車査定マニア
制動距離

空走距離と制動距離と停止距離のそれぞれの意味を覚えていますか?車を運転する以上、これら3つの距離の意味と計算方法くらいは把握しておいた方が良いです。

今回は空走距離と制動距離と停止距離の意味や様々な路面状態でのそれぞれの距離を紹介したいと思います。

空走距離

空走距離とは、運転手が危険を察知してからブレーキを踏むまでに車が進む距離を言います。

イメージしにくい人は、鉛筆やペンを落として掴み取るゲームをしてみて下さい。誰かに鉛筆を縦に持ってもらい、その真下に手を輪にして待ち構えます。そして、鉛筆を放すのを確認してから、鉛筆が手で作った輪を通過するまでに掴み取ります。鉛筆が落ちてくると分かっていても、辛うじて先っぽを掴んだり、掴み損ねてしまいます。

つまり、人間誰しも、反応するまでに一定の時間を要してしまうものなのです。しかも、車の運転では突然人が飛び出してきたりするので、反応するのが遅れてしまいがちです。

制動距離

一般的に、反応するまでの時間はおよそ1秒と言われています。ただし、疲れていたり、集中力を欠いていると、反応時間は遅くなります。

そして、空走距離は走行速度に比例します。速度が速いほど、当然進む距離は長くなります。

制動距離

制動距離とは、ブレーキを踏んでから車が停止するまでに車が進む距離を言います。この制動距離は、路面状態と速度によって変化します。

濡れた路面

例えば、雨で路面が濡れていると、路面とタイヤの間に生じる摩擦が少なくなり、その分制動距離が長くなります。また、速度が速ければ速いほど、制動距離は延びます。

停止距離

停止距離とは、運転手が危険を察知してから車が停止するまでに進む距離を言います。つまり、停止距離は空走距離と制動距離の合計距離となります。

停止距離=空走距離+制動距離

計算方法

空走距離と制動距離の計算方法は、それぞれ以下の通りです。

  • 空走距離・・・反応時間(秒)×速度(m/秒)
  • 制動距離・・・速度(km/時)の2乗÷(254×摩擦係数)

摩擦係数は、乾いた路面で0.7、濡れた路面で0.5、積雪のある路面で0.15です。

では、路面の状況毎にそれぞれの距離を計算してみましょう。反応時間は1秒とします。

乾いた路面では

乾いた路面での空走距離と制動距離、そして停止距離は以下のようになります。

速度空走距離制動距離停止距離
時速10km2.78m0.56m3.34m
時速20km5.56m2.25m7.81m
時速40km11.11m9m20.11m
時速50km13.89m14.06m27.95m
時速60km16.67m20.25m36.92m
時速80km22.22m36m58.22m
時速100km27.78m56.24m84.02m
時速120km33.33m80.99m114.32m

濡れた路面では

濡れた路面での空走距離と制動距離、そして停止距離は以下のようになります。

速度空走距離制動距離停止距離
時速10km2.78m0.79m3.57m
時速20km5.56m3.15m8.71m
時速40km11.11m12.6m23.71m
時速50km13.89m19.69m33.58m
時速60km16.67m28.35m45.02m
時速80km22.22m50.39m72.61m
時速100km27.78m78.74m106.52m
時速120km33.33m113.39m146.72m

積雪のある路面では

積雪のある路面での空走距離と制動距離、そして停止距離は以下のようになります。

速度空走距離制動距離停止距離
時速10km2.78m2.62m5.4m
時速20km5.56m10.5m16.06m
時速40km11.11m41.99m53.1m
時速50km13.89m65.62m79.51m
時速60km16.67m94.49m111.16m
時速80km22.22m167.98m190.2m
時速100km27.78m262.47m290.25m
時速120km33.33m377.95m411.28m

まとめ

空走距離と制動距離と停止距離の関係を理解出来たでしょうか?例えば、乾いた路面を時速40kmで走行している場合では、車が停止するまでに約20mも進んでしまいます。

車がすぐに止まれない事を考えると、前方車両との車間距離をなるべく保った方が良いでしょう。また、見通しの悪い道路ではなるべく速度を落として走行する方が良いですね。

注意:タイヤの摩耗状態によっても変わる!

なお、当記事で紹介している停止距離等はタイヤの摩耗状態が良好な場合を前提としています。タイヤが摩り減っている場合は、停止距離は長くなってしまいます。

あなたの車のタイヤの状態はどうなっているでしょうか?もし、溝が少なくなっているのなら、早めにタイヤ交換をするようにしましょう。

タイヤ交換時期の目安とタイヤ交換費用の相場

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定