車査定のマニア
違約金

買取り業者に査定をしてもらい、金額に合意し契約を結んだ後で、「売らずに乗り続けよう」「他の業者がさらに良い条件を提示して来たので、そちらに売りたい」と思う事はあり得ますよね。

この様な場合、キャンセルする事は出来るのでしょうか?また、キャンセルが出来る場合、キャンセル料は発生するのでしょうか?

キャンセルは一定期間であれば可能?!

例えば、あなたがパソコンを購入した後で、お店から「違う人に売る事に決めたので、すぐに返して下さい」と言われたらどうでしょう?「ふざけるな!」と思いますよね。

車を業者に買い取ってもらうのもこれと同じです。買取り業者は商売として買取りをしているので、頑張って交渉して仕入れた商品を客の都合で返せと言われるといい気はしません。

但し、「契約を結んだものの、もう少し車が必要となってしまった」という様な状況はあり得ますよね。もちろん、この様な状況が起こりえる事は買い取り業者も分かっています。

また、買い取り業者の営業はときに強引な事も有り、「この金額は今契約してくれないともう提示出来ない」「仮契約でもいいから今書類に押印が欲しい」といった感じで勢いで契約してしまう事も有るでしょう。

使うべき?

そこで、車を引き渡す前や売却前の様に、買取り業者にキャンセルされても実害が無い様な場合は、基本的にはキャンセルの交渉に応じてくれる事が多いです。査定時にキャンセルの出来る期間については必ず確認しておく様にしましょうね。

但し、通常は買取り業者は仕入れた車をすぐにオークションに出品してしまいます。また、オークション以外でも系列の販売店を経由して売却してしまう事も有ります。

いずれにせよ、他に売却されてしまってはそれを取り返す事は出来ないので、キャンセルは諦めなければなりません。

:中には全くキャンセルに応じてくれない業者もいます。確かに1度売っておきながらキャンセルをするという立場なので、客側から強く言う事は出来ませんが、全く応じてくれないのは悪徳業者の可能性が有ります。査定額だけでなく、評判などもしっかりと吟味して、買取り業者を選びましょうね。

要は、キャンセルに応じてもらえるかどうかは、業者とキャンセルのタイミング次第という事です。但し、キャンセルに応じてくれたとしても、業者側にとってはとても迷惑な行為です。極力キャンセルをしなくて済む様に、よく考えてから契約を結ぶ様にしましょうね。

契約後一定期間内であれば、無条件で契約解除をする事が出来る「クーリングオフ制度」を利用すればいいのでは?!と思うかもしれませんが、残念ながら車の売買にはクーリングオフは適用されないので、利用する事は出来ません。

中古車はクーリングオフ出来ないし返品も出来ないのが普通

キャンセル料(違約金)は必要?

キャンセル料(違約金)については、各業者によって扱いが異なるので、予め確認をする様にしましょう。例としては「一定期間はキャンセル料は無料」「陸送費などの実費は要負担」といったケースが有ります。

違約金

また、中には「迷惑料として○万円支払って下さい、支払うまでは書類や車は返しません」といった請求をしてくる業者も有ります。上述の通り、クーリングオフは適用出来ないので、業者からすると迷惑料を請求しても問題無いと考えても不思議では無いですよね。

しかし、この点については、国民生活センターにも相談が多く寄せられており、センターの見解としては「根拠の無いキャンセル料は支払う必要は無く、適正な料金を支払えば済む」という感じになっています。

中古車を売却する際のキャンセル料トラブルに関する考え方

キャンセルをする事で少なからず買い取り業者に迷惑はかけるので、いくらかのキャンセル料の負担をする事は致し方ないかもしれません。しかし、法外なキャンセル料を請求された場合は、しっかりと拒否するか国民生活センターにすぐに相談する事が必要ですね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス