車査定のマニア
サビ

サビ

自動車のメンテナンスで気を付けたいのは「サビ」です。自動車の大部分は金属で構成されているので、どの部分にもサビが発生してしまいます。

特に部品内部のサビは、発見しにくいので非常にやっかいな存在です。放置しておくと見えない所で増殖し、車を傷めて最終的には部品を交換しなければなりません。

サビが発生しやすいのが「ガソリンタンク」「ラジエーター」です。

スポンサーリンク

ガソリンタンクのサビ予防

ガソリンタンク内のサビを予防するには「水抜き剤」が効果的です。(参考:水抜き剤の効果や成分

水抜き剤は、ガソリンタンク内にある水分を、ガソリンと混ぜ合わせる効果が有ります。この効果によってタンク内に溜まった水分をガソリンと一緒にエンジンに送り、燃やして除去する事が出来るんですね。

水と油はなぜ混ざらない?

油はイオンに分解されにくい性質があるので、容易に水に溶け込みません。

また、水と油は重さが違うので、引力によって水の層と油の層に分離します。

ガソリンタンク内の水とガソリンでも同様の現象が起こります。これを解決するのが「水抜き剤」です。

使用方法は至って簡単で、ガソリンタンクに水抜き剤を入れるだけ。カー用品店で安く購入する事が出来ます。

商品に記載されている使用量(ガソリン50Lあたり1本など)を守って利用して下さい。

そもそも、なぜガソリンしか入れないタンク内に水が混入するのでしょうか?

その主な原因は、ガソリンタンク内の空気が冷やされて起こる「結露」です。

結露

結露を防ぐ方法は、ガソリンを満タンにしておく事です。満タンにしておけば、タンク内の空気が少なくなり、結露が起きにくくなります。ただ、車の利用頻度が多い人は、ガソリン満タンを常にキープする事は不可能だと思いますので、「水抜き剤」によってタンク内の水分を除去する事になるでしょうか。

タンク内の水分を除去せずに放置しておくと、サビが増殖し、タンクに穴を開けてしまいタンクの交換が必要になってしまいます。

このような事態にならないよう「水抜き剤」を利用して、サビが発生する前にタンク内の水分を除去しておきましょう。

ラジエーターのサビ予防

ラジエーターのサビを予防するには「LLCの交換」をきっちりする事です。

LLCとは「Long Life Coolant」の略称で、不凍剤・防錆剤などが含まれた冷却水専用の液体です。

液体の色は通常「赤色」や「緑色」ですが、色が薄くなっていたり変色したりしている場合は注意が必要です。また茶色に変色している時は、サビが発生している可能性大なので、すぐに交換しましょう。

冷却水の補充はLLCを足すだけなので非常に簡単ですが、交換となるとエア抜きなどの知識や技術、また廃液の処理もあるのでプロに任せた方が良いでしょう。

サビを予防するためのLLCですが、長期間放置しておくとサビの原因となります。交換期間の目安は2,3年(商品によっては10年の物も)となっていて、これ以上放置しておくとサビの原因に。

サビを放置しておくと、ラジエーターの性能の低下や冷却水漏れの原因となってしまいます。その結果、エンジンを冷却する機能が低下し、オーバーヒートを起こしてしまいます。

ラジエーターは冷却水を、冷却水はエンジンを冷やす役目が有ります。

LLCの代用に水道水は大丈夫?

冷却水が漏れていて不足している場合に、緊急用として「水道水」を利用しても冷却効果は十分に得られます。

ただし、水道水には防錆効果が無いので、常用するとサビの原因となります。また、冬場は凍ってしまう恐れも有ります。そのため、LLCを補充するまでの緊急用のみとして利用して下さい。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス