車査定マニア
古い車

平成26年税制改正の影響で13年以上乗っている車の自動車税及び重量税の税負担が重くなりました。これは、環境負荷が大きい車には重い税負担、環境負荷が小さい車には軽い税負担とする「自動車税のグリーン化特例」の措置の1つです。

確かに、古い車の環境性能は新しい車のそれと比べると悪いです。最近のエコカーの燃費は30L/kmを優に超えていますからね。

以下でどの程度値上げされたのか見ていきます。

スポンサーリンク

新規登録から13年経過した車の自動車税

4月1日時点で、車検証に記載されている初度登録した日から以下の期間が経過した車の自動車税は負担が大きくなります。

  • ガソリン車・LPG車は13年超
  • ディーゼル車は11年超

電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合バス及び被けん引車については、重課の適用外。(参考)

古い車

で、どれだけ税負担が大きくなるのか?というと、自家用乗用車(普通車)の場合は以下の通りです。

■自家用乗用車(普通車)の自動車税

排気量13年未満の車13年経過した車
1,000cc以下29,500円33,900円
1,000cc超1,500cc以下34,500円39,600円
1,500cc超2,000cc以下39,500円45,400円
2,000cc超2,500cc以下45,000円51,700円
2,500cc超3,000cc以下51,000円58,600円
3,000cc超3,500cc以下58,000円66,700円
3,500cc超4,000cc以下66,500円76,400円
4,000cc超4,500cc以下76,500円87,900円
4,500cc超6,000cc以下88,000円101,200円
6,000cc超111,000円127,600円

初度登録からの期間が13年未満の車の自動車税よりも概ね「15%」重課されています。その他の用途車種の場合も概ね15%重課されます(各自治体で税額を確認出来ます)。

新規登録から13年経過した軽自動車の軽自動車税

4月1日時点で、車検証に記載されている初度検査した日から13年が経過した車の軽自動車税の負担も大きくなっています。

電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車及び被けん引車は重課の対象外です。(参考)

■乗用自家用車の軽自動車税

初度検査日13年未満の軽自動車13年経過した軽自動車
平成27年3月31日以前7,200円12,900円
平成27年4月1日以降10,800円12,900円

平成27年3月31日以前に初度検査をした車の軽自動車税は、初度検査から13年が経過するまでは7,200円、13年が経過すると12,900円となります。軽自動車税の増税と合わせると1.8倍も負担が大きくなります。

平成27年4月1日以降に初度検査をした車の軽自動車税は、初度検査から13年が経過するまでは10,800円、13年が経過すると12,900円となります(重課率は概ね20%)。

13年以上又は18年以上経過した車の自動車重量税

エコカー減税対象車以外の車が、初度登録年月から13年経過すると自動車重量税の税負担も重くなります。さらに、18年経過すると更に重課されます。

重量税の金額についてまとめたのが以下の表です。分かりやすくするために、13年未満等の場合の重量税も載せています。

■2年車検の乗用自家用車(普通車)の自動車重量税
軽自動車は後述

単位:円
13年以上経過した車の自動車重量税
(出典:国土交通省

例えば、車両重量1.4tの車の13年経過時の自動車重量税は、車検を受けた時期が平成28年3月31日以前なら32,400円、平成28年4月1日以後なら34,200円となります。また、18年経過していたとしたら、自動車重量税は37,800円となります。

なお、以下のエコカー減税対象車(現行基準)に関しては、13年以上乗っていたとしても増税されません。課される自動車重量税は表の「エコカー(本則税率)」となります。

■現行基準におけるエコカー減税対象車一覧

・電気自動車、燃料電池車、天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減車)、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合車)、ガソリン車(ハイブリッド車を含む)のうち平成32年度燃費基準+20%達成車
・平成32年度燃費基準+10%達成車
・平成32年度燃費基準達成車
・平成27年度燃費基準+5%・10%達成車

ただし、エコカー減税の対象となる基準は、税制改正が行われる度に厳しくなっているので、これからの税制改正によっては変更される可能性が有ります。

13年以上経過した軽自動車の自動車重量税

13年または18年が経過した軽自動車の重量税は以下の表のようになります。

単位:円
13年以上経過した軽自動車の重量税
(出典:国土交通省

【参考】経過年数の考え方

自分の車が初度登録から13年以上経過しているかどうかに関しての計算方法は「普通車」と「軽自動車」で少し違います。詳細は下記の国土交通省PDFを御覧ください。PDFの2ページ目に考え方が載っています。

新車新規登録等から13・18年経過する自動車の経過年数の考え方(参考)- 国土交通省

13年以上乗っている車に対する重課税の狙いは?

古い車に対する重課税は、冒頭でも書いたように「自動車税のグリーン化特例」のうちの一つの制度です。

自動車税のグリーン化特例を簡単に説明すると、古くて環境負荷の大きい車の税負担を重くして、新しくて環境負荷の小さな車の税負担は軽くしましょうという制度です。

もっと砕けた言い方をすると、地球温暖化が進んでいる以上「環境への負荷が大きい車に乗るのはそろそろ止めてください!税金重くしますよ!その代わり、新車の税金を安くするから乗り換えてください!」という制度ですね。

個人的には、環境性能の良い車の税金負担を軽くすることによる「新車の需要喚起」の意味合いの方が強いのかなと思います。日本全体の景気を良くするために、日本の基幹産業である自動車業界を活気付けようとしたのでしょう。

実際は、その他の増税の影響で新車需要は冷えこんでしまったのですが・・・。

新車需要

今の日本の車は、しっかりメンテンナンスしていれば20年くらいは普通に乗れるので、たったの13年で重課税にするのはどうなんだろうなぁとも思いますけどね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス