1. 車査定のマニア
  2. 車関連の仕訳
  3. ≫【税理士が監修】車検を受けた時の仕訳・会計処理方法

【税理士が監修】車検を受けた時の仕訳・会計処理方法

車の点検

自動車に関連する仕訳は頭を悩ます事が多いですよね。ここでは、「車検を受けた時の仕訳」について見ていきましょう。

請求書には色々と細々した情報が載っていますが、当記事では詳細な仕訳方法まで解説しているので、基本マネしてくれたら大丈夫です。

1年間無料で使える!
会計処理が圧倒的に楽になる
「やよいの会計オンライン」はコチラ

車検に含まれる料金の内容

車検を整備工場等で受けると、請求書には主に以下の内容が含まれています。

  • オイルやバッテリー交換、その他の修理費用
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 収入印紙
  • 代行料

:ユーザー車検の場合は、代行料はかかりません。

車検費用の内訳とディーラーや整備工場等に頼む場合の費用相場

車検と消費税

車検にかかる費用の中には、消費税の対象となるものとならないものが混ざっています。それぞれの項目について、消費税の課税区分は以下の通りです。

内容消費税
修理費用課税仕入
自動車重量税不課税仕入
自賠責保険料非課税仕入
収入印紙不課税仕入
代行料課税仕入

消費税の(本則)課税事業者は、間違えない様にしましょうね(免税事業者と簡易課税事業者は関係ありません)。

使用する勘定科目

一般的に車検時の仕訳に使用する勘定科目は以下の通りです。

内容勘定科目
修理費用車両費(修繕費でも可)
自動車重量税租税公課
自賠責保険料保険料
収入印紙租税公課
代行料支払手数料(車両費でも可)

但し、勘定科目は絶対にこれじゃないと駄目!というものではなく、内容を表す勘定科目であれば特に制限はありません。「車両費」や「支払手数料」という科目を今まで使用していなかったのであれば、他の勘定科目を使用していただいて構いません。

車検時の仕訳

また、仮に「面倒だから」という理由で全ての金額を「車両費」として処理をしたとしても、以下の注意点を守っていれば特に問題ありません。

:市販の会計ソフト等を使用している場合、租税公課や保険料の金額を車両費等に含めてしまうと、消費税の課税区分が自動で「課税仕入」に振り分けられることがあります。勘定科目を集約する場合は、課税区分を間違えない様に注意しましょう。

車検時の仕訳

では、実際の仕訳はどの様になるでしょうか?

以下の前提条件で仕訳を見てみましょう。

前提条件

修理費用:43,200円(税込)
重量税:16,400円
自賠責保険料:27,840円
収入印紙:1,400円
代行料:21,600円(税込)
合計金額:123,040円
消費税は8%で計算


消費税の処理方法によって仕訳が異なるので、順に紹介します。

消費税込処理の場合

借方金額貸方金額
車両費43,200現預金110,440
租税公課17,800
保険料27,840
支払手数料21,600
合計110,440合計110,440

税抜処理の場合

借方金額貸方金額
車両費40,000現預金110,440
租税公課17,800
保険料27,840
支払手数料20,000
仮払消費税等4,800
合計110,440合計110,440

個人事業主の場合(税込)

個人事業主が車検を受けた場合でも、その車を100%事業用として使用しているのであれば、上記の仕訳と変わりありません。

車検

一方で、家事消費(生活用に使用)している部分があるのであれば、その部分については所得税を計算する上での必要経費とはなりません。以下では、「事業:家事消費=7:3」を前提に仕訳を見てましょう。

借方金額貸方金額
車両費30,240現預金110,440
租税公課12,460
保険料19,488
支払手数料15,120
事業主貸33,132
合計110,440合計110,440

経費の内、3割部分については家事消費しているので「事業主貸」を使うことで経費から除くことになります。

個人事業主の場合(税抜)

借方金額貸方金額
車両費28,000現預金110,440
租税公課12,460
保険料19,488
支払手数料14,000
仮払消費税等3,360
事業主貸33,132
合計110,440合計110,440

なお、上記の仕訳等の解説は一般的な説明となります。個別具体的な事項に関しては税務署や税理士に相談する様にして下さいね。

【期間限定】楽天車検なら最大1,600ポイントがもらえる!

楽天車検」なら、ネットでお近くの優良店舗が探せられる!楽天が店舗を厳しく審査で安心。
さらに楽天車検なら1,600ポイントがGETできてお得。
どうせ同じ車検を受けるならお得にしたいですよね。

ちなみに私も楽天車検を利用して
・車検費用 →「5.2万円→4.5万円」
・楽天ポイント → 1,600ポイントGET
でとってもお得に車検を受けられました。

最大1,600ポイントがもらえる!
車検を受けるなら楽天車検がお得

会計処理が50時間→3時間の大幅短縮実績あり!

会計処理が面倒なら「「T_やよいの青色申告]」がオススメです。経理の手間が圧倒的に削減されます。

・クラウドで自動仕訳をしてくれますし減価償却費等も自動計算!
・銀行取引などもオンラインで一瞬で取り込み可能
・確定申告書類もボタン一つで完成です。

今だけ1年間無料で利用できるので、使ってみて得はあっても、損はありません。
実際に私も使っていて、月末の経費処理が50時間掛かっていたのが、3時間の大幅短縮されました。

1年間無料で使える!
会計処理が圧倒的に楽になる
「やよいの会計オンライン」はコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。


車関連の仕訳 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA