1. 車査定のマニア
  2. 査定・買取り
  3. ≫残債有りの車は売却できる!パターン別の売却手続方法

残債有りの車は売却できる!パターン別の売却手続方法

自動車ローン

ローンを組んで車を購入されている人は、少なくないと思います。

しかし、ローンの返済が終わる前に、

  • 転勤が決まり車を売らなければならない
  • 家族が増えたので大きい車に乗り替えたい

など生活環境の変化により、ローン返済中の車を売らなければならないこともあるでしょう。

ここでひとつの不安が心をよぎります。

ローンの返済が終わっていない車を売ることができるの?』という不安です。

結論から言えば、ローンが残っている車を売ることはできます。安心してください。

ローンの返済が残っている車のことを自動車業界では、『残債有りの車』と呼んでいます。

『残債』とは『残存債務』の略称であり、車や住宅などを購入するために組んだローンのうち、まだ返済が終わっていない金額のこと

こちらのページで、残債有りの車を売る方法について解説します。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

1.ローン有りの車売却をする場合は、「車検証の所有者」をチェックする

まず、確認すべきなのが、車検証の所有者が誰かという点。

現金で購入した車であれば、車検証の「所有者」欄には購入者の名前が記載されています。

もちろん、あなたが購入したのであれば、所有者欄はあなたの名前が書かれています。

使用者と所有者が同じ人の場合は、車検証の所有者欄には『使用者に同じ』と記載されています。

しかし、ローンを組んで車を買うと、車検証の所有者欄は、

  1. ご自身の名前が記載されている
  2. 販売会社や信販会社などの会社名が記載されている

の大きく2パターンとなります。

車検証の所有者欄に、販売会社や信販会社などの会社名が記載されている車を『所有権付きの車』と自動車業界では呼びます。

ローンの返済が終わっていない車(残債有りの車)を売るときは、車検証の所有者欄に誰の名義が記載されているのか(所有権が付いているのか付いていないのか)で、手続きは違ってきます。

車検証の所有者欄にご自身の名前が記載されている人は、「2.【ローン残債あり】車検証の所有者欄が本人の場合の売却方法」へ進んでください。

車検証の所有者欄に販売会社や信販会社の会社名が記載されている人は、「3.【ローン残債あり】車検証の所有者欄が販売会社や信販会社(所有権が付いている)の場合の売却手続き3ステップ」へ進んでください。

2.【ローン残債あり】車検証の所有者欄が本人の場合の売却方法

売却

車検証の所有者欄が本人の車を売る場合は、特別な手続きは必要ありません。

残債有りの車を売るときでも、車検証の所有者欄が本人の場合は、現金で購入した車を売るときと手続きは同じです。

ただし、信販会社によっては、無断で残債有りの車を売ることを禁止しているところがあります。

ローンの申込書に記載されている重要事項や約款、または、ホームページなどで残債有りの車を売ることが禁止されていないか確認してください。

例えば、新車・中古車販売店での取り扱いが多い信販会社のひとつ「オリエントコーポレーション(オリコ)」の場合は、『車に関するQ&A』のページに

基本的には残債有りの車を売ることはできないので、ローンを契約している本人からクレジットセンターへ連絡してください。

※引用:オリコ「各種ローンについて」より

と記載されています。

特に通常通り売却してよければ、売却に必要となる書類を用意しましょう。

車売却に必要な書類一覧表

必要書類軽自動車普通車取得方法・注記
自動車検査証
(いわゆる車検証)
必要必要一般的には、自動車内に保管
自賠責保険証明書必要必要一般的には、自動車内に保管
自動車リサイクル券必要必要一般的には、自動車内に保管
軽自動車納税証明書必要軽自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている。
自動車納税証明書必要自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている。
認印
(スタンプ印は不可)
必要朱肉で押す印鑑
実印必要印鑑登録をしている印鑑
印鑑登録証明書
(いわゆる印鑑証明)
必要住民登録をしている市区町村役場
自動車検査証記入申請書必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
委任状必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
譲渡証明書必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる

軽自動車と普通車では必要書類が異なりますので、気をつけてください。

売却の書類のさらに詳しい詳細については、下記記事を参照ください。

通常の売却手続きについては、下記記事を参照してください。

3.【ローン残債あり】車検証の所有者欄が販売会社や信販会社(所有権が付いている)の場合の売却手続き3ステップ

車の売却価格

所有権が付いた残債有りの車を売るときは

  1. 残債(ローンの残り金額)を確認する
  2. 残債を一括で返済する
  3. 所有権解除書類を申請し受け取る

の3ステップが必要です。

ステップ1:残債確認を確認する

最初にしなければならないことが、残債を確認し一括で返済する金額を明確にすることです。

一括返済する金額は、単純に『月々の支払額×残りの支払い回数』ではない

ローンを申し込んだときに決定した月々の支払額には、ローンの申し込みをした金額とローン期間に応じた金利が含まれています。

一括返済をするということは、ローンを申し込んだ期間よりも借入期間が短くなるということです。

ローンの期間は短い方が、かかる金利は安くなります。

つまり、ローンを申し込んだ期間よりも、実質ローンを組んでいた期間が短縮した分の金利は、不要になるのです。

具体的な例をあげて説明します。

200万円を60回(5年金等払)でローンを組んだ山田さんの例

山田さんは、トヨタ アクアを支払総額200万円で契約しました。

山田さんは、200万円を60回(5年間)均等払い(実質年率4.9%)にてローンを組みました。

山田さんが毎月支払う額は37,651円、60回均等払いの金利合計は259,056円です。

一括返済をせずに、60回払い続けた場合、山田さんの支払総額は2,259,056円となります。

山田さんは、ローンの支払いが終わってからアクアを買い替えるつもりでしたが、海外へ赴任することになりました。

山田さんはこれまで36回の支払いを済ませていたので、37回目の支払時に一括で残金の返済をすることにしました。

60回で申し込んだローンのうち36回支払いが終わっていますので、山田さんの残りの支払い回数は24回です。

単純に計算すれば、

『37,651円』(毎月の支払額)×『24回』(残りの支払い回数)=『903,624円』(一括返済額)

となります。

しかし、この『903,624円』には、残りの支払い回数『24回』分の金利『44,535円』も含まれています。

一括返済で『903,624円』を支払えば、借り入れをしていない期間の金利まで支払うことになります。

そこで、山田さんは、ローンの申し込みをしていたオリエントコーポレーションに電話で一括返済の金額を確認しました。

返済予定日を聞かれた山田さんは、37回目の引き落とし日に一括返済したいと申し出ました。

すると、山田さんが37回目の引き落とし日に一括返済する場合は、37回目の金利『3,508円』を含めた『862,593円』を支払えばローンが完済できると教えてもらいました。

※上記ローンの試算は、カシオ計算機株式会社様の高精度計算サイト『ke!san』の「ローン返済(毎月払い)」にて、一括返済の試算は、同じく高精度計算サイト『ke!san』の「繰上げローン返済」にておこなっております。

当ページでの返済方法は『元利均等返済』で、端数の処理を『四捨五入』で計算しております。

返済方法には、『元利均等返済』や『元金均等返済』などがあり、端数の処理方法は『四捨五入』以外に『切捨て』や『切上げ』があります。

金融機関によって返済方法や端数の処理方法は異なりますので、金額に若干の差異が生じるケースがあります。


山田さんのケースで分かるように、一括返済をするときの支払額は、『毎月の支払額×残りの支払い回数』で単純に計算できるものではありません。

ですから、まずは残債を確認することが必要となります。

残債の確認方法は、金融機関によって対応は異なります。

例:オリエントコーポレーションの残債確認方法

山田さんがローンの申し込みをしていたオリエントコーポレーションの場合は、

のどちらかとなります。

また、一括返済をする場合は、別途手数料が必要となる金融機関があります。

ステップ2:残債を一括で返済

  • 残債が支払えるだけの現金が手元にある場合は、自分で手続きをおこなう。
  • 残債を支払える現金がない場合は、売り先のお店に相談する。

残債を確認すれば、支払い手続きにはいります。

残債額を支払える現金が手元にある場合とない場合で手続きは異なります。

現金が手元にある場合は、「ステップ2-1:残債額の現金が手元にある場合は自分で手続き」へお進みください。

手元に残債金額を払える現金がない場合は、「ステップ2-2:手元に残債額相当の現金がない場合は売り先のお店に相談」へ進んでください。

ステップ2-1:残債額の現金が手元にある場合は自分で手続き

残債額の現金が手元にある場合は、ご自身で手続きをおこないましょう。

残債の支払い方法は、

  1. ローンの引き落とし日にローンの引き落とし口座から引き落としてもらう
  2. 金融機関と取り決めた返済日までに、金融機関が指定した口座へ振り込む

の2パターンが一般的です。

先ほどの山田さんのケースでは、37回目の引き落とし日に一括で引き落としをしてもらいました。

山田さんがローンの申し込みをしていたオリエントコーポレーションの場合は、毎月の引き落とし日である27日に一括返済する場合は、当月の10日までに連絡をしておく必要があります。(※参考:オリエントコーポレーション「各種ローンの残一括返済について」より

金融機関によっていつまでの連絡が必要となるのかは違いますので、事前に確認をしておきましょう。

また、振り込みにより一括返済をする場合は、振り込み予定日によって返済額は異なります。

これは、日割りで金利計算されるからです。

ですから、一日でも早く一括返済をすれば、ほんのわずかな額かもしれませんが、少しは返済額を抑えることが可能です。

ただし、振り込む場合は、振込手数料を負担しなければいけません。

振込手数料も考慮のうえ、口座引き落としと振り込みでどちらがお得になるのかを見極めて一括返済をおこないましょう。

一括返済をおこなえば、次は「ステップ3:所有権解除書類を入手する」へお進みください。

ステップ2-2:手元に残債額相当の現金がない場合は売り先のお店に相談

  • 売却価格が残債を超える場合は売り先のお店が支払いを代行
  • 売却価格が残債よりも安い場合は不足分のローンを組むことができる場合も

手元に残債を一括で返済できるだけの現金がない場合は、売却価格でまかなうことになります。

しかし、必ずしも売却価格が残債よりも高い訳ではありません。

売却価格が残債よりも高い場合と安い場合の手続きについて説明します。

引き続き、先ほどの山田さんのケースで確認しましょう。

厳密には、一括返済をする日付によって残債額は若干変動しますが、このページでは、山田さんの残債は『862,593円』として説明をおこないます。

売却価格>残債:売り先のお店が支払いを代行してくれる

山田さんは、いろいろなお店で査定を受け、一番アクアの売却価格が高かった買取専門店にて『100万円』で売ることにしました。

山田さんの残債は『862,593円』です。

買取専門店は『100万円』の買取額のうち『862,593円』をオリエントコーポレーションへ支払います。

そして、残りの『137,407円』を山田さんへ支払うことになります。

あとは「ステップ3:所有権解除書類を入手する」を参考にして所有権解除書類を入手してください。

売却価格<残債:不足分のローンを組むことができる場合も

山田さんが乗っていたアクアは、購入してすぐに大きな事故を起こしてしまい、大がかりな鈑金修理をしていました。

しかも、アクアの走行距離は、3年しか乗っていない車にしては多過ぎでした。

だから、いろいろなお店で査定をしたけれども、一番高い売却価格は、『50万円』にしかなりませんでした。

『862,593円』ある山田さんの残債は、『50万円』の売却価格によって残りは『362,593円』です。

『362,593円』を現金で用意できれば問題はありません。

しかし、山田さんは海外への赴任準備で使ってしまい手元にはほとんど現金がありませんでした。

これではオリエントコーポレーションへ残債の支払いができません。

このような場合は、残債の不足分をまかなうことができるローンを利用できることがあります。

しかし、全てのお店が対応している訳ではありませんので、売却手続きをする前に確認しておきましょう。

近隣の買取専門店で、残債不足分のローンを申し込めない場合は、今ローンを支払い中の金融機関に相談してください。

山田さんのケースでは、オリエントコーポレーションのクレジットセンターへ連絡をいれることになります。

また、車を買い替える場合は、次の車の購入金額に残債の不足分を上乗せしてローンの申し込みができるお店もあります。

こちらも事前に確認しておくことが必要です。

ステップ3:所有権解除書類を入手する

  • ローンの完済を証明できる書類(金融機関より郵送)
  • 所有権解除書類交付申請書(金融機関より入手)

残債を一括返済すれば、あとは所有権解除書類を入手するのみです。

所有権解除書類を前述した下記書類に添えて、車と一緒に売り先のお店へ引き渡しましょう。

必要書類軽自動車普通車取得方法・注記
自動車検査証
(いわゆる車検証)
必要必要一般的には、自動車内に保管
自賠責保険証明書必要必要一般的には、自動車内に保管
自動車リサイクル券必要必要一般的には、自動車内に保管
軽自動車納税証明書必要軽自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている。
自動車納税証明書必要自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている。
認印
(スタンプ印は不可)
必要朱肉で押す印鑑
実印必要印鑑登録をしている印鑑
印鑑登録証明書
(いわゆる印鑑証明)
必要住民登録をしている市区町村役場
自動車検査証記入申請書必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
委任状必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
譲渡証明書必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
  • 現金で残債額を一括返済した場合は、自分で所有権解除書類の申請をしてもいいですし、売り先のお店へ任せることもできます。
  • 売却価格の中から残債額を支払った場合は、売り先のお店が所有権解除書類の申請をしてくれるのが一般的です。

所有権解除書類の申請を自分でおこなうには、

  1. ローンの完済を証明できる書類(金融機関により郵送)
  2. 所有権解除書類交付申請書(金融機関より入手)

の2点が必要です。

所有権解除書類交付申請書には実印を押印しなければいけません。

金融機関によっては、別途、

  • 印鑑証明(おおむね発行日より3か月以内)
  • 納税証明書(軽自動車の場合は、軽自動車納税証明書)

などが必要となるケースがあります。

売り先のお店から所有権解除書類の申請をしてもらう場合は、上記書類にプラス

  • 委任状(実印を押印)

が必要となるのが一般的です。

このページでモデルを務めてくれた山田さんが申し込みをしていたオリエントコーポレーションの場合の必要書類は若干簡素化されています。

本人が所有権解除書類を申請する場合は、

という流れになります。

売り先のお店などが所有権解除書類を申請する場合は、

  • 車検証のコピー
  • ローンの契約者の実印を押印した委任状
  • 印鑑証明(発行日より3か月以内)

が必要となります。

ローンの申し込みをしている金融機関によって若干必要書類は異なりますので、事前に確認してくださいね。

まとめ

車検証の所有者欄に記載されている名義人によって手続きは異なります。

ローンを組んで車を買った場合は、

  • ご自身の名前(所有者が付いていない)
  • 販売会社や信販会社などの会社名(所有者が付いている)

のどちらかが車検証の所有者欄に記載されているのが一般的です。

車検証の所有者欄が本人の場合は、特別な手続きは必要ありません。

ただし、無断で残債有りの車を売ることを禁止している信販会社がありますので、ローンの申込書やホームページなどで確認しておきましょう。

車売却に必要な書類は下記のとおり。

必要書類軽自動車普通車取得方法・注記
自動車検査証
(いわゆる車検証)
必要必要一般的には、自動車内に保管
自賠責保険証明書必要必要一般的には、自動車内に保管
自動車リサイクル券必要必要一般的には、自動車内に保管
軽自動車納税証明書必要軽自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている。
自動車納税証明書必要自動車税を支払ったときの控えとしてもらっている。
認印
(スタンプ印は不可)
必要朱肉で押す印鑑
実印必要印鑑登録をしている印鑑
印鑑登録証明書
(いわゆる印鑑証明)
必要住民登録をしている市区町村役場
自動車検査証記入申請書必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
委任状必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる
譲渡証明書必要一般的には、売却先のお店が準備してくれる

所有者が付いている残債有りの車を売るときは、残債を支払い、所有権解除書類を入手しなければなりません。

所有権が付いた残債有りの車を売るときは

  1. 残債を確認する
  2. 残債を一括で返済する
  3. 所有権解除書類を申請し受け取る

の3ステップが必要です。

残債額は、『月々の支払額×残りの支払い回数』ではありません。金融機関に問い合わせて残債額を確認しましょう。

残債の支払い方法は、口座引き落としか振り込みです。

残債額を現金で用意できる場合は、自分で手続きをおこないましょう。残債額を現金で用意できない場合は、売り先のお店へ相談してください。

売却価格が残債額よりも高い場合は、売り先のお店が売却価格の中から残債額を支払ってくれます。

売却価格が残債額よりも安い場合は、残債不足分のローンを組めることがあります。

全てのお店が対応している訳ではないので、事前に確認をしておきましょう。

残債額の支払いが済めば、所有権解除書類を入手します。入手した所有権解除書類は、車を売るときに必要な書類に添えて、車とともに引き渡しましょう。

所有権解除書類の申請は、自分でおこなうか売り先のお店に任せるかのどちらかです。

自分でおこなう場合は、

  1. ローンの完済を証明できる書類(金融機関により郵送)
  2. 所有権解除書類交付申請書(金融機関より入手)

の2点が必要です。

所有権解除書類交付申請書には実印を押印しなければいけません。

金融機関によっては、別途、

  • 印鑑証明(おおむね発行日より3か月以内)
  • 納税証明書(軽自動車の場合は、軽自動車納税証明書)

などが必要となるケースがあります。

売り先のお店から所有権解除書類の申請をしてもらう場合は、上記書類にプラス

  • 委任状(実印を押印)

が必要となるのが一般的ですが、金融機関によって若干異なります。

事前に確認をしておきましょう。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

市場に出回っていない中古車を探す裏技

なびくる+」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
なびくる+」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

【極秘】非公開車両満載!
プロが見つける中古車提案サービスはコチラ

シェアをお願いします。


コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。