1. 車査定のマニア
  2. 車のローン
  3. ≫自動車ローンの借り換えをする時のポイント・注意点

自動車ローンの借り換えをする時のポイント・注意点

勤続年数等が足りず金融機関のマイカーローンの審査に落ちて、止む無く金利の高い「ディーラーの信販クレジット」を組まざるを得なかった人や、運悪く利率が高い時期に自動車ローンを組んでしまった人の中には、出来ればどこかのタイミングで借り換えをしたいと考えている人も多いでしょう。

そこで、今回は自動車ローンの借り換えをする時の注意点やポイントを紹介していきたいと思います。

自動車ローンの借り換えをするメリット・デメリット

まず、メリットとしては総支払額(利息費用)を少なく出来る可能性が有る事が挙げられます。あと、人によっては、借り換えをすることによって返済期間を伸ばせる場合が有ることもメリットになるでしょう。(*1)。

*1 毎月の返済が厳しいからと言って”返済期間”を伸ばすのは賢明な選択では有りません。その事はよく理解しておいて下さい。

一方でデメリットとしては、借り換えのローンを組むために再度審査を受けたり、手続きの為に必要な書類集めをしたりしなければならないという事が挙げられます。要は「手間がかかる」という事ですね。

借り換えする時にチェックするポイント・注意点

では、「メリット・デメリット」を踏まえた上で借り換えローンに申し込む時のポイント・注意点を見ていきましょう。

金利差に注目する

とにもかくにも借り換えをする時は【金利差】に注目して下さい。金利差が大きければ大きいほど、利息費用を節約できる可能性が有りますので、まずはそこに着目。

試しに、以下の条件で金利の安いローンに乗り換えると、どれくらい金利負担が軽くなるのか計算してみました。

計算の前提条件

○借入元本100万円 ○返済期間3年 ○返済方法:元利均等返済 ○金利タイプ:固定金利 ○金融機関のローン金利:2%と仮定 ○ディーラーなどの信販ローンの金利:8%と仮定

結果はこちら。

金利が6%もあると、借入元本100万円・返済期間3年でも利息費用の差額として約10万円発生します。信販クレジットを利用しているなら、ぜひ借り換えしたい所。

ただ、借り換えをするにあたっては、以下のセクションで書いている手数料にも着目する必要が有ります。

項目/ローン種別2%(金融機関系)8%(信販ローン)差額
月々返済額28,64231,3362,694
総返済額1,031,1121,128,09696,984
利息31,112128,09696,984

手数料や保証料も加味した総支払額で比較しよう!

金利差だけで判断できるなら非常に簡単なのですが、ローンを借り換えするにあたってはモロモロの費用が発生します。諸費用が金利負担軽減分よりも高くなってしまうと、損をしてしまいますので、こちらもしっかりとチェック。

■借り換えにかかる主な費用

  • 借り換え元に払う手数料・・・○繰上げ返済手数料
  • 借り換え先に払う手数料・・・○事務手数料 ○印紙代(契約書) ○保証料(金利別表示の場合)
契約先のローン会社等々によっては他にも手数料がかかるかもしれませんが、代表的なものは上記の通りです。

特に注意すべきなのは「保証料」ですね。全ての金融機関が保証料込みの実質金利を常に表示してくれれば良いのですが、未だに保証料を別立てて表示している金融機関も多いです。

ただ、「繰上げ返済手数料」にしろ「事務手数料」にしろ、金融機関によっては不要としている所も有るようなので、必ずWEBサイトや電話等々で情報収集をするようにして下さい。

あと、忘れがちなのが自分の人件費部分です。結果として借り換えしても総額1万円程度しか安くならないのであれば、借り換えに要した時間を趣味に使ったり、残業代に使ったりした方が有意義な時間を過ごせるかもしれませんからね。

これらの費用も踏まえた上で【借り換えが得なのか・損なのか】を総合的に判断するようにして下さい。

金利タイプ【固定・変動】も一応チェック

こちらの記事でも書いたように、自動車ローンはそもそも借入期間が短いので、あまり「固定金利を選ぶか・変動金利を選ぶか」についてシビアになる必要は有りません。借り換えなら期間も更に短くなるでしょうから尚更です。

ただ、本当にキツキツの財布状況の中でローンを借りている家庭の場合には、固定金利か変動金利なのかもチェックしておきましょう。近々子供が生まれる予定で、出来れば毎月の支出額を確定させたいと言うのであれば「固定金利」にした方が良いでしょうし、できるだけ安く借りたいなら「変動金利」の方が良いでしょう(*)。

* 2016年現在の判断です。

まとめ

ローンの利息は日々発生しています。借り換えすることで少しでも利息が減る可能性が有るのであれば、シミュレーションサイトなどを活用しながら、できるだけ早く行動に移しましょう。

最近のマイカーローンは、わざわざ店舗まで足を運ばなくてもネット上で審査や手続きまで出来る所も多いですよ!手続きの流れ等々は下記記事をご参照下さい。

マイカーローンの借り換え手続きの流れや細かな疑問を解説

金融のプロに聞いた!今オススメの自動車ローン

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン」なら、上限金利が2.85%と低いのが魅力!下限金利も1.9%と安く固定金利なので安心ですよね。

・ネットで完結【来店不要】
・最短、即日に審査が完了
・土日祝も対応

まずは一度ネットで審査をしてみよう

上限金利が安く固定金利なのでオススメ
即日審査の損保ジャパン日本興亜のマイカーローンはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。