車査定のマニア
事故発生率

事故発生率が一番高いのは一体どの都道府県なのでしょうか?

自分が住んでいる都道府県は出来れば低いほうが良いですね。事故に遭う確率が低いわけですから。

今回は各都道府県の事故発生率を紹介します。

都道府県別の事故発生率

都道府県の事故発生率は、以下の通りです。

当記事では、事故発生率を「事故件数÷保有台数」としています。事故件数は警察庁の平成26年のデータ、保有台数は自動車検査登録情報協会の平成26年3月末時点のデータを参考にしています。


表の項目をクリック又はタップすると、降・昇順に並べ替える事が出来ます。

都道府県事故発生率事故件数保有台数
北 海 道0.45%12,2742,746,600
青 森0.58%4,133716,035
岩 手0.38%2,712720,478
宮 城0.74%9,1421,234,309
秋 田0.39%2,270588,892
山 形0.94%6,426681,724
福 島0.65%7,7101,189,074
東 京1.20%37,1843,088,434
茨 城0.66%12,5341,903,415
栃 木0.50%6,4131,290,999
群 馬1.22%16,3161,336,743
埼 玉0.99%30,8213,112,216
千 葉0.72%19,7052,720,627
神 奈 川1.00%30,4343,029,957
新 潟0.46%6,3171,360,655
山 梨0.84%4,514538,798
長 野0.69%9,2831,340,296
静 岡1.55%33,4992,155,280
富 山0.63%4,379693,813
石 川0.59%4,074695,415
福 井0.49%2,416496,120
岐 阜0.65%8,2501,272,291
愛 知1.12%46,1314,108,405
三 重0.72%8,1001,125,192
滋 賀0.86%6,598771,066
京 都1.03%10,185985,242
大 阪1.57%42,7292,716,194
兵 庫1.33%30,1182,265,751
奈 良0.91%5,868642,920
和 歌 山0.78%4,115527,444
鳥 取0.35%1,168335,918
島 根0.40%1,583397,639
岡 山1.10%12,2711,119,923
広 島0.88%12,4791,412,211
山 口0.78%6,268805,623
徳 島0.98%4,372445,207
香 川1.57%8,942570,834
愛 媛0.80%5,745720,418
高 知0.70%2,690385,534
福 岡1.66%41,1682,485,388
佐 賀1.83%8,870484,677
長 崎0.96%6,465675,306
熊 本0.77%7,584989,789
大 分0.77%5,161671,053
宮 崎1.49%9,759652,818
鹿 児 島0.92%8,425917,266
沖 縄0.82%6,242765,496

事故発生率が一番高いのは佐賀県

都道府県の中で事故発生率が一番高いのは佐賀県です。その率は1.83%です。事故発生率が高い都道府県を抽出すると以下のようになります。

  • 1位・・・佐賀県(1.83%)
  • 2位・・・福岡県(1.66%)
  • 3位・・・大阪府・香川県(1.57%)

一般的に、事故の原因は、交通ルールを無視した運転による所が大きいです。法定速度を平然と破ったり、車線変更時に方向指示器を出さないなど。交通ルールを守らなければ、当然事故の確率は高くなります。

つまり、事故発生率の高い都道府県には、交通ルールを守らないドライバーが比較的多いのでしょう。大阪は運転マナーが悪い事で有名ですよね。

事故

さらに言うと、交通ルールを平気で破るドライバーが多い環境で育った子供達は、それが「当然」という感覚を持ってしまいます。悪影響を受けた子供達が運転免許を取得するわけですから、交通ルールを守らないドライバーの増加に繋がってしまうんです。

「交通事故発生率何年連続○位」などのようなニュースを聞いた事が有ると思いますが、上記のような「環境悪」という解消出来ない根深い原因が有るんですね。事故を防ぐには、運転手1人1人が交通ルールを守る事が重要です。

事故発生率が一番低いのは鳥取県

都道府県の中で事故発生率が一番低いのは鳥取県です。その率は0.35%です。事故発生率が低い都道府県を抽出すると以下のようになります。

  • 1位・・・鳥取県(0.35%)
  • 2位・・・岩手県(0.38%)
  • 3位・・・秋田県(0.39%)

さきほどとは逆に事故発生率が低い都道府県には、交通ルールを守るドライバーが多いのでしょう。やはり、事故を減らすには交通ルールを遵守する事が大切です。

また「比較的交通量が少ない」というのも事故発生率が低い1つの要因です。ただし、佐賀県や香川県などのように例外は有ります。

【参考】「普通車と軽自動車」事故率が高いのはどっち?

こちらのブログに、交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基にした「普通車と軽自動車の事故率」が記載されていたので、紹介させていただきます(平成25年の統計情報)。

■1万台当たりの事故率

  • 普通車の事故率・・・0.037%
  • 軽自動車の事故率・・・0.071%

軽自動車の事故率の方がやや高いようですね。

事故発生率

ちなみに、事故率を「保険金支払い件数÷保険契約件数」と考えると、上記とは異なる結果になります(参考:損害保険料率算出機構)。

■保険金支払い件数による事故率

  • 普通車・・・10.37%
  • 軽自動車・・・9.12%

この場合だと普通車の事故率の方が少し高くなります。その要因は、任意保険の加入率が軽自動車より普通車の方が高いためです。

都道府県別の任意保険加入率比較

まとめ

事故発生率を見てきましたが、都道府県別でも軽自動車・普通車での比較でもそこまで大きな差は有りませんでした。最大差は約1.5%です(この差を大きいと感じる人もいるかもしれませんが)。

ただ1つ言える事は「事故の確率は0では無い」という事です。万が一の時に備えて、任意保険の加入又は見直しはしておきましょうね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス