車査定マニア
車に貼ったステッカー

好きなバンドやブランドのステッカー・シールを車に貼り付けていませんか?ドレスアップの一環として貼り付けている人も多いのではないでしょうか。

車に貼り付けたステッカーやシールは、基本的に車の査定においてプラス査定になる事は有りません。貼り付けたステッカーが格好良いとあなたが思っていても、査定士から見ればそれは不要な物だからです。

では、ステッカーやシールは査定前に剥した方が良いのでしょうか?

ステッカーやシールは剥した方が良い?

ステッカーやシールを貼っている事で査定額が低くなるかは何とも言えません。査定額に影響しない場合も有れば、査定額が低くなる事も有ります。これは買取店や査定士によって異なります。

基本的に貼られているステッカーやシールは買取後に業者によって剥されるので、作業料金を査定額に反映させる可能性は有ります。

車に貼ったステッカー

そのため、ステッカーやシールを剥がす前に色んな買取業者に査定を依頼して見積査定額を比較した方が良いでしょう。その際にそれとなくステッカーなどについて剥した方が良いか確認してみて下さい。

そもそも、最高額を提示した業者が「ステッカーは査定額に影響しない」と言ってくれれば、ステッカーを剥す作業をしなくて済みますからね。

ただし、ステッカーなどの貼り付け跡は減額対象となります。貼り付け跡が有る場合は綺麗にしてから査定を受けるようにしましょう。

なお、紫外線などによる塗装面の劣化具合が「ステッカーを貼っている部分」と「その周りの部分」で異なる場合が有ります。変色などによって減額対象となる可能性が有ります。そのため、基本的に車にはステッカー等は貼らない方が賢明です。

【参考】傷を隠す為に貼っている場合は正直に伝えましょう

ちょっとした擦り傷をステッカーで隠す事って有りますよね。査定を受ける際は、隠している傷について正直に伝えた方が良いです。

初めの査定時にバレなくても、ステッカーを剥した時に結局バレます。そうなると、当然その分マイナス査定を受けます。さらに、査定士の心証は悪くなり、その他の査定項目にも悪影響を及ぼす可能性は否めません。

どうせバレるんですから、最初から正直に伝えておきましょうね。

ステッカーやシールを綺麗にはがす方法

車に貼ったステッカーやシールを剥す場合は、車体や窓ガラスに傷を付けないように綺麗に剥しましょう。間違っても、ヘラやドライバーなどで力尽くで剥す事がないようにして下さい。傷を付けてしまったら、当然査定額は減額されてしまいます。

車を売る時に擦り傷のある車や傷だらけの車はいくら減点されるのか

ステッカー

ステッカーやシールを綺麗に剥す方法は以下の2つです。

  • ドライヤーやお湯で温めて剥す
  • 「ステッカー剥し」の溶剤で剥す

ドライヤーやお湯で温めて剥す

ドライヤーやお湯で温めて、ステッカーの「糊(のり)」の粘着力を弱めて剥します。一気に剥がれる事はなく、少しずつ手で剥していきます。

ちなみに、車外に貼り付けている場合は「ドライヤー又はお湯」を使用し、車内に貼り付けている場合は「ドライヤー」を使用して下さいね。

ドライヤー

ただ、真夏の炎天下でも剥がれないように強力な糊がステッカーには使用されています。そのため、ドライヤーやお湯で温めても綺麗に剥がれない場合が多いです。表面の紙の部分は剥す事が出来ても、肝心の糊の部分が残ってしまう事も有ります。

ドライヤーやお湯で剥すのではなく、次の「ステッカー剥し」の溶剤を使用した方が良いかもしれませんね。

「ステッカー剥し」の溶剤で剥す

カー用品店で販売されている「ステッカー剥し」の専用の溶剤を使用します。溶剤の成分には、ステッカーの糊を溶かす効果が有ります。

塗装面に使用する時は変色してしまわないかパッチテストを行ってから作業して下さい。

ステッカー剥し

ステッカーの溶剤をステッカーに浸透させてから、布やティッシュなどで擦ってステッカーを剥します。溶剤を十分に浸透させるために、溶剤を掛けた上からラップで覆って数時間放置してから作業に取り掛かります。

なお、多くのステッカーの表面は防水加工が施されているので、先に表面部分を剥してから溶剤を使用すると良いかもしれません。

この方法でも簡単にステッカーが取れる事は有りません。ステッカー剥しは基本的に時間と労力を要します。また、綺麗に剥がれる保証も有りません。この事を考えると、ステッカーを剥さずにそのまま査定を受けた方が良いかもしれませんね。

貼り付け跡を綺麗にする方法

貼り付け跡は前述したようにマイナス査定の対象です。そのため、査定前に綺麗にしておいた方が良いです。

ステッカーの貼り付け跡とは、ほとんどの場合、ステッカーの糊の部分が残ってしまった状態を指します。そのため、前述した「ステッカー剥しの溶剤」を使用する事になります。溶剤を浸透させて、ドライヤーで温めるのも有りかもしれませんね。

簡単に綺麗にはなりませんが、根気よく作業を行って下さいね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス