車査定マニア
中古車のエコカー減税

エコカー減税を受けられるのは、新車だけでは有りません。中古車も対象となっています。

ただし、全ての中古車がエコカー減税を受けられるわけでは有りません。そのため、中古車を購入する際は、どのような中古車がエコカー減税の対象になるのか、を抑えておく必要が有ります。

ちなみに、エコカー減税とは別に、自動車税軽自動車税の税制優遇制度「グリーン化特例」が有りますが、中古車はこの特例の適用対象外となっています。

エコカー減税の対象となる中古車の要件

中古車も新車の場合と同様にエコカー減税の要件を満たせば「自動車取得税」と「自動車重量税」が減税されます。満たすべき要件は以下の2つです。

  • ①環境基準
  • ②適用期間

環境基準

環境基準は「自動車取得税」「自動車重量税」ともに同じ内容となっています。

○電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合の乗用車)

○ガソリン車(ハイブリッド車を含む)で平成17年排ガス規制75%低減達成車のうち以下のいずれかの燃費基準を達成している車
・平成27年度燃費基準+5%・+10%・+20%達成車
・平成32年度燃費基準達成+10%・+20%達成車

上記の環境基準を満たせば、中古車でもエコカー減税が適用されます。なお、どの基準を満たしているかによって減税される金額は変わってきます。(減税額は後述しています。

適用期間

「自動車取得税」と「自動車重量税」のエコカー減税の適用期間は、それぞれ以下のようになります。

  • 自動車取得税・・・平成27年4月1日から平成29年3月31日までに購入した中古車
  • 自動車重量税・・・平成27年5月1日から平成29年4月30日までに継続検査又は登録を行う中古車

では、どの程度エコカー減税を受けられるのか?について「自動車取得税」と「自動車重量税」に分けて見ていきましょう。

エコカー減税による中古車の自動車取得税の減税額の求め方

中古車を購入する場合、エコカー減税を考慮すると、自動車取得税は以下の計算式によって求められます。

中古車の自動車取得税の計算式

① 課税標準額×0.9×残価率=取得価額
② (取得価額-エコカー減税による控除額)×税率(普通車:3%、軽自動車:2%)=自動車取得税

課税標準額や残価率等に関しては、以下の記事で詳しく説明しています。

中古車の自動車取得税の計算方法と課税標準額

なお、取得価額が50万円以下となる場合は、自動車取得税は非課税となります。

②の式の「エコカー減税による控除額」は、さきほど紹介した燃費基準等ごとに以下のように定められています。

燃費基準等エコカー減税控除額
○電気自動車
○燃料電池自動車
○天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)
○プラグインハイブリッド車
○クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合の乗用車)
○平成32年度燃費基準+20%達成車
45万円
平成32年度燃費基準+10%達成車
35万円
平成32年度燃費基準達成車
25万円
平成27年度燃費基準+10%達成車
15万円
平成27年度燃費基準+5%達成車
5万円

燃費基準達成車は、平成17年排気ガス規制75%低減も達成している必要が有ります。

エコカー減税による中古車の自動車重量税の減税額

自動車重量税のエコカー減税は、新車購入時だけでなく、初回の継続検査(2回目の車検)の時にも受けられます。また、初回車検が切れた中古車を購入する場合でも、車検の切れた日から15日以内に車検証の交付を受ければエコカー減税が適用されます。

適用されるエコカー減税の内容は「免税」と「50%減税」の二つです。

自動車重量税が免税となる中古車

自動車重量税が「免税」となる中古車は、平成26年4月1日から平成29年4月30日の期間内に新車登録をしてエコカー減税の「免税」が適用された車です。以下の燃費基準等を満たした車が該当します(乗用車の場合)。

○電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合の乗用車)

○ガソリン車(ハイブリッド車を含む)で平成17年排ガス規制75%低減を達成している車のうち以下の燃費基準を達成した車
・平成27年度燃費基準+20%達成車
・平成32年度燃費基準達成+20%達成車

自動車重量税が50%減税となる中古車

自動車重量税が「50%減税」となる中古車は、平成24年5月1日から平成26年3月31日の期間内に新車登録をしてエコカー減税の「免税」が適用された車です。以下の燃費基準等を満たした車が該当します(乗用車の場合)。

○電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合の乗用車)

○ガソリン車(ハイブリッド車を含む)のうち平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)達成車かつ平成27年度燃費基準+20%達成車

中古車のエコカー減税

「免税」及び「50%減税」が適用されない中古車でも現行のエコカー減税の環境基準に適合すれば、「標準税率」より安い「エコカー本則税率」が適用されます。

なお、環境基準に適合していない中古車は標準税率となります。自動車重量税のエコカー減税適用後の金額又は標準税率については、下記記事を参考にして下さい。

自動車重量税の金額・早見表【平成27年改正のエコカー減税反映済】

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス