車査定マニア
利息計算

車をローンで購入すると、毎月一定額の返済をしなければなりません。しかし、毎月利息を支払うのは勿体無いので、なんとか早めに返済を終わらせたい!と思っている人も多いと思います。

ローンを早期完済させる方法としては以下の2つの方法が有りますね。

  • 繰上返済・・・毎月の返済に加えて、残債の一部を返済する
  • 一括返済・・・残債を一括で全額返済する

:中には契約上、一部繰上返済を認めていないローン会社もあります。

ここでは早期返済方法の1つである「一括返済」について、計算方法や注意点を見ていきましょう。

車のローンを一括返済する時はまず相談

車のローンの残額を一括返済しようと思ったら、まずは返済をしているローン会社や金融機関などに相談をしましょう。

いつ返済をするか、どの様に返済するか(振込か引き落としか)などについて説明をして貰う事が出来ます。

一括返済額の計算方法

ローン残高を一括返済する場合、いくらを支払えばいいかは契約時の返済予定表等を見ればおおよその金額が分かります。また、ホンダファイナンスの様にローン会社のホームページに会員専用ページがある場合は、リアルタイムな残高や一括返済時の支払額なども知る事も出来ます。

利息に注意

手元に返済予定表があれば問題無いですが、何となく毎月の返済額から残債を予想する場合、利息を考慮する事を忘れてしまう方がいるので注意が必要です。

利息計算

どういう事かと言うと、例えば、「200万のローンを36回払いで借りた場合」で、12回払った時点で一括返済をするとします。

12回返済したので、単純に「200万円ー(200万円÷36回×12回)=133万円」が残りの金額だと思うかもしれませんが、それは間違いです。

毎月返済している金額には利息部分が含まれているので、実際には毎月の返済額から利息部分を引いた金額が元本となります。上記の計算の様に、何となくの一括返済額を予想していると、意外に残債が多くてびっくりすることがあるので、注意しましょうね。

一括返済時の計算例

では、一括返済をした場合にの返済額がどうなるかを以下の前提条件を元に見てみましょう(一部集約して表示しています)。

前提条件

借入額:500万円
返済方式:元利均等返済
金利:3%
返済期間:5年
借入年月:2016年1月(返済は2月から)
一括返済日:2017年5月16日

回目年/月返済額元金分利息分借入残高
1〜11合計2016年12月988,273861,493126,7804,138,507
122017年1月89,84379,49710,3464,059,010
132017年2月89,84379,69610,1473,979,314
142017年3月89,84379,8959,9483,899,419
152017年4月89,84380,0959,7483,819,324
162017年5月3,824,0333,819,3244,7090
合計5,171,6785,000,000171,678

なお、一括返済時は、月初から返済日までの日割計算で利息を支払うことになるので、元本に4,709円(3,819,324円×3%÷365日×15日)を足した金額となっています。

では、上記の前提条件で一括返済した場合と一括返済をせずに最後まで毎月支払を続けた場合では、どれくらい利息に差が出たのでしょうか?

 返済合計額元金利息合計
一括返済しなかった場合5,390,5795,000,000390,579
一括返済した場合5,171,6785,000,000171,678

比べてみると、一括返済した方が利息の支払が219,901円少なくなりました。正直言って、利息は本当無駄なので一括返済もしくは繰上げ返済出来る余裕資金が有るのであれば、積極的に行っていきたいですね。

但し、「車を現金一括ではなくローンで購入した方が良い場合【番外編】」でも書いているように、ローン金利以上のリターンを見込める金融資産等に投資している場合はそのままローンを支払った方が得です。詳細は参考記事を御覧ください。

なお、金利の端数計算などの取扱については、ローン会社によって異なるので、詳細は契約しているローン会社に問い合わせる様にして下さいね。

アドオン方式の場合は注意が必要!

アドオン方式とは、ディーラーのローンや信販系の会社でローンを組む際に、使用されることの多い支払方法です。

車のローンにおける年利と実質年利(年率)の違いと計算方法

アドオン方式では、予め計算した利息の総額を元本に加えて、分割回数で割る事で毎月の返済方法を算出するので、毎月の返済額は同額になります。但し、予め契約した分割回数で返済することを前提とした金利計算をしているので、一括返済をした場合、「戻し利息」として一部返金がされる事になります。

この戻し利息の算出には、78(シチハチ)分法という複雑な計算方法を用いられるので、個人の方が自力で計算するのは非常に難しいです。自分のローンがアドオン方式で計算されている場合は、ローン会社に試算をして貰う様にして下さいね。

一括返済はお得?!手数料があるから損?!

ローンを組むと毎月元本と利息を返済することになりますが、一括返済をすると上記の計算例で見た様に、本来であれば完済するまで毎月支払うはずだった利息分が不要となります。従って、一括返済をすることで、未返済の元本に係る利息分が節約出来る事になります。

しかし、ローン会社は、利用者が支払う利息で儲けを得ているので、当初の予定より早く返済をされてしまうと、儲けが減ることになり困ってしまいます。そこで、ローン会社によっては、早期返済をする場合に手数料を課していることが有ります。

一括返済

そして、容易に早期返済をさせない為に、この手数料は高めに設定されている事が多いです。利息を払いたく無いが為に早期返済をしたのに、手数料が高くて逆に損をしてしまった、というケースもあります。

車の購入時から早期返済を予定している方は、ローン契約時に早期返済の手数料がかかるのか、かかるのであればいくらなのか、をしっかりと把握しておきましょうね。

住信SBIネット銀行

マイカーローンに住信SBIネット銀行のMR.自動車ローンを選ぶ人が増えています。
金利は2017年11月1日現在で「1.775%~3.975%」と非常に低金利。他にも、

  • ネットのみで手続き完了(来店不要)
  • 繰上返済手数料0円(何度でも)
  • 100万円までなら年収証明不要
  • 車を選ぶ前でも仮審査申込OK

などドライバーに嬉しい特徴多数。SBIグループの商品利用状況によって金利優遇も受けられるのでチェックしておいて損はありません。

しずぎんマイカーローンの区切り(PC)

"しずぎんマイカーローン"は、上限金利が3.4%とSBIネット銀行と比べてもかなり低いので、保守派の人に人気のローンです。もちろん全国対応してます。

こちらも「来店不要・保証料/繰上手数料無料・車購入前でも仮審査OK」なのが強み!

公式サイトで5秒でできる簡易シュミレーション機能が公開されているので、そちらをやってみて借入可能か判断するのも良いと思いますよ。

しずぎんマイカーローン(PC)

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定