節税効果バツグン!社用車なら4年落ちの中古車を買いなさい

 
心の声

社用車について調べていたら、やたらと「4年落ち」という言葉が出てきたのだけど、一体どういう意味なの?

4年落ちとは新車購入から4年経った中古車のこと。中古車市場には結構な数が出回っています。

そして社用車は「会社の経費で買う車」のことですが、どれも同じ車なので、何を買っても特に変わらないと思いがち。

しかし実は、4年落ち以上の中古車が社用車には最適という事実をご存知でしたか?節税効果が非常に高いのです。

もし、この事実を知らなければ、適当に社用車を選んで全く節税効果が得られなかったかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では、4年落ち中古車の節税効果が高い理由をわかりやすく解説していきます。

さらに4年落ちの中古車の探し方についても、解説していくので、4年落ちの社用車について気になっている人は、必見の内容となっていますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】愛車の最高額が45秒でわかる&最高額で売る方法

かんたん車査定ガイド」なら45秒であなたの愛車の相場をチェック!
相場を調べるだけ、売らなくてもOK

かんたん車査定ガイド公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクト公式サイト

②電話で本格的に相談したい方はズバット車販売
ズバット車販売 公式サイト

スポンサーリンク

4年落ち中古車を社用車に!なぜ節税効果が高いのか

車と税金

結論から言いますと、4年落ちの中古車であれば購入した年に、そのまま100%経費計上できるという「強み」があります。

この「強み」を理解するためには、まずは「減価償却」について理解しなければなりません。

社用車として自動車を購入すると、車両価格の全額が購入した時の経費にはなるわけではなく、数年間で経費になっていきます

これを「減価償却」と言い、法定耐用年数に応じて徐々に経費になっていくのです。

法定耐用年数とは「これぐらいの年数は使えるだろう」と国が定めた年数のこと。例えばパソコンは4年となっています。

車の場合は6年かけて、経費になります。もし600万円で車を購入したら、毎年100万円を経費として計上していくことになります。

中古車は耐用年数が短い

中古で買うと、法定耐用年数が短くなります。

法定耐用年数が短くなれば、早く経費できるため「節税をするなら中古」と言われているのです。

中古の法定耐用年数は、新車のように「6年」と決められているわけではありません。下記のような計算式で耐用年数を出します

(法定耐用年数 - 経過年数) + (経過年数 × 20%)

4年落ちの中古車の耐用年数を上記の計算式で出してみましょう。

(6年 - 4年) + (4年 × 20%) = 2.8年

なお、1年未満の端数は切り捨てになるので、耐用年数は「2年」となります。

耐用年数2年は購入した年に全額経費計上できる

4年落ちの車は、耐用年数2年で減価償却ができますが、実は耐用年数2年の場合「償却率100%」とみなされます。

簡単に言えば、「本当は2年間で経費計上してほしいけど、特別に1年で経費計上していいよ」 といっているのです。

つまり、4年落ちの中古車を600万円で購入したら、購入した年に600万円の経費として計上できる、というわけ。

上記で説明した通り、新車でも600万円であれば1年で100万円の経費計上しかできませんが、4年落ちの中古車でしたら、6倍の節税効果が発揮できます。

「今年はめちゃくちゃ経費計上しないと、税金でかなり持ってかれるぞ!」という儲かりまくりでウハウハな会社であれば、4年落ちの中古車を購入すれば、相当な節税効果が実現できます。

だからこそ、強力な節税効果として4年落ちの中古車は有名なのです。

車も手に入るし、節税はできるという一石二鳥になっていますよ。

ただし、減価償却計算は月割りで行われるので、一年間で全額減価償却しようと思うと、決算月の翌月中に車を購入する必要があります。要注意。

社用車に最適な4年落ち中古車の探し方

探す女性

ここまでは4年落ちの中古車を社用車にする節税効果について紹介してきましたが、実際に社用車として4年落ちの車を買うのであれば、どう見つければ良いのでしょうか。

実は中古車情報サイト「グーネット」を使えば、簡単に調べることができます。

まずは「グーネット」のトップページのアクセス。

トップページを下にスクロールしていくと、「年式から探す」という項目があるので【4~5年落ち】を選択します。

すると、対象の地域を選ぶ画面になりますので、お住まいの地域を選択。

そして年式を「H25」~「H25」にしましょう。

ここまですれば以下のように、4年落ちの中古車を簡単に絞り込むことができますよ。

これで最強の節税効果を得ることができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は4年落ちの社用車について解説してきました。

新車購入から4年経った中古車を買えば、相当の節税効果が期待できることを理解いただけたと思います。

もし4年落ちの中古車について気になっているのであれば、ぜひ今回解説した内容を参考にしてみてください。

以上「節税効果バツグン!社用車なら4年落ちの中古車を買いなさい」でした。

【裏技】愛車の最高額が45秒でわかる&最高額で売る方法

かんたん車査定ガイド」なら45秒であなたの愛車の相場をチェック!
相場を調べるだけ、売らなくてもOK

かんたん車査定ガイド公式サイト


愛車を売るなら中古車で有名な「カーセンサー」がオススメ!
一括査定で最大の約1,000社が参加している。
ボロボロの車や事故車でももちろん高く売れる!

下取り査定で80万が一括査定を使って120万円と+40万円もお得に売れました!

カーセンサー公式サイト

市場に出回っていない中古車を探す裏技

クルマコネクト」「ズバット車販売」なら、市場に出せばすぐ売れてしまう新古車や未使用車などを提案してもらえる!
中古車のプロがあなたの条件にピッタリの中古車を探してくれるので、とっても安心。
車種が決まっていなくてももちろんOK。

中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫!
クルマコネクト」「ズバット車販売」は「最長10年保証」や「100日以内の返品可能」など充実の安心保証。

①チャットで気軽に相談したい方はクルマコネクト
クルマコネクト公式サイト

②電話で本格的に相談したい方はズバット車販売
ズバット車販売 公式サイト

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA