車査定のマニア
慣らし運転

新車を買ったら嬉しくて、すぐに色々なところを走り回りたくなりますよね。その気持ちはもちろん分かりますが、少し心にブレーキをかけて「慣らし運転」をするようにしましょう。

ここでは、慣らし運転の方法と必要性について見てみましょう。

スポンサーリンク

慣らし運転の必要性

慣らし運転はなぜ必要なのか?それは、慣らし運転をした車としなかった車では、将来的に燃費を含む走行性能に差が出てくることが考えられるからです。

慣らし運転

そもそも、車のエンジン等は金属同士が触れ合って機能しています。新車の場合、金属同士がお互いに馴染んでいないため、エンジン数を急に上げると負荷がかかり、金属の表面にキズが入る可能性があります。その結果、エンジンの性能が低下してしまうのです。

人の体で考えてみても同じですよね、普段全然運動をしていない人がいきなり全速力で100mを走ると、一気に疲れますし途中で足が絡まってこけるかもしれません。さらに、翌日には激しい筋肉痛が待っているかもしれませんよね。動き始める時には人も車も「ウォーミングアップ」が必要になるのです。

最新の車なら「慣らし運転」は不要?

ところで、最近の車はエンジンが技術的に進歩していて、慣らし運転をしなくても性能が低下することは無いと言われています。以前は車の取扱説明書に慣らし運転についても記載があったのですが、最近の新車の取扱説明書には記載がされなくなっている事からも、慣らし運転の重要性は低くなったと考えられているのでしょうね。

確かに、近年の車を取り巻く技術は勢いよく発展していますが、それでもエンジン内部で金属同士が触れ合う箇所が無くなったという訳ではありません。以前ほどには慣らし運転の必要性は無いかもしれませんが、それでも新車を長く乗り続けようと思うのであれば、しっかりと最初に慣らし運転をしましょうね。

慣らし運転の方法

では、慣らし運転はどのようにすればいいか?

慣らし運転にこれといった決まりは特に無いですが、気をつけるべき点は「車にストレスを与えない」ことです。具体的には、エンジンやトランスミッション、サスペンション、タイヤなどに過度な負荷をかけないようにする、ということです。

負荷をかけないためには「安定した速度での運転」が求められます。安定した速度で走行することで、エンジンの回転は一定になり、燃焼条件も安定し、水温も上がりにくくなります。

中古車

しかし、安定した速度で走り続けることは都会の一般道ではなかなか難しいかもしれません。そこで、都会に住んでいる方には少しお金はかかりますが、高速道路で慣らし運転をすることをオススメします。

また、以下の様に少なくとも1,000キロ程度までは慣らし運転を実行することをオススメします。

購入時〜500キロくらいまで

オートマ車の場合はDレンジ(ドライブモード)で、マニュアル車の場合はトップギアで時速80キロ程度までゆっくり加速。このときに、アクセルを一気に踏んで回転数をむやみに上げない様に心がけて下さい(回転数2500回転くらいを目安に)。

特にオートマ車の場合は、アクセルを一気に踏むとキックダウン(自動で低ギアに変わり加速する)します。これはエンジンに負担が掛かるので避ける様にしましょう。

1,000キロ前後

時速100キロを目安に、加速も無理をしない程度(回転数3500回転くらいを目安)に走行する様にしましょう。

走行が1,000キロを超えたら、1度エンジンオイルの交換をしましょう。最近では3,000キロや半年毎のエンジンオイル交換を推奨する傾向がありますが、あくまでも長く乗り続けることを前提とした慣らし運転をする訳なので、エンジンオイルも早期に交換するに超したことはありません。

1,000キロを超えた以降は、500キロ毎に回転数を500ずつ増やすイメージで慣らし運転を続け、理想としては2,000キロくらいまでは慣らしていきたいところですね。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス