車査定のマニア
中古車選び

中古車は新車よりも安いです。しかし、それでも高い買い物である事に変わりは有りません。だからこそ、購入後に「なぜこんな車を買ってしまったんだ・・・」と後悔したくは無いはずです。

そこで、今回は購入後に後悔しないための「中古車選びのポイント・注意点」を紹介したいと思います。

まず中古車販売店の特性を抑える

中古車販売店は基本的に限られた在庫の中で営業を行っています。たとえ大規模な店舗でも全メーカー・全車種がフルラインナップされているわけでは有りません。

中古車販売店は自社在庫を売り切る事が一番大事

中古車選び

そのため、フラッと訪れた店舗に、自分の欲しい車が置いてある可能性はかなり低いです。

これは決して「条件を変えた方が良い」とか「妥協した方が良い」という意味では有りません。むしろ、自分の欲しい車のイメージを変えてはいけない、という意味です。

欲しい車が特に決まっていない人は、車の見た目の格好良さなどで「衝動買い」をしてしまう場合も有ります。まず欲しい車のイメージを固めてから販売店に行くようにしましょう。

中古車販売店の営業マンは、あの手この手で在庫から買ってもらおうとセールスをしてきます。口車に乗ってしまうと、結果自分の欲しかった車とは違う車を購入してしまい、後悔する事になるんです。

訪れた中古車販売店に欲しい車が無かったら、早々に立ち去る事をオススメします。

余裕を持って購入する

服・家電の買い物でも、1つの店で決めてしまうと、後で後悔する事って多いですよね。それは中古車も同じです。前述したように自分の欲しい車が中古車販売店に置いてある事の方が少ないので、訪れた店舗で無理して購入しないようにしましょう。

焦って購入しても良い事は1つも有りません。余裕を持って中古車を購入するようにして下さい。

色々な店舗を見てみる

そして、自分の欲しい車を見つけるためにも色々な店舗を見てまわる事が大切です。時間と労力を惜しむと、必ず後悔する事になります。

中古車自体をしっかりチェックする

色々な店舗を見てまわった結果、やっと自分のイメージした車を見つけても喜び勇んで購入してはいけません。苦労が報われて気持ちが緩んでしまうのも分かりますが、ここは一歩立ち止まって冷静になってください。

あなたは「中古車」を購入しようとしているのです。それを忘れてはいけません。

中古車はどこかの誰かが、何年・何万kmと使用してきた車です。車体に傷が付いている事も有れば、何かの機能が故障している事も有ります(もちろん状態の良い車も有ります)。

車体のチェック

そのため、中古車自体の外観・内装・機能がどのような状態か十分にチェックしてから購入すべきです。購入後に傷・欠陥に気付くと、探すのに苦労した分、余計に後悔する事になります(保証の有無・内容は販売店次第です)。

購入を決める前に隅から隅まで車体をチェックして下さいね。

意外と忘れやすいチェックポイント

中古車の機能面をチェックする時に意外と忘れやすいポイントが有ります。それは「エアコン」と「ライト」です。

エアコン

■冬場と夏場は要注意
購入時期が夏の場合、誰もがエアコンの「冷房」のチェックは怠らないでしょう。忘れがちなのが「暖房」のチェックです。夏に暖房を使うという意識がそもそも無いので、チェックせずに購入してしまう人が多いです。冬場はその逆です。

冷暖房ともにチェックする事を忘れないようにして下さいね。

■昼間でもライトのチェックは忘れずに
中古車販売店で車を見るのは「昼間」の場合がほとんどですよね。灯りが不要な明るい昼間には、ライトをチェックする事を忘れてしまいがちです。

ヘッドライト

ライトも忘れずにチェックするようにしましょう。また、ライトをチェックするついでに、バッテリーのチェックも行いましょう。ライト・ウィンカーなど電気を使う物を全部使用し、光度が少なくなるようならバッテリーが弱っている証拠です。

中古車選びで後悔しないために「相場」をしっかりイメージしておく

欲しい中古車を見つけ、車体・機能面のチェックも済み、中古車選びも終盤戦に突入します。購入の段階です。

ここでも「思ってたより高くなったなぁ」と後悔してしまう人がいます。なぜ後悔するのかというと「中古車の相場」を曖昧に捉えているからです。

相場

新車と違って、中古車には定価が存在しません。同じ車種でも年式・走行距離など条件が異なるためです。さらにいうと、販売店によって上乗せする利益や諸費用も異なるので、販売店が変われば価格も変わります。

購入しようとしている中古車の相場を把握しておかなければ、その中古車屋さんの販売価格が高いのか安いのか判断出来ないのです。相場感覚が曖昧なまま購入すると、高い買い物をしてしまう可能性が有り、後悔する事になります。

そのため、欲しい車の「中古車の相場」は事前に調べておくべきです。また、販売店の上乗せする利益や諸費用の金額の判断のために「オークション相場」も調べておいた方が良いでしょう(中古車販売店の仕入れの約9割はオークション)。

ただし、車種やグレードの条件だけで相場を調べてもかなり幅の広い相場情報しか得る事が出来ません(例えば、100万円~200万円のような感じです)。

なので、欲しい中古車を色や年式、走行距離などより詳細な条件までしっかりとイメージしておく事が、相場を把握する上でも重要になります。

【参考】中古車選びで重視すべきは「年式か」それとも「走行距離か」

中古車選びの際に「年式」か「走行距離」のどちらを重視すべきか迷う人が多いです。

この点、どちらかに偏るのでは無く、年式・走行距離も含めて総合的に判断した方が良いでしょう。答えになっていない感じですが、中古車は1つの基準だけで選ぶべき物では有りませんので、仕方の無い事です。

年式の古い車(低年式)や走行距離の長い車を購入する時は、整備手帳で前のオーナーのメンテナンス状況をチェックして、雑な扱いをしているようだったら購入は避けた方が良いでしょう。

ズバット車買取の比較

愛車の無料一括査定はこちら

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス