である示談に関して、無料で示談斡旋をしてくれる機関の紹介をしていきます。

内容証明

交通事故に遭遇し、示談交渉をしようと被害者から加害者にアプローチをしても、軽くあしらわれたり無視されたりして、ちゃんとした対応をしてもらえない事が有ります。示談交渉が難航する場合は内容証明郵便を利用してみるのも1つの手ですよ。ここでは、内容証明郵便が何なのか、出す事による効果などについて見ていきます。

事故

不運にも交通事故に遭遇した場合、あなたは加害者か被害者のどちらかの立場となります。加害者側になったときと被害者側になった時では、当然取るべき行動は異なりますが、あなたは自分が取るべき行動が何かを知っていますか?交通事故は場合によっては人の命にも関わるので、ここでしっかりと把握しておきましょう。

交通事故

交通事故に遭遇すると、被害者は加害者に対して損害賠償請求をする事になります。そして、被害者側にも過失が有る場合は、過失割合に応じて損害賠償金の金額を調整していきます。ここでは「両者の過失割合や修理費用の金額によっては、結果的に被害者が負担する金額の方が多くなる事が有る」という点について見ていきましょう。

最近ニュースを見ていると良く耳にする「自動車運転死傷行為処罰法」や「危険運転致死傷罪」。これらは、交通事故の加害者に関する話題で使用される言葉ですが、それぞれどの様な内容で、どう違うのでしょうか?危険運転致死傷罪の過去の改正なども含めて解説していきます。

示談金

示談金は話し合いで金額が決まるため、場合によっては安くも高くもなり得ます。いざ示談交渉をしなければならない状況になった際に、金額面で不利な結果とならない様に、交通事故時の示談金の相場は事前に知っておく事が好ましいですね。そこで、ここでは示談金の相場を知る方法について紹介していきます。

責任

お酒を飲んだときは運転は絶対にしてはいけませんが、車を持って帰る必要が有ります。そんな時に役に立つのが、運転代行です。しかし、運転代行業者に依頼して帰る際に、業者が運転していた愛車で交通事故を起こす事が有ります。この様な場合、あなたに賠償責任は発生するのでしょうか?

ひき逃げ

交通事故に遭遇すると、被害者側は心や体にキズを負うので、加害者側には真摯に対応して欲しいものですよね。しかし、中には罰則を受けるのを恐れて交通事故の現場から逃げてしまう(ひき逃げ)加害者がいます。ここでは、ひき逃げとは何か、ひき逃げした場合の罰金や罰則規定、検挙率などについて見ていきます。

事故

交通事故による後遺症は、示談成立後に発症する可能性は否定出来ません。もし、示談成立後に後遺症が出たら、その分の賠償金額を請求出来るのでしょうか?今回は示談成立後の後遺症発生に関する損賠賠償に関する話を紹介します。また、示談書の書き方のポイントも紹介しているので参考にして下さい。

嘆願書

交通事故の被害者になってしまった場合「嘆願書」の作成が刑事罰の軽重を決める事が有ります。嘆願書は交通事故の被害者が加害者の刑事罰の軽減を求める内容が記載された書面です。今回は嘆願書を提出する効果や嘆願書の書き方や文例を紹介します。被害者に誠意ある対応をして何とか嘆願書を書いてもらいましょう。