どちらが良いのか徹底比較!新車と中古車のトータルコストの違い

 
心の声

新車と中古車であれば、トータルコストはどっちが安くなるの?なんとなく、新しいので新車の方が安くなりそうな気がするけど…

確かに新車の方が、イメージ的に中古車よりもトータルコストが安くなるのではないかと思いがちです。

しかし実は、新車の方がトータルコストは高いことをご存知でしたでしょうか?

もし、この事実を知らなければ、両者のトータルコストについて間違った知識を持ったままになっていたことでしょう。

しかし、ご安心ください。今回の記事では、なぜ新車の方がトータルコストが高くなるのかを解説していきます。

新車と中古車、どちらがトータルコストが高いのか気になっている人は、必見の内容となっていますよ。ぜひ最後までご覧ください。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

ズバット車販売 公式サイト

【裏技】愛車の最高額が45秒でわかる&最高額で売る方法

かんたん車査定ガイド」なら45秒であなたの愛車の相場をチェック!
相場を調べるだけ、売らなくてもOK

かんたん車査定ガイド公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

スポンサーリンク

【結論】トータルコストは中古車より新車の方が高い

在庫コスト

今回の記事における”トータルコスト”とは、「車体購入価格+1年間にかかる維持費」と定義します。

つまり、以下のような費用を合わせてトータルコストとします。

  • 車体購入価格
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 自動車取得税
  • 車検費用
  • 自動車重量税
  • 自動車税
  • 駐車場代
  • ガソリン代

「修理代」も維持費として考えられますが、車ごとの個体差が多いのと、1年のうちでは修理代が発生しない場合があるので、今回は除外しました。
そして、「任意保険」は一般的な補償内容に入ったと仮定します。

では結論からいいますが・・車体購入価格の差が響いて、新車の方がトータルコストが多くなります。

ではトヨタの「アクア」(Gグレード)を新車と中古車で購入したと想定して、それぞれの内訳をみていきましょう。

新車のトータルコスト

新車のトータルコストを一覧化すると、以下のようになります。

  • 車体購入価格・・205万円(税込み)
  • 自賠責保険・・16,530円
  • 任意保険・・60,000円
  • 自動車取得税・・61,560円
  • 車検費用・・47,000円
  • 自動車重量税・・7,500円
  • 自動車税・・10,000円
  • 駐車場代・・90,000円
  • ガソリン代・・96,000円

中古車のトータルコスト

中古車のトータルコストは、以下のようになります。

  • 車体購入価格・・60万円(税込み)
  • 自賠責保険・・16,530円
  • 任意保険・・60,000円
  • 自動車取得税・・61,560円
  • 車検費用・・47,000円
  • 自動車重量税・・7,500円
  • 自動車税・・34,500円
  • 駐車場代・・90,000円
  • ガソリン代・・96,000円

【総評】新車と中古車のトータルコストを比較!どっちを買うべき?

コストパフォーマンス

新車と中古車のトータルコストを比較すると、以下のようになります。

項目新車の金額(円)中古車の金額(円)金額差
車体購入価格2,050,000600,000新車が145万円高い
自賠責保険16,53016,530なし
任意保険60,00060,000なし
自動車取得税61,56061,560なし
車検費用47,00047,000なし
自動車重量税7,5007,500なし
自動車税10,00034,500中古車が約2.5万円高い
駐車場代90,00090,000なし
ガソリン代96,00096,000なし

車体購入価格が、新車のトータルコストの足を引っ張っていますね。

車体購入価格以外の費用では新車の方が良いですが、それ以外は差がないのも新車の方がトータルコストが高い原因でしょう。

結構な金額になる「任意保険」「税金関係」や「駐車場代」も、”新車か中古か”という括りでは変わりません。はっきりいって、違うのは「自動車税」だけです。

今回はエコカーであるトヨタの「アクア」で比較していますので、自動車重量税に差は出ていませんが、もしエコカー減税の対象外車なら、49,200円の差が付きます。ただ、最近の車はほとんどエコカー減税の対象車なので、差がつくことは珍しいかもしれませんね。

また、意外と思われるかもしれませんが、ガソリン代だって新車と中古車では変わりはないですからね。場合によっては、中古車の方が燃費が良い場合も。

中古車情報サイトである「グーネット」が、”車の年式が重ねていくにつれ燃費が劣化していくのか”という興味深い実験をしてくれています。

テストしたのは、新車でも中古車でも人気のプリウス。中古車は先々代型の2代目モデルを用意した。年式は古いが、トヨタが開発費を相当かけたと言われる、当時から世界トップクラスの燃費性能をもつモデルだ。
現役王者が大勝するかと思いきや、ストップ&ゴーの多い一般道では先々代型が1km/L以上の差をつけて勝利。高速でほぼ同数値に。両車ともかなり優秀だが、先々代型の低燃費さに驚かされる結果に。

以上の点から、トータルコストという観点で考えると、新車より中古車を購入すべき、という結論になります。

心の声

確かにそうだけど、車体購入価格が足を引っ張っているなら、維持費そのものは新車の方が良いなのでは?

はい、確かにその通りです。ただ、維持費の違いは約2.5万円なんですよね・・。

新車価格と中古価格の差が2.5万円というモデルはそうそうないですから、やはり新車の方がトータルコストが高くならざるをえないでしょう。

まとめ

今回は新車と中古車のトータルコストの違いについて解説してきました。

新車の方がトータルコストは、高いことを理解いただけたと思います。

もし新車と中古車のトータルコストの違いについて気になっているのであれば、ぜひ今回解説した内容を参考にしてみてください。

以上「どちらが良いか徹底比較!新車と中古車のトータルコストの違い」でした。

市場に出回っていない中古車を探す裏技

ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

ズバット車販売 公式サイト

【裏技】愛車の最高額が45秒でわかる&最高額で売る方法

かんたん車査定ガイド」なら45秒であなたの愛車の相場をチェック!
相場を調べるだけ、売らなくてもOK

かんたん車査定ガイド公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA