車査定マニア
悪徳

どの業界にも悪徳業者と呼ばれる業者はいます。もちろんこれは、中古車業界についても例外ではありません。特に自動車は高級な買い物であるにも関わらず、購入者に専門的な知識が無いことが多いので、悪徳業者にカモにされることが多いのが実情です。

ここでは、中古車販売の悪徳業者によくある事例を見てみましょう。

スポンサーリンク

連絡がとれない・・

「念願の車を中古車販売店で購入し、一週間後に町を走っていると急にギアが入らなくなった。。。」

これは中古車を買う人の宿命とも言えるもので、中古車を買う限りは常に起こりうる事態として意識をしておかなければならない事です。

中古車

というのも中古車はいくら綺麗な外装をして並んでいても、結局は中古車であって新車ではありません。傷もあれば、エンジントラブルも有るかもしれません。これらのリスクを全て背負って買うのが中古車です。ですので、購入前にはきっちりと中古車の現状を把握しておくことが重要です。

とは言っても、ギアやエンジンに不具合ある場合、展示されている中古車を見ただけではプロでも分からないことがあります。そこで、購入後問題が生じたらすぐに購入した中古車販売店に連絡をして対応をしてもらうことが必要です。

しかし、ここで悪徳業者は「担当者に連絡を繫がない」という荒技を使うのです。

車を買った客からすると、販売店は車のことについて親身に相談に乗ってくれる心の拠り所のようなものです。それなのに販売後のクレームを受け付けない為に、「今日はお休みを頂いています」であったり「ただ今、接客中です」といった様に、販売店が担当者と連絡を繫いでくれない事が有るのです。

ただでさえ車に不具合が生じていて精神的に落ち込んでいるのに、こんな事をされると更に落ち込んでしまいますね。しかし、悪徳業者が使う荒業はこれだけでは終わりません。

保証期間が切れている?

購入後に車に不具合が生じて、販売店に連絡をしても担当者が不在であったり、電話に出られないと言われて取り合ってもらえない。悪徳業者から中古車を購入すると、そんな状況に陥る事があることは上で説明しました。

ところが、ある日急に担当者に連絡がつくことがあります。「すいません、忙しくて電話に出られませんでした!で、どうしました?」という感じで。

客からすると「やっと繋がった!」と安堵の気持ちで一杯になりながら、購入した車に不具合が生じたことを説明します。担当者は親身に不具合について聞いてくれていると思いきや、この様なことを言ってきます。

中古車販売
(photo by Epic Fireworks-Customer Satisfaction Guaranteed))

「不具合が起きた事は本当に心配です。だけどお客さん、もう購入後一ヶ月も経っているから保証期間が切れてしまっていますよ、保証書をきちんと確認して下さい。うちではどうすることも出来ないです。」

実は担当者が連絡を取らなかったのは、この保証期間を過ぎさせる為だったのです。あれこれと理由をつけて保証期間の間を逃げ切る事が出来れば、後はクレームを受け付ける必要がないからです。

元々不具合がある事を知っていてクレームを受け付けない業者もいれば、不具合があるかは分からないけど、とにかくクレームを受け付けたく無いので連絡がつかないようにする、といった業者もいるようです。

しっかりとした真面目な中古車販売店が沢山有るのも事実ですが、中古車を購入するときはこういった悪徳業者も陰に隠れて潜んでいる、ということを忘れないようにしましょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス