車査定のマニア
事故車

事故車

車を売ろうと考えているけど、少し前に交通事故を起こしてしまい車が損傷しているという方。

事故車は普通の車と比べると買取査定額が下がってしまいますが、まだまだ高値で売れる可能性は有りますよ!

一体どういう事なのか、以下で見ていきましょう。買取査定に出す前に修理をしておいた方がいいのかどうかについても、併せて解説していきます。

事故を起こすと「廃車にしてしまおう」と考える方もいますが、車はスクラップとしても最低限の価値が有ります。廃車にするのは最後の手段として、まずは買取の可能性を追求する事をオススメします。

事故車とは?

「事故車がどういうものか」という事をいちいち説明する必要は無いかもしれませんが、念のために書いておきます。

事故車は、過去に事故を起こした事の有る車を言います。

交通事故を起こした車

但し、単に事故車といっても、損傷の程度が軽微で簡単な修理で直る様なケースと、車の骨格部分に損傷を受けたケース(修復歴車)とが有ります。

事故歴有りの車と修復歴車は同じではない~違いを知っておこう。

事故車は、当然普通の車と比べると買い取り査定額が低くなります。好き好んで事故車を買うユーザーはあまりいないので、一般ユーザーからのニーズが殆ど無いですからね。

しかし、下記の様に事故車でも海外では高値で売れる事が有ります。

海外では需要有り!

日本人はちょっとした事故でも車を買い替える事が多いです。これは、中古車市場で流通している中古車の1割程度が事故車である事からも伺えますね。

事故車と無事故車の比率~中古車のうち事故車の割合はなんと10%

なぜすぐに買い替えるかというと、日本では、車が”移動の手段”であると共に車は”人の目につくものだから常に綺麗にしておきたいという気持ちが強いから”ではないでしょうか。人の目を気にしがちな日本人の国民性が現れているとも言えますね。

海外の車

一方で、海外と日本とでは価値観が異なる事がよく有ります。海外の人は、車はちゃんと走ってくれさえすればいいと思っている方は多いですし、日本人がよく気にする10年10万キロという目安も殆ど気にしません。

また、日本の車は諸外国の車と比べると、高性能で頑丈に出来ているので、事故車だったとしても根強い需要が有ります。(もちろん大破したような車は論外ですよ。)

しかし、一般の方が車をわざわざ海外まで持っていって売る事は、現実的では無いです。車を持って行くだけでも時間や費用がかかりますし、いきなり海外に行ってもどうやって売ればいいかなんて分からないですよね。

そこで、一般の買取業者ではなく事故車を専門に扱っている買取業者に買い取ってもらうのはどうでしょうか?

有名な業者だと「タウ」が事故車の買取に力を入れています。事故車の買取シェアではNo1(2015年3月楽天リサーチ調べ)を獲得するほどで、評判も上々です。

事故車買取専門店【タウ】の特徴や評判

事故車の買取に力を入れている業者は、海外の中古車市場にも販路を持っている事が多く、きっとあなたの車の価値を見出してくれるはずです!

事故車は修理せずに査定に出す!

事故車をそのまま査定に出したら査定額が低くなるので、予め修理をした上で査定に出した方がいいのでは?と疑問に思いますよね。

事故車の修理

確かに、修理をしてから買取査定に出すとそのまま出すよりは査定額は上がるでしょう。しかし、自分で車を修理出来るのであればともかく、整備工場等で修理をしてもらう場合は当然修理代が必要となります。

そして、この修理代を上回る程の査定額アップはまず有りません。修理代がどれくらいかかるかという点も考慮して、査定額は決定されていますからね。

従って、「綺麗な状態で車とお別れしたい」という方は修理してから査定に出すのも良いかもしれないですが、基本的には修理はせずにそのまま査定に出した方が手間や時間がかからないので好ましいですね。

まとめ

いかがでしたか?事故車は普通の車と比べると需要が減るので、買取り査定額は下がってしまいます。しかし、海外での需要が有るので、業者を選んで売れば高額査定が期待出来ます。

なお、事故車を専門に買取している業者を探して、買い取ってもらうのも良いですが、無料一括査定を利用するのも1つの手です。

複数の業者から査定を受けて見積りをもらう事が出来るので、1社に査定依頼するよりも高く売れる可能性は上がりますし、「事故車でも高値で買い取ります」という専門業者も見つかる可能性も高いです。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス