車査定のマニア
ナンバープレート

分類番号とは、地域名の横にある3桁の数字です。

3桁の番号の上1桁の数字は、普通乗用車や小型貨物車など、自動車の「用途」や「大きさ」などを分類しています。

1ナンバーや3ナンバーなど分類番号による車の種類の違い

残りの下2桁の数字は、「一般払い出し番号」か「希望番号」の区分に利用されます。

ただし、抽選対象希望番号は、人気が高く枯渇する恐れが有るので、以下で説明する下2桁の区分とは関係無しに、「×00」から払い出されていきます。

スポンサーリンク

一般払い出し番号

一般の払い出し番号は「×00」から順に「×09」まで払い出されます。

軽自動車は「×80」から順に「×82」まで払い出されます。

希望番号

希望番号は上1桁の数字によって、以下のように下2桁の割り振られる番号が異なります。

上1桁の番号下2桁の番号
1~3ナンバー×10~×98
4、5、8ナンバー×10~×79まで
4、5、8ナンバー(軽自動車)×83~×99まで
6、7ナンバー×00~×79まで
6、7ナンバー(軽自動車)×83~×99まで

「×99」の分類番号は「抹消登録用」に用意されているので、払い出しは行われません。軽自動車に関しては、ひらがなの「ろ」が抹消登録用に使用されるので、×99まで払い出しが行われています。

希望番号の払い出し順

「1~3ナンバー」と「4、5、8の軽自動車以外のナンバー」は、×30から払い出しが開始され、その後×98(1~3ナンバー)又は×79(4、5、8ナンバー)まで到達すれば、×10から×29まで払い出しが行われます。

また、4ナンバーと5ナンバーについては、全ての番号が払い出されると、「4ナンバーは6ナンバー」「5ナンバーは7ナンバー」へと移行します。この場合払い出しが開始されるのは、軽自動車は「×83から」、軽自動車以外は「×00」から払い出しが行われます。

自動車

分類番号枯渇の危機!!

ここで気になるのが、分類番号を全て使いきったらどうなるのか?という事です。ナンバープレートの再利用は行われないので、一度払い出された番号は二度と使う事は出来ません。

実際に、人気の有るナンバーでは、枯渇寸前に陥っているようで、早期の対応が必要とされています。そこで、国は「希望ナンバーの分類番号にアルファベット」を採用する事を検討中のようです。

具体的には、分類番号の下2桁の数字の部分に、アルファベットを使用する方針です。例えば、「品川300」だったのが、「品川3AB」といった感じになります。他にも

  • ご当地ナンバーを増やす
  • 分類番号を4桁にする
  • ひらがな文字の所でカタカナを使えるようにする
  • 一連番号の桁数を増やす
  • ナンバープレートに背景やキャッチフレーズを入れる
などなど、色々な方法が模索されているようです。

しかし、ナンバープレートの情報管理システム(自動車税等の徴税システムや車両販売記録など)や視認性の問題(人やカメラなど)が有り、実際に導入されるかは未定です。

参考:その他に検討されている案(国土交通省PDF)

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス