車査定のマニア
HS

HS
出典:favcars

レクサスHSは、高級車の本質を追い求めて出来た、ハイブリッド専用の中型セダンです。落ち着きのある佇まいは年配のユーザーを中心に幅広く定評があります。

以下で、中古車の買取相場やユーザーの評価を見ていきましょう。

スポンサーリンク

中古車買取相場予想

(2015年7月31日 現在)

参考媒体形態価格(単位:万)
価格.com個人売買 *1158~420
カーセンサー買取相場224.6
Goo-net市場価格289.8

レクサスHSの平均的な中古車査定相場は、154万~229万円と予想されます。(*2

*1 価格com-ヤフオク予想買取価格より。

*2 上記3媒体の「個人間売買」「実際の買取価格」「市場価格」から判断した予想額。

なお、上記は年代等を考慮していない車全体の平均買取価額の予想です

スペック

項目詳細
新車価格帯421万~567万
車種セダン
燃費20.6km/L
排気量2.362L
エコカー減税重量税100%+取得税100%
乗員5人乗り
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4710×1785×1495mm  *1
パワーウェイトレシオ10.93kg/ps  *1

*1 HS250h versionLの場合

燃費について

カタログ燃費は20.6km/Lです。実燃費は街乗りで11〜13km/L程度、高速道路など流れの良い道で15〜17km/Lといったところです。

2.4Lエンジンという事を考えると、満足レベルの燃費性能と言えますね。

ピックアップポイント

レクサスHSの気になるポイントを解説していきます。

■収納スペースは△■
荷室は決して広くありません。駆動用のバッテリーをトランクの中に搭載しているので、奥行きも浅くなっています。また、トランクスルーもありません。

日常生活で困る程ではないかもしれないですが、他の箇所が優秀な分、荷室については少し残念ですね。

■安全対策は万全■
10個ものエアバッグが標準装備されており、他にもインテリジェントヘッドレスト(衝突時のむち打ち被害を軽減するヘッドレスト)、後続からの追突を感知して衝撃を緩和するプリクラッシュセーフティシステムを備えるなど、安全装備や衝突に対する配慮は十分合格点です。

■運転のし易さは◎■
前後左右の窓は面積が大きい設計となっているので視界は問題ありません。また、着座位置が高めなので、他のセダンと比べると車両感覚が掴み易いという嬉しい点もあります。

ナビ等の操作は、リモートタッチで集中コントロール出来ます。手元を見ずに簡単にコントロール出来るので、運転中に操作で気を煩わされることもありません。

レクサスHSの変遷

レクサスのHS(250h)は2009年に発売された、ハイブリッド専用の中型セダンです。HSの名前は「Harmonious Sedan(調和の取れたセダン)」から来ています。

トヨタのSAIが姉妹車で、エンジンやハイブリッドシステムなどほとんどの点で共通設計となっています。

以前はアメリカでも販売されていましたが、円高や同社から安価なCTが発売されたことなどによって販売不振となり、2012年に日本のみの販売となりました。

また、2013年にはブレーキシステムの制動力低下の恐れにより、リコール対象となったことがあります。

マイナーチェンジはされていますが、2015年時点では現行モデルが初代となっています。

レクサスHSの口コミ

良い口コミ

・室内が広くゆったり出来るのが嬉しいです。また、前席・後部座席ともに乗り降りもし易いです。

・運転中はとても静かです。安全性もよく考えられた設計になっているので、乗っていて安心出来る車ですね。

・オーナーズデスクが結構重宝しますね。困った時にしっかり対応してくれるので嬉しいです。


悪い口コミ

・荷室の広さには不満はないですが、サングラスホルダーやトランクスルーが有りません。一般的なセダンに有るものが無いというのが残念です。

・うねった路面だと車体が結構煽られます。走りについてはそこまで魅力的ではありませんね・・・。

・レクサスのISにもハイブリッドがあるので、デザインや走りなどを見て、ISの方を買えば良かったかなと思いました。2つを並べると、HSを選ぶ理由は車体価格しかないのかな・・・と。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス