車査定マニア
車の購入

車の購入

車を購入したときの仕訳は、他の一般的な仕訳と違いややこしいため、頭を悩ませる方が多いです。以下で、車を購入した時の仕訳方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

減価償却資産の取得価額

車の様な減価償却資産の場合、購入時だけでなく数年にわたって減価償却をして経費化いくことになるので、減価償却計算の基礎となる「取得価額」が重要となります。

自動車の減価償却の計算方法や仕訳の仕方

購入時の仕訳

この取得価額には原則として、以下のものが含まれます。(参考:国税庁

  • 資産の購入代価
  • 資産を事業の用に供するために直接要した費用
  • 引取運賃
  • 荷役費
  • 運送保険料
  • 購入手数料
  • 関税
  • その他資産の購入のために要した費用

そして、以下の様な支出については「取得価額として扱わずに、支払った時の費用とすることが出来る」とされています。

(1) 次のような租税公課等
イ 不動産取得税又は自動車取得税
ロ 新増設に係る事業所税
ハ 登録免許税その他登記や登録のために要する費用

(中略)

(3)いったん結んだ減価償却資産の取得に関する契約を解除して、他の減価償却資産を取得することにした場合に支出する違約金

(4)減価償却資産を取得するための借入金の利子(使用を開始するまでの期間に係る部分)
(注)使用を開始した後の期間に係る借入金の利子は、期間の経過に応じて損金の額に算入します。

(5)割賦販売契約などによって購入した資産の取得価額のうち、契約において購入代価と割賦期間分の利息や代金回収のための費用等が明らかに区分されている場合のその利息や費用

上記を前提に、車を購入したときの仕訳を考えていきましょう。

車両購入時に利用する勘定科目などの注意点

仕訳を見る前に、車を購入する時に利用する勘定科目などの内訳を紹介しておきます。

中古車購入時の仕訳もほとんど新車と同様

新車を購入するか中古車を購入するかによって、購入時の仕訳は特に違いはありません。異なるのは、減価償却の計算に用いる「耐用年数や償却率」や、自動車取得税の金額などです。

中古車の耐用年数の求め方・計算方法
中古車の自動車取得税の計算方法と課税標準額

また価格の安い車を購入した場合、状況によっては一括で費用に落とすことも出来ます。

30万円未満の車なら全額費用に落とせる場合あり

一般的な請求書の内容は?

車の購入時のディーラーからの請求明細には、一般的に以下の様なものが記載されています。

  • 車両本体価格
  • 付属品価格
  • 税金・自賠責保険等
  • 販売諸費用
  • 検査・車庫証明など法定費用
  • リサイクル預託金
  • 割賦手数料(分割払いの場合)
  • ローン金利(分割払いの場合)

使用する勘定科目

上記の内、車両本体価格や付属品価格については、「購入対価」なので車の取得価額に含まれるのは問題ないですよね。問題はそれ以外の費用です。面倒な事は考えずに全額車両の取得価額にしてしまいたい!と思うのも分かりますが、ちょっと待って下さい!

取得価額

「減価償却として数年にわたって経費化するより、購入時の経費とした方が購入した年度の税金は安くなる可能性がある」という点も考慮する必要があります(最終的に経費になる金額はどちらでも変わりません)。

「車両を購入するためにお金を払ったのに、購入年度に殆ど経費にならずに、税金が高くなってしまった」というのは辛いですからね・・・。

そこで、上記の「支払ったときの費用とすることが出来る」ものの中に、「自動車取得税」「登録のために要する費用」というものがあります。つまり、これらは「購入時の経費にしてもいいし、取得価額に含めて減価償却によって経費化しても構わない」、ということです。

以上を踏まえて、一般的に仕訳時に使う勘定科目に振り分けると、以下の様になります。

勘定科目内容
車両運搬具車両本体・付属品価格
支払手数料名義変更手数料・車庫証明代行手数料・資金管理料金
租税公課取得税・重量税・自動車税・預り法定費用
保険料任意保険・自賠責保険料
支払利息ローン金利
預託金リサイクル預託金
(長期)前払費用割賦手数料

:リサイクル預託金には、以下の費用が含まれています(参考:自動車リサイクル促進センター)。

  • シュレッダーダスト料金
  • エアバッグ類料金
  • フロン類料金
  • 情報管理料金
  • 資金管理料金

上記の内、資金管理料金のみ購入時の必要経費となり、それ以外はリサイクル預託金として資産計上することとなります。

自動車のリサイクル預託金関連の仕訳まとめ

車両値引きの取り扱い

車両値引きを受けた場合の取り扱いですが、特段何かする必要は有りません。

「値引き後の金額」で計上すればOKです。もし値引きの金額を把握しておきたいのであれば、仕訳の摘要欄に書いておけば良いでしょう。

ただし、車両本体からの値引きなのか、納車費用等からの値引きからなのかは把握しておいてください。そして、対応する科目から金額を控除して仕訳してください。

法人の場合の車購入時の仕訳例

以下の前提条件で、具体的な仕訳を見てみましょう。

前提条件

・車両本体+付属品合計は2,700,000円(消費税込み)
・リサイクル預託金15,000円(内、資金管理費用200円)
・検査登録等代行費用は37,800円(消費税込み)
・重量税、取得税、自動車税、法定費用の合計は50,000円
・自賠責保険料は25,000円
・事前に25万円を頭金として支払っており、残額は5年ローン(5年均等返済)
・ローン手数料は250,000円

頭金の支払時

借方金額貸方金額
仮払金250,000現金250,000

納車時(税込処理の場合)

会社が採用している消費税の処理方法によって、納車時の仕訳は異なって来ます。以下は、税込処理を採用している場合です。

借方金額貸方金額
車両運搬具(☆)2,700,000(長期)未払金2,828,000
預託金15,000仮払金250,000
支払手数料(☆)38,000
租税公課50,000
保険料25,000
(長期)前払費用250,000
合計3,078,000合計3,078,000

☆は消費税が含まれた金額です。

:自動車は納車されるまで使用する事は出来ないので、「契約日」ではなく、「納車日」を基準に考える必要があります。

納車時(税抜処理の場合)

一方で、会社が消費税の処理を税抜処理によっている場合は、以下の仕訳となります。

借方金額貸方金額
車両運搬具2,500,000(長期)未払金2,827,800
預け金14,800仮払金250,000
支払手数料35,185
租税公課50,000
保険料25,000
(長期)前払費用250,000
仮払消費税等202,815
合計3,077,800合計3,077,800

ローン支払時の仕訳

借方金額貸方金額
長期未払金47,130現預金47,130
支払手数料4,166長期前払費用4,166
合計51,296合計51,296

なお、前払費用は支払の都度振り替えるのではなく、一年間分をまとめて決算時に振り返る処理をしても問題ありません。

個人事業主の車購入時の仕訳

車を購入したときの仕訳については、購入者が法人か個人かによる違いは基本的にはありません。

ただし、個人事業主の場合は購入した車両を家事用(生活用)に使うことがあります。個人事業主が家事用に使用した分については、必要経費として認められないので、事業用の経費と家事用の支出を合理的に配分(これを家事按分といいます)する必要があります。

個人事業主

「合理的に配分」といっても具体的な決まりがある訳ではありません。全体の3割程度を家事用に使用しているのであれば、「事業:家事=7:3」ですし、全体の8割程度が家事用というのであれば、「事業:家事=2:8」ということになります。

ただし、家事按分比率は税務署と揉める部分なので、顧問税理士等がいるならキッチリと相談しておいた方が良いでしょう。


そして、車両に関する経費は、減価償却費や使用時のガソリン、税金など様々なものがありますが、購入時に係る経費についても同様に家事按分をする必要があるので、注意が必要です。なお、家事分の費用は「事業主貸」勘定を使うことで、必要経費から除く事が出来ます。

上記の数値例で、「事業:家事=7:3」だった場合の仕訳を見てみましょう。

頭金の支払時

借方金額貸方金額
仮払金250,000現金250,000

納車時(税込処理の場合)

借方金額貸方金額
車両運搬具(☆)2,700,000(長期)未払金2,827,800
預託金14,800仮払金250,000
支払手数料(☆)26,600
租税公課35,000
保険料17,500
(長期)前払費用250,000
事業主貸33,900
合計3,077,800合計3,077,800

☆は消費税が含まれた金額です。

ここで「事業主貸」に按分されているのは「支払手数料・租税公課・保険料」の3つです。

:自動車は納車されるまで使用する事は出来ないので、「契約日」ではなく、「納車日」を基準に考える必要があります。

納車時(税抜処理の場合)

借方金額貸方金額
車両運搬具2,500,000(長期)未払金2,827,800
預託金14,800仮払金250,000
支払手数料24,630
租税公課50,000
保険料25,000
(長期)前払費用250,000
事業主貸71,400
仮払消費税等141,970
合計3,077,800合計3,077,800

ローン支払時の仕訳

借方金額貸方金額
長期未払金47,130現預金47,130
支払手数料2,916長期前払費用4,166
事業主貸1,250
合計51,296合計51,296

なお、前払費用は支払の都度振り替えるのではなく、一年間分をまとめて決算時に振り返る処理をしても問題ありません。

車購入時の消費税について

上記の仕訳にも出て来ましたが、車の購入費用の一部には消費税が含まれています。

従って、消費税の納税義務者の場合はそれぞれの項目が「課税仕入」なのか「非課税仕入・対象外仕入」なのかを理解しておく必要があります。

車購入の際に消費税がかかってくる項目・かかってこない項目

あくまでも、上記は一般的な説明です。税金に関する個別具体的な疑問点は、税務署や税理士に相談する様にして下さいね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ジャスネットキャリア

サービスはこちら