車査定マニア
書類

車を買取店に売却する時は「中古車買取店による車査定」と「売却手続」の2つのステップを踏む事になります。

「査定」と「売却」をスムーズに進めるために、それぞれのステップ毎に、必要な書類を予め用意しておいた方が良いでしょう。特に、査定では買取金額が加算される書類も有るので、査定を依頼する前に必要書類が揃っているかを確認して下さいね。

それでは「査定」と「売却」に必要な書類を見ていきましょう。

車の査定時に必要な書類

車の査定時に必要な書類は以下の通りです。

必要書類備考・補足
車検証(自動車検査証)
登録番号や型式など、自動車に関する情報が記載された書類です。

紛失している場合は、登録した陸運局で再発行してもらいましょう。
自賠責保険証明書
自賠責保険に加入している事を証明する書類です。

紛失している場合は契約している保険会社で再発行出来ます。
自動車納税証明書
自動車税を納付した事を証明する書類です。

紛失している場合は都道府県の税事務所で交付してもらえます。
保証書
ディーラーの保証を受ける為の書類です。中古車で購入しても保証期間内で有れば、保証を受けれます。

紛失している場合はディーラーに再発行してもらえるか、確認してみましょう。
取扱説明書
車の機能や操作方法を説明している書類です。

紛失している場合はディーラーのサイトでダウンロード出来ますが原本がない場合はマイナス査定になります。
整備手帳
過去の定期点検の記録が記載されている書類です。

整備手帳が有る事で、メンテナンスをキッチリしている事の証明になりますので買い手が付きやすく査定額がプラスになります。(但し整備をちゃんとしている場合に限る)

紛失している場合は再発行は厳しいかもしれませんが、ディーラーに再発行可能かどうか確認してみましょう。

「保証書・整備手帳・取扱説明書」は無くても査定を受ける事が出来ます。が、これらの書類が揃っていれば、査定額に好影響を与えるので用意しておいた方が良いでしょう。

なぜ査定額に影響するのかというと、取扱説明書を例にすれば、次の買い手が車を利用しやすくなりますし、中古車取扱店にとっても取扱説明書が有った方が買い手の不安を解消出来るメリットが有るからです。

車の保証書・整備手帳・取扱説明書は3点セットでプラス査定になる

歌詞カード付きのCDや説明書付きのゲームが高く買い取られるのと似ていますね。

あと、必要書類とは別にスペアキーや取り外した純正パーツなども査定額を高くするポイントになるので、書類と併せて査定員にスペアキーなどが有る事を伝えるようにしましょう。

車を買取店に売却する時の必要書類

車を買取店に売却する時は、上記の査定時の必要書類に加えて、以下の書類が必要になります。

必要書類備考・補足
リサイクル券
リサイクル料金を支払った事を証明する書類です。支払ったリサイクル料金を受け取る為に必要です。

紛失している場合は「自動車リサイクルシステム」のサイトから「リサイクル料金の預託状況」を印刷して代用します。
譲渡証明書
名義変更に必要な書類です。

中古車買取業者が用意してくれます。
委任状
業者に名義変更を代行してもらうために必要な書類です。

中古車買取店が用意してくれます。
印鑑証明書
押印した印鑑が実印で有る事を証明する書類です。

普通車の売却には実印が必要です。なお、軽自動車は認印で構いません。(参考:実印と認印の違い

市区町村役場で入手できます。また、マイナンバーの個人番号カードがあれば、コンビニでも入手可能です。
住民票
車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合に必要になります。

現住所の市区町村役場で入手出来ます。

なお、複数回住所を変更している場合は住民票の除票または戸籍の附票が必要です。*1
戸籍謄本
車検証に記載されている氏名と現在の氏名が異なる場合に必要になります。

本籍地の市町村役場で入手出来ます。

*1 住民票の除票は複数枚必要になりますが、戸籍の附票なら1枚で住所履歴を証明する事が出来ます。なお、戸籍の附票の入手先は本籍地の役場です(郵送可)。

名義変更に必要な書類「譲渡証明書・委任状・印鑑証明書」は、様々なトラブルを防ぐ為に売却代金の入金を確認してから業者に渡すようにしましょう。

車の売却代金が入金されないうちに買取査定業者が倒産した場合

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス