車査定のマニア
リサイクル

自動車を購入するときに耳にする言葉の1つに「リサイクル料金」という言葉が有りますよね。支払う必要が有るから支払っているけど、実際のところ「リサイクル料金」がどんな物かよく知らない、という人も多いのでは無いでしょうか。

そこで、この記事では「リサイクル料金」の内容やリサイクル料金の根拠となる「自動車リサイクル法」の概要等を見ていきましょう。

自動車リサイクル法の概要

日本では、年間おおよそ500万台程度の自動車が使用済み(廃車)となっています。(参考:国土交通省)そして、自動車は部品に鉄やアルミなどが多く使われているため、廃車となった後は、部品全体の8割程度がリサイクルされることになります。

リサイクル

しかし、残りの2割程度は廃棄処理(埋立処理)されます。当然、埋立スペースには限りがあるので、「不法投棄されるのでは?」との懸念が広がりますよね。また、フロン類の様に、適切な方法で処理しないと環境破壊に繫がるものも有ります。

そこで、2005年1月に「自動車リサイクル法(正式名称:使用済自動車の再資源化等に関する法律)が施行され、元々廃棄されていた残り2割の部品を含むリサイクルの義務化や、自動車所有者が処理費用(リサイクル料金)を負担すること等が決まりました。

ちなみに、リサイクル料金を自動車の所有者に負担させるのは、「自動車の所有者には使用済み自動車の排出者としての性質が有る」と考えられるからです(これを「排出者責任」と言います)。

なお、自動車リサイクル法により適正処理された車のリサイクル率は99%と非常に高く、車の部品の殆ど全てがリサイクルされていることになります。

対象となる車は?

自動車リサイクル法は、トラックや特殊自動車なども含む全ての自動車を対象としています。但し、以下の自動車等は対象外となっています。

  • 被けん引車
  • 二輪車
  • 大型(小型)特殊自動車
  • 農業・林業機械、スノーモービルなど

なお、二輪車は自動車リサイクル法の対象ではありませんが、2004年10月から二輪車のメーカーなど15社が集まって、独自に「二輪車リサイクルシステム」としてリサイクルに取り組んでいます。

リサイクル料金の内訳や使い道

リサイクル料金は「公益財団法人自動車リサイクル促進センター」が収受や管理、運用を行っており、料金の内訳は以下の5種類となっています。

料金内訳補足説明
シュレッダーダスト料金
シュレッダーダストは必要な物を取り除いた後の、いわゆるゴミのことで、ウレタンや繊維、ガラス等で構成されています。ウレタンや繊維は「熱エネルギー」としてリサイクルされ、ガラス等は舗装材などとしてリサイクルされます。
エアバッグ類料金
エアバッグ類の安全かつ適正な処理には専門技術が必要となります。また、金属部分は資源としてリサイクルされることになります。
フロン類料金
エアコンに含まれるフロン類は、放っておくと地球温暖化に繫がるので無害化する必要があります。
情報管理料金
システムの維持・運用、コンタクトセンターの運営費用等に使われます。
資金管理料金
自動車リサイクル促進センターがリサイクル料金を管理・運用するための料金です。主に、資金管理業務に必要な人件費や施設管理費、情報システム機器のリース費用、メンテナンス費用、リサイクル料金の収受に必要な委託手数料などが含まれています。

なお、預かったリサイクル料金は、将来の支払に備えて国債や地方債、政府機関債などで運用されています。

料金支払のタイミング

リサイクル料金は、まず第一に「新車を購入した時」に支払うことになります。リサイクル料金を支払うと「リサイクル券」が発行されるので、車を売るか廃車にするまで大切に保管しておく必要があります。

自動車のリサイクル券(預託証明書)

料金の目安

メーカーや車種によって異なっているので、一概にいくらという事は出来ないですが、自動車リサイクルシステムで車体番号等を入力すると、自分の車のリサイクル料金がいくらなのかを調べる事が出来ます。

目安

また、おおまかなリサイクル料金の目安(シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類の合計)としては、以下の通りとなります。

種類リサイクル料金の目安
軽・小型乗用車 ※17,000円〜16,000円
普通乗用車 ※110,000円〜18,000円
中・大型トラック ※210,000円〜16,000円
大型バス ※240,000円〜65,000円

※1:エアバッグ類4個、エアコン有りの場合
※2:エアバッグ類2個、エアコン有りの場合

上記の金額に加えて以下の料金が必要となります。

  • 新車購入時 ・・・資金管理料金380円()+情報管理料金130円
  • 車検・廃車時・・・資金管理料金480円+情報管理料金130円

:「新車購入時」の資金管理料金が「車検・廃車時」よりも安いのは、リサイクル料金の収受に必要な費用に差があるためです。

ちなみに、法人や個人事業主が車を購入した場合、リサイクル預託金には特有の仕訳があるので、間違えない様に注意が必要です。

自動車のリサイクル預託金関連の仕訳まとめ

使い道

自動車の所有者が預けたリサイクル料金は、廃車になるか輸出されるまでは自動車リサイクル促進センターが管理・運営しています。

そして、自動車が廃車になった場合、リサイクルを行うメーカーに払い渡し、シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類を処理する業者に渡される事になります。また、輸出の場合は、輸出した業者に返還されることになります。

なお、以下の場合、リサイクル料金は「離島対策や不法投棄対策」などに活用されることとなります(参考:自動車リサイクル促進センター

  • 自動車が輸出されたのに、リサイクル料金の返還申請がされなかった
  • 事故等で、フロン類が完全に抜けたり、エアバッグ類が全て作動してしまった場合

上記の様に、リサイクル料金は何に使われるかが予め決められており、関係の無いことに使われたり悪用されたりすることは有りません。また、無駄な事に使用されたりしていないかを、「資金管理業務諮問委員会」がチェックをしています。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス