1. 車査定のマニア
  2. 車のローン
  3. ≫車金融の甘い誘惑に騙されるな!審査と担保の仕組みや悪質業者の対処法

車金融の甘い誘惑に騙されるな!審査と担保の仕組みや悪質業者の対処法

「車金融」とは車を担保にお金を借りる方法ですが、一般的に深く理解されていないのが実情で、あなたもその一人かもしれません。

もし「車金融」について調べているなら、以下のような疑問を持っていませんか?

  • そもそも車金融って何なのか、基礎的な知識を知りたい
  • 車金融のメリットって何?
  • 車金融の危険って聞いたけど本当?リスクは回避できる?
  • なるべくなら使いたくないのだけど、車金融以外の選択肢はある?

今回の記事では、上記のような「車金融」に関する疑問が、すっきり解決できる知識を紹介していきます。

この記事を最後まで読んでもらうだけで、車金融を理解するために必要な知識をバッチリ網羅できますよ。

ではさっそく解説していきましょう。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

審査はどう行われる?車金融の基礎知識

車を担保にする

この章であなたが得ることができる知識の要点をまとめると、以下の通りになります。

  • 車金融とは車を「担保」としてお金を借りるシステム
  • 車金融は審査が実施されておらず在籍確認もしていない
  • ローンの残債の審査だけは車金融でも実施される

要点をおさえてもらったところで、さっそく次項より詳しい解説を見ていきましょう。

車金融とは車を「担保」としてお金を借りるシステム

審査が厳しい方たち間で注目されているのが、俗にいう「車金融」と呼ばれる方法です。

これは何かというと、簡単に言えば車を「担保」と位置付けてお金を借りるシステムのこと。

「マイカーローンとなにがちがうの?」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

マイカーローンの場合、借りたお金はクルマの購入資金以外で使うことは不可能ですが、車金融で借りたお金は原則使い道の制限がなしです。

会社の運転資金に使ってももちろん問題ないですので、利用目的に制限がない点が大きな相違点といえます。

車金融は審査が実施されておらず在籍確認もしていない

車金融でお金を借りる際、気にするポイントの一つが「審査」でしょう。

車金融の大きな特徴としては、審査が実施されていないということ。

消費者金融の審査のように、勤務先に連絡が入ってくる「在籍確認」をされる必要も全くないです。

ローンの残債の審査だけは車金融でも実施される

1つだけ審査でみられる部分があり、それは「車の残債」です。

車金融ではローン返済中の車である場合にも融資可能なのですが、並はずれてローンの残債が多い車では借り入れ拒否されてしまいます。

つまり、ローンの残債の審査だけは実行されるということなのです。

以上、「審査はどう行われる?車金融の基礎知識」について解説しました。

では具体的な「車金融のメリット」は一体何になるのでしょうか。

一般的な「担保ローン」との違いとともに、次章で詳しく解説していきます。

車金融のメリットと担保ローンとの違い

この章であなたが知ることが可能な知識の要点をピックアップすると、以下の通りになります。

  • 車金融の最大のポイントは「ブラック」でも利用可能なこと
  • 訳ありの車でも担保にして融資を受けることができる
  • 車金融と不動産投資ローンはメリットが全然違う金融商品

要点を確認してもらったところで、次項より具体的な解説について見ていきましょう。

車金融の最大のポイントは「ブラック」でも利用可能なこと

車金融のメリットとして最大のポイントは「ブラックリストに入った人」でも借りやすくなっている点でしょう。

債務整理歴などがあっても担保にする車さえ存在すれば、基本的に融資を実行してもらえます。

また「少額融資」に対応しているということも魅力です。

最低融資額が1万円や5万円からの業者が当たり前で、必要な分だけの借り入れができます。

さらに「保証人不要」なので、1人で融資を実行できることができるのも利点です。

なお車金融が基本的に「秘密厳守」で仕事先の会社に在籍確認の電話をされることがないので、会社にバレる心配をする必要もありません。

訳ありの車でも担保にして融資を受けることができる

担保にする車は「車検切れ」であっても問題なく、「傷が多い車」など、訳ありの車を担保にすることが可能です。

業者によっては、一般的な車だけが担保対象だけです。

しかし大体の車金融会社が、車以外(ダンプカーやバイク)なども担保にして融資してくれますよ。

車金融と不動産投資ローンはメリットが全然違う金融商品

車金融のように「担保にする借金」と耳にすれば「不動産担保ローン」を真っ先に思い浮かべる人も少なくないはず。

一緒くたにする人がいますが、車金融と不動産投資ローンは全然メリットが違うので、あらかじめ理解しておきましょう。

不動産担保ローンは高額融資が受けられるアドバンテージがありますが、同時に少額融資が得られないというデメリットもあります。

金融機関によって異なりますが、最低でも貸し出し金額が100万円~500万円としてデザインされていて、数万円や数十万円の融資を受けるのが不可能です。

またもちろんですが、持ち家・マンション等々、なかなか入手することが難しい「不動産」を持っていないと借り入れることはできません。

ただ、不動産担保ローンには「低金利」というアドバンテージもあるうえ、総量規制(年収の1/3を超える借り入れは実現不可能)の除外対象でもあります。

そのため、車金融にはない大きなアドバンテージがあるのは間違いないでしょう。

以上、「車金融のメリットと担保ローンとの違い」を紹介しました。

しかし車金融にはメリットだけでなく、危険性も存在します。

そこで次章では「車金融の危険性」を対処方法とともに、詳しく紹介していきます。

闇金と変わらない?車金融の危険性とリスク回避方法

車を売られる

この章であなたにおさえておいてもらいたい知識に関する要点を先に伝えると、以下の通りになります。

  • 車金融はオフィシャルな業者もあるが悪質な業者もかなり多い
  • 色々といちゃもんを付けてお金を搾り取ろうとしてくる
  • 「登録貸金業者情報検索サービス」で事前に業者チェックをする

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

車金融はオフィシャルな業者もあるが悪質な業者もかなり多い

車金融には自治体から営業許可を得ているオフィシャルな業者もありますが、ヤミ金や悪質な業者もかなり多いです。

法外な金利を要求してくる業者や、金利とは別に手間賃・リース料を請求してくるのが悪徳業者のやり口です。

最初に提案された金利が法定金利(18%以内)でも、何かと理由をつけて最終的に金利が法定金利をオーバーしてしまう場合も多くなっています。

色々といちゃもんを付けてお金を搾り取ろうとしてくる

悪徳業者は「車検の名義換えに費用が掛かってくる」などと言って、万単位で手数料をオーダーしてくる場合があります。

筆者も100,000円も手数料をとられたという利用者に実際に会ったことがあるほど。

しかし実際に陸運局で名義変更に必要になる「移転登録手数料」は500円です。

用紙代30円を入れても100,000円には遠く及ばないコストなので、どう考えても悪質といわざるを得ません。

さらにリース料(レンタル料金)や保管料を無理強いしてくる業者もいます。

車を担保にして車検証の名義を書き換えると、オーナーは貸金業者になります。

つまり「車を貸金業者から借りて乗っている状態が一時的に発生した」といちゃもんをつけられ、リース料を要求されるのです。

また査定中に停めていただけなのに「車の保管料」などとして、法外な費用を要求してきます。

こうやって、明示していない利用を次々とオーダーして、お金を搾り取ろうとしてくるのが悪徳業者の手口なのです。

対処法は「登録貸金業者情報検索サービス」で事前に業者チェックをする

法外な金利を要求してくる業者もいて、それらはほとんど無許可営業の業者です。

全ての業者が危険というわけではないですが、「車金融」という制度そのものには多くの悪徳業者が潜んでいることを忘れてはいけません。

だからこそ自分が使おうとしている業者が、キチンとした業者かどうかを事前にチェックするのが必要です。

チェックするのは意外と簡単で、「登録貸金業者情報検索サービス」にアクセスして業者名を入力するだけです。

入力して名前が出てこない業者は高確率で悪徳業者なので、使わないでください。

以上、「闇金と変わらない?車金融の危険性とリスク回避方法」を詳しく見ていきました。

車金融の危険性を知ってしまうと「他の方法はないのか?」と思うことでしょう。

そこで次章では「車金融以外の選択肢」について、詳しく見ていきます。

無理矢理使う必要はない?車金融以外の選択肢

ローンの申込書

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

  • 「無担保ローン」の方が融資金額も多くて金利も低い
  • どうしても車が必要でないなら自動車を売却して現金化する
  • 「自転車操業」をするつもりなら「債務整理」を選ぶのがベスト

ではさっそくそれぞれの要点について、次項より詳しい解説をしていきましょう。

「無担保ローン」の方が融資金額も多くて金利も低い

お金を借りたいと考えていて、車という担保が存在するなら車金融を使ってみようと望まれているかもしれません。

しかし単純にお金を借りるのであれば、もっと他にいいやり方があります。

具体的には普通の銀行カードローンを代表とする「無担保ローン」を利用するほうが、融資金額も多く、金利そのものも安くつくケースが多いです。

たとえば、一般的なカードローンなら最高500万円まで融資されて、金利も1ケタまで抑えられることでしょう。

今すぐ借りたいというのであれば、CMでよく見かけるような消費者金融も悪くありません。

金利は法定ですし、信用度があるあるレベル以上あるなら金利も安くなります。

CMでよく見るような会社であれば、WEB申込によって最短1時間融資が可能で、夜間休日でも融資可能です。

ただし、筆者としては、銀行カードローンやキャッシングもよっぽどではない限り借りないほうが良いと思っています。

一度借りてしまうと、自分のお金があると勘違いして、どんどんエスカレートしてしまい、借金地獄になってきた人を何人も見てきています・・・

どうしても車が必要でないなら自動車を売却して現金化する

では「車金融」を選ばざるを得ない状態になっているときは、どうすればいいのでしょうか。

どうしても車が必要、という理由されなければ、いっそのこと自動車を売却して現金化してしまいましょう。

「車金融」の金利はカードローンなどにくらべて圧倒的に高い上、悪徳業者にひっかかるリスクもあります。

いっそのこと車を売却してしまえば、売り払ったことで得たお金の全額があなたのものになります。

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

つまりまとまった現金が自分のモノになるわけです。

また車は持っているだけでガソリン代や駐車場代など、大きな維持費がかかりますし、車がいるなら他の選択肢だってあります。

「車金融」を利用せざるを得ない状況に追い込まれているのなら、一度車を手放して、手に入れた現金で生活を立て直すことにトライしてみてはどうでしょうか。

「自転車操業」をするつもりなら「債務整理」を選ぶのがベスト

「なんとかお金を用意しなければならない」「だけど自動車も残しておきたい」と思っている人もいるでしょう。

車金融で得たお金で「自転車操業」をするつもりなのであれば、「債務整理」を選ぶのがいいかもしれません。

債務整理で有名な方法としては「自己破産」があります。

ただ、自己破産をすると、20万円超の値打ちがある車は没収されてしまうのがウイークポイントです。

さらにもし自動車ローン利用中なら、あなたの車は所有権的にはローン会社のモノなので、結果的に没収されてしまいます。

このような事情があるため自己破産はおすすめできず、現実的には「任意整理」を選択することになるでしょう。

「任意整理」は車を残して、毎月のローン支払いを最適化してくれる方法です。

任意整理をすれば結果的にローンの支払いも楽になり、車も手元に残ります。

もしも自動車ローン以外に借金があるうえで、車も手放したくないのなら、「任意整理」一択といっても過言ではありません。

以上、「無理矢理使う必要はない?車金融以外の選択肢」について解説してきました。

この章で解説した知識は「車金融」を理解する上で重要な知識なので、必ずおさえておくようにしてください。

まとめ

以上、「車金融」をテーマとして、多種多様な知識をレクチャーしてきましたが、いかがだったでしょうか?

車金融とは車を「担保」としてお金を借りるシステムで、審査が実施されておらず在籍確認もしていません。

しかしローンの残債の審査だけは、車金融でも実施されるようになっています。

そんな車金融ですが、オフィシャルな業者もありますが悪質な業者もかなり多いのが問題です。

悪質な業者に当たると、色々といちゃもんを付けてお金を搾り取ろうとしてくるので、「登録貸金業者情報検索サービス」で事前に業者チェックをするようにしましょう。

なお、車金融以外の選択肢もたくさんあるため、無理に使う必要はありません。

銀行や消費者金融の「無担保ローン」の方が融資金額も多くて金利も低いですし、車が必要でないなら自動車を売却して現金化するのもアリです。

また車金融を使って「自転車操業」をするつもりなら、「債務整理」を選ぶといいでしょう。

金融のプロに聞いた!今オススメの自動車ローン

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン」なら、上限金利が2.85%と低いのが魅力!下限金利も1.9%と安く固定金利なので安心ですよね。

・ネットで完結【来店不要】
・最短、即日に審査が完了
・土日祝も対応

まずは一度ネットで審査をしてみよう

上限金利が安く固定金利なのでオススメ
即日審査の損保ジャパン日本興亜のマイカーローンはコチラ

【裏技】愛車の最高額が30秒でわかる&最高額で売る方法

ユーカーパック」なら30秒であなたの愛車の最高額をチェック!
個人情報が流れず、電話も査定も1社のみで、営業電話なし。
最大2,000社があなたの車に入札。ネットで入札買取額を見ているだけ。
希望額に届かなければ売らなくても大丈夫です。

愛車の最高額を30秒でチェック
ユーカーパック公式サイトはコチラ


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

ボロボロ車や事故車でも高額査定!
カーセンサー一括査定はコチラ

シェアをお願いします。


車のローン コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA