車査定のマニア
色

自動車を運転していると、ナンバープレートの色が何種類か有る事に気付くかと思います。この色は、適当に割り振られている訳では有りません。

「下地」と「文字」の色の組み合わせで、自動車をおおまかに区分しているのです。

今回は、ナンバープレートの「色」の意味について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ナンバープレートを色分けする意味

ナンバープレートに記載されている「地名」や「数字」「ひらがな」から、自動車の所有者を特定する事が出来ます。

車のナンバーから持ち主や持ち主の住所を調べる方法と照会条件

ただ、自動車は時速何十kmというスピードで走行しているので、ナンバープレートに何の工夫も無ければ、自動車のナンバーを視認するのが難しくなってしまいますよね。

そのため、ナンバープレートの「下地」と「文字」に対照的な色を用いる事で、視認性を向上させています。

また、以下のような理由から、ナンバープレートの色だけで、用途・種類を絞り込めるように、「用途・種類」別に色のパターンが決まっています。

  • 走行している自動車のナンバーを、全て認識するのは困難である事
  • 「普通車(小型車)」と「軽自動車」の見極めが、難しくなってきている事

ナンバープレートを見て、自動車を特定又は絞り込めるように、色分けが行われているんですね。

では、どのような色分けが行われているのか?具体的に見ていきましょう。

色分けのパターン

ナンバーの色

一般人に関係が有るのは、上の4パターンです。下の3パターンは、なかなか見かけませんね。

下地の色文字の色用途・種類
白色緑色自家用の普通・小型自動車
緑色白色事業用の普通・小型自動車
黄色黒色自家用の軽自動車
黒色黄色事業用の軽自動車
青色白色大使館関係の自動車
白色青色領事館関係の自動車
白色黒色自衛隊の車両

普通・小型車は「白色」と「緑色」、軽自動車は「黄色」と「黒色」の組み合わせとなっています。そして、「自家用」か「事業用」かで、それぞれの「下地」と「文字」の組み合わせの色が逆になる関係に有ります。

赤い斜め線は仮ナンバー

右上から左下にかけて斜めの赤い線が引かれているナンバープレートは、「自動車臨時運行許可番号標」と呼ばれる物です。仮ナンバーとも呼ばれています。

仮ナンバー

仮ナンバーは、「車検切れ」や「ナンバープレートの破損や盗難」などによって、公道を走行する事が出来ない自動車に取り付けます。その目的は、「車検」や「ナンバープレートの再交付」などです。

この仮ナンバーに記載される内容は、左に運輸支局名や自動車検査場名、右下に運行許可を出した行政庁名が記載されます。その他、4桁の数字が記載されます。この数字に特に意味は無く、行政庁が管理しやすいように払い出していると思われます。

例えば、大阪府和泉市では、年号が奇数年の場合には「1×-××」を、年号が偶数年の場合には「2×-××」を払い出しています。

なお、「ひらがな」や「分類番号」は記載されません。取り方は下記記事参照。
仮ナンバーの取り方と注意点

全体に赤枠が施されているのはディーラーナンバー

枠が赤くなっているナンバープレートは、「回送運行許可番号標」と呼ばれる物です。自動車ディーラーに貸与されるナンバーで、「ディーラーナンバー」や「回送ナンバー」とも呼ばれています。

ディーラーナンバー

ディーラーナンバーを付ける目的は、仮ナンバーと同様です。ただし、仮ナンバーは1台に1枚必要ですが、ディーラーナンバーは1枚で何台でも利用する事が出来ます。また、有効期間が仮ナンバーより長い事から、業者はこのディーラーナンバーを利用しています。

ナンバープレートには、許可を出した運輸支局名が記載されます。また、数字に関しては、おそらく各運輸支局が管理しやすいように、払い出しているかと思います。

なお、「ひらがな」や「分類番号」は記載されません。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス