車査定のマニア
買取査定

車を売却する方法としてよく比較されるのが「買取査定」と「下取り」です。車を売った経験の有る人は「どっちを利用しようかな」と悩んだ事が有るのではないでしょうか?

今回は、2つの方法のうち「買取査定」のメリットとデメリットを紹介します。下取りに関するメリットとデメリットは、以下の記事を参考にして下さい。

車を下取りに出すメリット・デメリット

中古車を買取査定に出すメリット

車を買取査定に出す主なメリットは、以下の通りです。

  • 複数の買取業者の査定額を比較でき、最も高い査定額を提示した業者に買い取ってもらえる
  • 出張査定を利用すれば手間暇を省ける

複数の買取業者の査定額を比較出来る

複数の買取業者の査定額を比較出来るのが、買取査定の最大のメリットです。

車の買取金額

各買取業者が提示する査定金額にはバラつきが出ます。業者ごとに「今欲しい車」というのは違いますし、販路も違います。また、限定車種特化型の買取業者もいます(外車専門や改造車専門など)。

中古車買取専門店でもお店ごとに査定金額が違う理由

様々な買取業者の査定額を比較して、愛車を少しでも高く売れるのが「買取査定」の良い所です。

出張査定を利用すれば手間暇を省ける

ほとんどの買取業者が出張査定サービスを行っています。自宅や指定した場所まで業者が来てくれて、その場で査定をして貰う事が出来ます。しかも、ほとんどの業者が無料でサービスを提供しています。(参考:出張査定は有料の場合有り

買取査定

車のオーナーが店舗まで車を持ち込んで査定を受ける事も出来ますが、複数の業者を比較しようと思ったら、煩わしい作業になります。面倒くさくなって、適当に売却先を決めてしまう恐れも有ります。これでは、愛車を高く売る事は出来ません。

持ち込み査定のトラブル

ネットの口コミを見ていると、車を持ち込んで査定をして貰ったところ、売買契約書にサインするまで買取会社の会議室から出して貰えず、根負けしてサインしてしまった・・・なんて監禁まがいのトラブルが有りました。参考までに。

出張査定を利用すれば、手間暇をかけずに車を売却する事が出来ます。これも買取査定のメリットと言えるでしょう。

中古車を買取査定に出すデメリット

車を買取査定に出す主なデメリットは以下の通りです。

  • 古い車や状態の悪い車は値段が付きにくい
  • しつこい営業電話のリスク
  • 下取りに出す場合と比べて手続きの手間が増える
  • 乗り換える場合、売却後に車が無い状態が一定期間生じる

古い車や状態の悪い車は値段が付きにくい

年式の古い車や何かトラブルを抱えている車などは、買取査定に出しても安く買い叩かれる事が多いです。買取査定には“高く売れる”というメリットが有りますが、商品価値の低い車にはそれ相応の厳しい評価が下されます。車の状態によっては「0円評価」となる事も有ります。

複数の買取業者に査定してもらっても値段が付かない場合には、下取りや廃車買取業者に出した方が良いかもしれませんね。

査定で0円評価された車は廃車にするしか無いのか

営業電話がガンガン掛かってくる

「一括査定サイト」を利用した場合の話ですが、一括査定申し込み直後から、複数の買取業者から営業電話が掛かってきます。「実車査定をさせて下さい。今からでも伺えます。」といった内容の電話が多いです。

一括査定を申し込んだだけで話が急展開していく事に嫌悪感を抱く人もいますよね。

勧誘電話

しかし、車を本気で売りたいと考えている人からすると、業者側からアクションを起こしてくれるので、メリットと捉える事も出来ます。業者を探して1社ずつ査定を依頼する手間が省けますからね。

乗り換える場合、手続きの手間が増える

買取査定は車を売却するためだけの手続きです。下取りのように、車の購入とセットで行うわけでは有りません。

そのため、車を乗り換える際に買取査定を利用すると、「売却の手続き」と「購入の手続き」を別々に行う必要が出てきます。これって結構手間です。

当然、交渉を頑張れば頑張るほど金銭的メリットは増えていくので、値引き交渉も査定交渉もどちらも真剣にやるべきですが、人間しんどくなってくると手を抜きたくなります。これは買取査定のデメリットと言えるでしょう。

乗り換える場合、売却後に車が無い状態が一定期間生じる

前述したように、買取査定に車を出す場合は、売却と購入で別々の業者を利用する事になります。そのため、愛車の引き渡し日と新車の納車日を同じ日に設定するのが難しいことが有ります。一定期間車が無い状態が生じてしまう可能性も有るでしょう。

車

車通勤などで1日も車が欠かせない人にとっては、大きなデメリットとなるでしょう。新しい車が来るまで買取会社に引き渡すのを伸ばしたりすると、査定金額が下がってしまう可能性も有るので、結構悩ましい問題です。

「買取査定」は「下取り」より平均で16万円も高く売れる!?

一括査定サイト「ズバット」が行ったアンケートによると、買取査定の方が下取りよりも平均で約16万円も高く売れたそうです。

アンケートに答えた人数は、過去に車を乗り換えた経験の有る約4,500人です。そのうち約800人が買取査定と下取りの金額を比較しています。さらに、比較した人の約77%の人が買取査定の方が高かったと回答。

車の買取金額

そして、買取査定と下取りの査定額の差額に関する回答を集計した結果、平均で約16万円となったそうです。差額が50万円以上となった人もいるので、愛車を少しでも高く売りたいなら買取査定を利用すべきでしょう。

確かに、買取査定を利用すると、「売却」と「新車購入」の手続きが別々になり、煩雑な作業となってしまいます。しかし、少しでも高く売って新車購入費用を抑えられる、と考えれば我慢出来るのではないでしょうか?

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス