車査定マニア
メリットデメリット

車を乗り換える際、元々乗っていた車をディーラーで下取りに出す事が出来ます。下取りに出すと、新しく買う車の支払総額が下取金額分だけ減るので、お得な感じがしますよね。

しかし、一方で「車は下取りに出すと損をする!」といった様な噂を耳にします。実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、車をディーラーに下取りして貰う場合のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

下取りのメリット

ディーラーで下取りに出すメリットとして、以下の様なものが考えられます。

メリット

納車までのアシに困らない

ディーラーで下取りに出す場合、新しく買った車が納車されるまでの間は下取車に乗り続けることが出来ます。

一方で、「買取り店などに車を売却して、そのお金で新しく車を買う」場合は、新しい車が納車されるまでの間のアシが無くなってしまいます。買取店は仕入れた車をすぐにオークション等で現金化したいので、ディーラーのように待ってはくれません。

代車

代車を貸してくれたとしても、普段乗っていない車なので落ち着かないですよね。そういった意味でも、納車まで自分の車に乗っていられるというのは下取りの大きなメリットです。

値段がつきやすい

一般的に低年式の車や走行距離が多い車については、査定額がつきにくい傾向にあります。しかし、下取りには「新しく買う車の値引き」という意味合いも有るので、この様な車についても値段がつきやすい、というメリットが有ります。

下取り

また、事故車や修復歴のある車など、買取店では査定額がつかず逆に引取費用を取られる可能性の有る車でも、引取してくれる事が多いです(ディーラーでも査定額がつかない事も有ります)。

交渉や手続きが楽チン

下取りに出す場合、値段交渉や書類の提出などはディーラーの担当者とするだけで済みます。買取査定に出す時のように、色々な業者に見積りを出して都度価格交渉をする必要が無いので手間が省けますね。

自分でやってみたら分かると思いますが、複数社に査定を依頼するのって本当面倒なんですよね。お金のため!と割り切れる人なら良いですが、時は金なり!と思っている人は下取りの方が良いかもしれません。

信頼関係が築ける

同じディーラーで何度も車を買い替えていると、ディーラーや担当者と信頼関係を築く事が出来ます。その結果、お得な情報を貰えたり密なアフターフォローを受けられる事が有ります。

信頼関係

自動車業界は、何かと店と客の間のトラブルが多く発生しています。信頼関係が有れば安心して車の取引が出来ますね。

下取りのデメリット

一方で、下取りに出すデメリットとしては以下の様なものが考えられます。

デメリット

マニュアル化された評価方法

ディーラーが下取り査定をする場合、効率化の為にマニュアルの手順に従った評価がされます。従って、ノーマル車やオプションが純正品のみであれば、順当な評価額が出るでしょう。

評価マニュアル

しかし、改造車の場合や社外オプションが有る場合でもマニュアルに加点項目として無いので、評価額が上がることは有りません。マニュアル化されているので、社内的には誰が査定をしても同様の結果にはなるのですが、他社と比べると査定額に差が出てしまう可能性が有るという事ですね。

一方で買取り専門店なら、改造車や社外オプションの価値まで査定金額に盛り込んでくれる可能性が有ります。その他、市場動向に応じても金額の強弱を付けてくれますしね。

査定金額が不明瞭!?

車を下取りに出した事の有る方なら知っているかもしれませんが、ディーラーで下取りに出して代わりに新しい車を買った場合、請求明細などで下取車の金額が載っておらず、値引き金額に含まれてしまっている事が多いです。

下取価格が値引き金額に含まれてしまうと、実際の査定金額がいくらだったのかが分からなくなってしまうので、もやもやした感じが残ってしまう事が有るのです。(参考記事:ディーラーの下取り価格と新車の値引き金額のカラクリ

また、「オプションを無料で付ける代わりに下取価格はゼロ」といった文句で対応してくる営業マンがいます。しかし、オプションは値引きの一環でよく使われるものなので、本来下取り価格とは関係無いはずです。こうなって来ると、もう下取価格は一体何なのか分からなくなってしまいますね・・・。

下取り金額は買取り金額より安い?!

上記の様に車を下取りに出す事には、メリット・デメリットの両方が有ります。

しかし、最終的な金額だけで判断すると、下取りに出すよりも買取専門店で買取りして貰った方が高くなる傾向に有ります。

一括査定のズバット車買取比較が実施した調査では、77.3%の人が下取りよりも買取り方が高く、平均すれば16万円以上得をしたと回答しています。


買取
詳細は「車買取専門店とディーラーの下取り査定はどちらの方が高く売れるか」を読んでいただきたいのですが、主に以下の様な理由で買取店の査定額の方が高くなる傾向に有ります。

  • 買取り店の方が流行に敏感に反応して値付けが出来る
  • 買取店が確保している販路の方が多い
  • 在庫リスクが下取りに比べて少ない
  • 1台あたりの利益額よりも数をこなして利益を出そうとしている

もちろん、下取りには「ディーラーとの信頼関係」など、金額では測れないメリットも有るので、査定金額だけで下取りか買取かを決める必要は有りません。総合的に考えてどちらにするかを決める様にしましょうね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス