車査定マニア
自動車ローン

自動車をローンで購入したけど、途中で乗り換えたいと思った場合や知り合いに譲って欲しいと言われた場合、ローン返済中でも車を売ることは出来るのでしょうか?

勝手に売るのはダメ!

自動車には「所有者」と「使用者」という立場があります。どちらもそのままの意味ですが、所有者は「自動車の所有権を持つ人」、使用者は「自動車をメインで使用する人」、という意味があります。

車を一括支払で購入した場合、「所有者・使用者共に購入者」となりますが、自動車をローンで購入する場合、通常()はそれぞれ以下の通りになります。

  • 所有者=ローン会社
  • 使用者=車の購入者

:「通常」と書いたのは、自動車ローンではなく、一般の銀行からの融資やカードローンで購入した場合は、所有権は購入者となることが多い為です。

車を買っても、それは自分の物ではなく「返済をするまではローン会社の物」ということですね。

不動産をローンで購入するときは、所有権は購入者にあり、その不動産の担保権者が金融機関になるのですが、自動車ローンの場合は、「所有権留保」という方法が採用され、債務を返済するまではローン会社が所有権を持つ事になるのです。

所有権がローン会社にあることで、何が起こるかと言うと・・・
勝手に売却が出来ない!のです。

つまり、ローン返済中の車は自分の物ではない以上、ローン会社に許可を得ずに他に売る事は出来ないのです(車の名義変更には所有者の同意が必要となります)。

では「ローン会社に連絡をしたら許可をくれるのか?」というと答えは「NO」です。

ローン会社に連絡すると原則は「ローンの残額を一括で返済してください。」と言われる事になります。

どうしても売りたい場合は?

上記の通り、ローン返済中は車を勝手に売却する事は出来ません。では、どうしてもその車を売却をしたい場合はどうすればいいでしょうか?

それには、原則としてまずはローン会社の言う通りにローンの残額を一括で返済し、所有権を自分に移してもらう必要があります。

「それが出来れば苦労はない!」と聞こえて来そうですね。車を売却したお金で新しい車を買おうと思うのが通常でしょうからね。以下の2つのパターンに分けて見てみましょう。

①知り合いに売却するとき

知り合いに売却しようと思っている場合は、「知り合いから先に代金を受取り、そのお金でローン会社に一括返済し所有権を一旦自分に戻し、それをすぐに知り合いに移す」という方法があります。

中には、ローン会社に内緒で友人に売却して、毎月友人からローン分のお金を受け取りローン会社に返済している、という方もいるかもしれません。ですが、この方法は税金の問題(*1)や、交通事故に遭遇した時に問題となりかねないので、やめておいた方が良いでしょう。

*1 名義変更が行われていないと毎年の自動車税が自分の元に届く事になります。人間誰しも余計なお金は払いたくないものですから、自動車を使っているのは友人なのに自動車税の代金を支払ってくれず、友人関係がこじれる・・・なんてことも良く聞きます。

なお、ローン会社によっては、車の売却予定者がローンの返済を引き継ぐことを主張すると、使用者の変更をしてくれる場合があります(売却予定者はローン会社の審査に通る事が必要です。)

②乗り換えや単に売却したいとき

一方で、乗り換えや単に車が不要になり売却をしたい、と考えている場合は自分でなんとかしなければなりません。例えば、銀行での融資やカードローン(自動車ローンより金利は高めです)で一時的にお金を借りて、ローンを返済し、車を売却したお金で融資やカードローンを返済するという方法があります。

また、中古車買取店の中には、ローンが残っている車でも買取をしてくれる(代わりに一括でローン返済をしてくれる)ことがあります。そして「買取金額<ローン残額」の場合は、残った差額を買取店に返済するという仕組みです。

例えば、車買取の「カーセブン」では、カーセブンがローンの残債を一括で返済した上で、車の買取額とローン残額との差額を「フォロークレジット」と呼ばれる独自の返済システムを利用して、ユーザーが愛車を好きな時に売却できるような支援制度を導入しています。

その店で車を新たに買って乗り換えるのであれば、新たにローンを組んでもらい、差額をローンに組み込むこともあります。乗り換えや手放したいと考えている方は、1度相談に行ってみるのも良いでしょう。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス