車査定のマニア

カーセンサーなどのWEBサイトで中古車を検索する時、価格などの情報に加えて「禁煙車」か「喫煙車」かにチェックを入れて車を絞り込む事が出来ます。

こういうチェック項目が有るという事は、多くの人が自分のお目当ての車が「禁煙車」なのか「喫煙車」なのか気にしている証拠でしょう。

購買行動としても、タバコを吸っていない人は当然のように禁煙車を選びますし、タバコを吸っている人だってどちらかと言えば禁煙車を選ぶ事が多いです。つまり、裏を返せば喫煙車は買い手が付きにくいので高く売れない可能性が高いと言う事が出来ます。

では、タバコのニオイ・ヤニや焦げ跡が有ると、査定時にどれだけマイナス評価となるのでしょうか?

タバコ以外に車内のニオイで気を付けたいのは「ペットのニオイ」です。これもマイナス査定の対象です。

タバコは車の査定にも百害有って一利無し

日本自動車査定協会(JAAI)が定める査定基準では、タバコのニオイ・ヤニの有る車・焦げ跡が有る車は減点対象です。基準には、タバコを理由にプラス査定をする事はどこにも規定されていません。

タバコは人にとっても車にとっても「百害有って一利無し」という事です。

車内でタバコ

タバコのニオイ・ヤニによる減点

冒頭でも書いたように、タバコのニオイ・ヤニの有る車を積極的に購入しようとは誰も思いません。買い手が付き難くなるため、タバコのニオイ・ヤニが有る車は大きな減点を受けます。

どれだけ減点を受けるかは、以下の通りです(およそ「1点=1,000円」で換算します)。

  • タバコのニオイが有る車・・・減点40点
  • 天井や内張り等にヤニが染み付いている車・・・減点60点

タバコのニオイとヤニが両方有る場合は「減点60点」となります。

焦げ跡による減点

タバコの灰を落とさないようにどれだけ気を付けていても、必ず車内のどこかに灰は落ちてしまいます。その灰が車のシートやフロアマットに焦げ跡を残します。焦げ跡は当然マイナス査定になります。

基準には、焦げ跡の「サイズ」と「数」に応じて「修理」と「交換・張替」の2つの査定区分が設けられています。交換・張替とされれば大きな減点を受けます。

  • 1cm未満のタバコの焦げ跡が2個以内の場合・・・修理
  • 1cm未満のタバコのタバコの焦げ跡が3個以上の場合・・・交換・張替
  • 1cm以上のタバコの焦げ跡の場合・・・交換・張替

修理の場合は「10点」の減点を受けます。

交換・張替の場合の減点内容は、タバコの焦げ跡が付きやすい「シート」を例にして見てみましょう。

シートの減点(参考:日本自動車査定協会)

クッションはシートの座面部分、バックは背もたれの部分の事です。

車内でタバコを吸っているだけで、こんなにも減点を受ける可能性が有ります。そのため、マイナス査定を受けないために、普段から対策を講じておいた方が良いでしょう。

喫煙でマイナス査定を受けないための対策

まず最初に思い浮かぶ方法は「禁煙」ですよね。確かに禁煙すればタバコのニオイ等による減点を防ぐ事が出来ます。また、体の健康にも良い方法です。

禁煙

しかし、禁煙はそう簡単に出来るものでは有りませんよね。であるならば、「禁煙車」にしてみては如何でしょうか。車の中でタバコを吸わなければ、禁煙と同じ効果を得る事が出来ます。

また、タバコを吸いながら運転していると、灰が落ちた時などにそちらに気を取られて運転に集中できない事が有りますよね。最悪の場合、交通事故を引き起こしてしまう可能性も有りますので、タバコは止められなくても車内禁煙だけは徹底した方が安全ですよ。

どうしても車内でタバコを我慢できない場合の対策

どうしても喫煙を我慢出来ない人は、シートカバー等を付けて焦げ跡が出来ないようにしましょう。また、ニオイが車内に残らないように、車内でタバコを吸う時は窓を開けて換気するようにしましょう。

しかし、どれだけ対策をしたとしても、タバコによるマイナス査定を確実に避けられる方法は有りません。やはりマイナス査定を避けるには、【車内禁煙】を実施するのが一番良いのかなと思います。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス