車査定マニア
自動車税の還付金

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に対して課せられる税金で、1年度分をまとめて納付します。その税額は、自家用車の場合は排気量に応じて定められています。

自動車税の金額一覧とグリーン化税制・特例による減税額

この自動車税、年度内に車を廃車したりすると還付を受ける事が出来ます。今回は自動車税の還付金の計算や受取時期などについて紹介します。

自動車税の還付を受ける条件

自動車税の還付を受けるには、以下の手続きが必要になります。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録

永久抹消登録は、車の解体が前提で、二度とその車を使用出来なくする手続きです。 一時抹消登録は、海外出張などで車を長期間利用しない場合に、一時的に車を利用出来なくする手続きです。

車を廃車にする時の永久抹消登録と一時抹消登録の違い

これらいずれかの手続きを行う場合に、自治体から自動車税の還付を受ける事が出来ます。

自動車税の還付金計算と受取時期

自動車税の還付金は、月割で計算されます。抹消登録をした月の翌月から3月までに相当する金額が還付される事になります。

抹消登録が翌月になってしまうと、還付される自動車税は少なくなってしまうので、早めに手続きを行って下さい。


自動車税の還付金の計算式

還付される自動車税=納付した自動車税×抹消登録をした月の翌月~3月までの月数÷12

例えば、自動車税39,500円、6月に抹消登録をした場合は、7月~3月までの9ヶ月間に相当する金額が還付されます。

39,500円×9ヶ月÷12ヶ月=29,600円(100円未満切り捨て)

受取時期は自治体によって異なりますが、おおむね手続き後1、2ヶ月で自動車税が還付されます。

車を売却する場合には、上記の計算式の「抹消登録した月」を「売却した月」に置き換えて計算する事になると思います。なお、自動車税の受取時期は、還付される自動車税が売却金額に含まれるので、売却金額の振込み日となります。

軽自動車税は還付されません

軽自動車税には、自動車税のような月割で還付する制度は有りません。そのため、たとえ4月2日に抹消登録しても1円も還付されません。

そもそも軽自動車税は年間10,800円(平成27年4月1日以降に新規登録した車の場合)と金額が僅少ですから、還付するまでも無いとお国は考えているのかもしれません。

【参考】車の売却時に自動車税は還付されるのか?

結論から言うと、車の売却時にも自動車税は還付されます。還付というよりかは、売却(下取)価格に含まれた形で返ってきます。

中古車買取店は、基本的に買い取った車に対して前述した抹消登録手続きは行いません。自動車税の還付に必要な手続きを行わないので、当然売主は自治体から自動車税の還付を受ける事は出来ません。

そのため、自治体からの自動車税の還付の代わりに、還付される金額を含めた買取金額で中古車を売ることになります。

中古車買取店を売却相手として文章を書いていますが、ディーラーへの下取りや個人売買などの場合でも同じように考えて下さい。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス