1. 車査定のマニア
  2. 買取り
  3. ≫【本当は教えたくなかった】修復歴車が車査定で高く評価される裏技

【本当は教えたくなかった】修復歴車が車査定で高く評価される裏技

心の声

交通事故にあった後、車を見てもらったら「あなたの車は、”修復歴車”になりました」って言われたんだけど、車を査定してもらう時にどんな影響があるの?

修復歴車とは「車の骨格部位が修復されている車」のこと。「近い将来、不具合が発生する可能性が高い中古車」と判断される

車査定において、修復歴車の評価額は大幅なマイナスになります。具体的には以下のようなマイナス査定に被ることになりますよ。

比較項目一般的な車(人気車種)一般的な車(不人気車種)スポーツカー
買取時のマイナス額40~50万円60~80万円10~30万円
下取り時のマイナス額30~40万円50~70万円10~30万円

しかし実は修復歴車であったとしても、高く評価される裏技もあることをご存知でしょうか?

もしこの事実を知らなければ「修復歴車だから」という理由で、めちゃくちゃ安く買い叩かれるかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では査定における「修復歴車の定義」や、どのようにマイナス査定として計算されるのかを解説していきます。

さらに修復歴車であったとしても高く売る方法を解説しているので、修復歴車を持つ人にとっては必見の内容となっていますよ 。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

車査定における「修復歴車」の定義

修理

まずは「修復歴車とは一体何なのか」という定義について紹介していきましょう。

サクッとマイナスされる金額だけ知りたいという人は、次の【「修復歴車」が車査定に及ぼす影響】まで、飛ばしてもらってかまいません。

さて、そもそも修復歴車とは「車の骨格部位に損傷があるもの、または修復されている車」です。骨格部位とは具体的に以下の通りになりますよ。

骨格部位

※画像出典:JAAI「中古自動車査定基準」より

ただし、上記の部位が損傷を受けると必ず「修復歴」となるという訳ではありません。

実は損傷の度合いによって、「修復歴となる場合」と「ならない場合」とに分かれるのです。具体的には以下の通り。

骨格部位修復歴となるもの修復歴とならないもの
ラジエータコアサポート
交換されていて、かつコアサポートと隣接するインサイドパネルに凹み、クロスメンバーに曲がり、凹み、サイドメンバーに曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
クロスメンバー
(フロント・リヤ)
①交換されているもの
②曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
①小さな凹み又はその修理跡があるもの
②突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
サイドメンバー
(フロント・リヤ)
①交換されているもの
②曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
①コアサポートより前に位置する部分及びリヤエンドパネルより後に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
②けん引フック取り付け部の損傷又はその修理跡があるもの
③バンパーステー取り付け部の軽微な凹み又はその修理跡があるもの
④突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
インサイドパネル
(フロント)ダッシュパネル
①交換されているもの
②外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
①コアサポートより前に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
②軽微な凹み又はその修理跡があるもの
ピラー
(フロント・センター・リヤ)
①交換されているもの
②スポット打ち直しがあるもの
③外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
①外部に露出している部位に凹み又はその修理跡があるもの
②ボディサイドシルパネルの単体部品の交換時に生じるピラー下部に溶接処理跡があるもの
③外部を介さない凹み又はその修理跡があるもの
④1BOX車等でルーフパネルからステップまで一体として露出しているパネル状センターピラー等のアウター部はピラーとしない
⑤軽微な凹み又はその修理跡があるもの
ルーフ
①交換されているもの
②ルーフ周囲のインナー部に凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
③ピラーから波及した凹み又はその修理跡があるもの
インナー部に軽微な凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
センターフロアパネルフロアサイドメンバー
①交換されているもの
②パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
③破れ(亀裂)があるもの
④外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
①突き上げ等による凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
②軽微な凹み、曲がり、破れ又はその修理跡があるもの
リヤフロア
(トランクフロア)
①交換されているもの
②パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
③破れ(亀裂)があるもの
④外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
①リヤエンドパネル又はリヤフェンダー等の交換時に生じた損傷があるもの
②軽微な凹み、破れ又はその修理跡があるもの
③スペアタイヤ等格納部の突き上げによる凹み、軽微な破れ又はその修理跡があるもの
  • クランプ跡があっても、上記基準に該当しない場合は修復歴になりません。
  • 凹みや破れ等の軽微な損傷が1つの部位に複数個あり、その損傷が近接若しくは連続している場合は修復歴となります。
  • 修復歴の判断はボディの形状や構造(フレーム付き車等)、損傷の度合い等によって異なる場合があります。

実際の査定では、上記のポイントを非常に細かくチェックされます。

場合によっては、以下のようなアンケート用紙を渡され「どこか修復があるのか」「悪いところはないのか」というところをチェックすることも。

T-UPのアンケート

修復歴を全て目視でチェックするとなれば、相当な時間がかかるため、このように事前に聞き取りをして、ある程度「目星」をつける方法をとっています。

「修復歴車」が車査定に及ぼす影響

ここまで、どんな車が修復歴車になるのか紹介してきましたが、では修復歴車は車査定時にどのような評価が下されるのでしょうか。

中古車の査定ルールを決めている「日本自動車査定協会(JAAI)」では、修復歴のある車の評価について、以下のように表しています。

交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの又は、その修復歴のあるものは商品価値の下落が見込まれるので、表に基づき修復歴減点を適用する。
※出典:JAAI「中古自動車査定基準」より

早い話が「骨格が事故により損傷した場合は、車としての価値が落ちているのでマイナス評価する」といっているわけですね。

修復歴車のマイナス評価は計算で決まる

では具体的にどのようにマイナス評価されるかというと、以下の計算式によって算出されます。

√(基本価格×修理概算額)÷4.8×係数=減点点数

なお「基本価格(千円)」は車両の販売価格「修理概算額(千円)」は損傷している箇所を修理するために必要な費用のことです。

そして「係数」は、修理の程度によって決まる数値です。大体1.0〜2.0になりますね。

もし「基本価格が500(千円)、修理概算額が300(千円)、係数が1.5」の場合だと、減点は以下のようになりますよ。

√(500×300)÷4.8×1.5=121.03…

小数点以下第一を四捨五入するので、「121」が減点になります。

なお、減点は1点につき1,000円なので、この例の場合は12万1,000円の減額、という事になりますね。

JAAIの車査定ルールと現場の査定は違う

このように修復歴車はある程度「計算」によって、減額される金額が分かりますが、このルールを実際の車査定業者が使っているわけではありません

あくまで「参考」とし、オリジナルの査定ルールに基づいて、修復歴車を見ています。具体的には以下の通り。

比較項目一般的な車(人気車種)一般的な車(不人気車種)スポーツカー
買取時のマイナス額40~50万円60~80万円10~30万円
下取り時のマイナス額30~40万円50~70万円10~30万円

上記の表でわかることをまとめてみると、以下のようになります。

  • よく売れる車なら「修復歴車」の影響力が薄い
  • スポーツカーは事故って当たり前なので、そこまでマイナスされない
  • 修復歴車は査定のルールがガチガチに決まっている
  • 「下取り」の方が査定額が高くなる

このようにJAAIが定めたルールはあくまでも基準とし、車査定業者それぞれが独自のルールに基づいて修復歴車を見ているのです。

車査定で修復歴車を高く評価してもらう裏技

ここまで修復歴車がどれくらいマイナス査定をされてしまうのかをみてきましたが、どうにかして査定金額をアップさせる方法はないのでしょうか。

実はひとつだけあります。それは「修復歴車でも高値で買い取りしたい」と思っている業者を見つけること

売り場の在庫数が足りていなかったり、地域市場の価格が高騰していたりすると、仮に修復歴車であったとしても、高く買い取りたい業者は必ずいます。

ただこのような業者を見つけ出すのには、相当な時間がかかるでしょう。一社ずつ回っていては、数日どころか1か月以上かかることも。

大切な休日を丸一日、棒に振ることになるでしょう

せっかくの休みですから、サクッと業者選びを終わらせたいですよね。そこでおすすめなのが「車一括査定サイト」を利用することです。

車一括査定サイトで効率的に高価買取する業者が見つかる

車一括査定サイトとは、インターネット経由で一回の申し込みにより複数の業者に査定ができるサービスのこと

車一括査定の仕組み

わざわざ一社ずつ回る必要がないうえに、すぐに申し込みが完了するため、現在の車売却では必須のサービスといっても過言ではありません。

現時点で最も高く、修復歴車を買いたいと思っている業者をあぶり出すことができますよ。

修復歴車を査定してもらう時に力を発揮してくれるのは間違いないので、ぜひ使ってみてほしいですね。

なお、おすすめの車一括査定サイトについては「車一括査定おすすめランキングとトラブル事例」で詳しく解説していますので、併せてチェックしてみて下さい、

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

まとめ

今回は修復歴車が車査定において、どのように評価されるのか見てきました。

マイナス査定なりがちな修復歴車であったとしても、ある程度評価してもらえる事実をご理解いただけたと思います。

もしあなたが修復歴車のオーナーであり、売却するつもりなのであれば、今回紹介した記事をぜひ参考にしてみてください。

以上、「【本当は教えたくなかった】修復歴車が車査定で高く評価される裏技」でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方 → クルマコネクト

営業電話は一切なし!チャットで気軽に相談
非公開車両から厳選中古車の提案GET

②電話で本格的に相談したい方 → なびくる+

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。