車査定マニア
中古車販売店

中古車販売店

中古車を購入する場合、いきなり販売店に行って「これ下さい!」と、お金を渡して車に乗って帰る様な事は出来ません。必要書類を揃えたり保険に加入したり、と色々やるべき事が有ります。

しかし、車を買うという事は人生の中でそう何度も有るイベントではないので、必要な書類や手続をしっかりと把握出来ていない方も多いですよね。そこで、ここでは中古車購入時に必要となる書類や手続の流れについて解説していきます。

中古車購入の流れ

中古車を購入する場合、大まかな流れとしては以下の様になります。

  • 欲しい車種と予算を決める
  • 販売店で実車の確認・試乗
  • 契約締結
  • 必要書類の用意
  • 代金支払い
  • 任意保険の検討・加入
  • 納車

以下で、順番に内容を見ていきましょう。

欲しい車種と予算を決める

車種と予算

中古車市場では、毎日無数の車が取引されています。様々な車種が有りますし、価格帯もバラバラです。従って、何の準備もなくいきなり販売店にいって「何か良い車ないかなぁ」と考えていても、なかなか買う車は決まらないでしょう。

中古車を買おうと思ったら、まずは自分が欲しい車の車種と予算を決める様にしましょうね。中古車の状態や追加装備といった点は、車種や予算が決まってからです。

車購入時の予算と年収の目安・関係性

なお、現金で支払うのかローンで購入するのかも、この時点で決めておくと良いでしょう。

販売店で実車の確認・試乗

車の試乗

欲しい車種や予算が決まったら、実車を見に販売店巡りをしましょう。但し、中古車販売店は無数に有りますし、中には悪徳業者も有るので販売店は慎重に選ぶ必要なければなりません。後々後悔しない様に、しっかりと検討しましょうね。

失敗しない中古車販売店の選び方

また、販売店に行ったら必ず試乗させてもらう様にしましょう。自分に合った車かどうかを確かめるのは新車でも中古車でも必要ですが、中古車は新車と違って車の状態が万全とは限りません。

従って、試乗して問題なく走るか、装備やオプションは正しく機能しているかなどをチェックしておく必要が有ります。

中古車試乗前・試乗時のコンディションチェックの方法まとめ

契約締結

契約書

欲しい車が見つかり、販売店の方との値段交渉が終わったら(関連記事:中古車の値引き交渉術!そもそも値引きできるのか?)、いよいよ契約書(注文書)にサインをします。

中古車は、基本的に契約後にキャンセルをする事は出来ません。後々後悔しない為にも契約書にサインする前に、契約や保証の内容についてはしっかりとチェックをする様にしましょうね。

中古車の契約書・注文書にサインする前にチェックすべき事まとめ

必要書類の用意

必要書類(委任状)

車は販売店でお金を払っても、すぐに持って帰れる訳では有りません。運輸支局で登録して、ナンバープレートを発行してもらう必要が有ります。

そこで、中古車購入時は、登録に必要な以下の書類を販売店に提出する必要が有ります。

:契約時点で必要書類が揃っている必要は有りません。いつまでに何を提出するのかは販売店と話し合って決めましょう。

  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 車庫証明書
  • 委任状

登録時の書類には実印を押印する事になります(契約書は認め印でもOK。)従って、実印とそのハンコが実印である事を証明する為に、印鑑証明書)が必要となります。

:印鑑証明書は、発行後3ヶ月以内のものに限ります。

なお、実印は若い方や女性は登録していない事も有りますが、車の購入の際には必要となるので、市役所等で印鑑登録する様にしましょう。

【車関連】印鑑証明書が必要な手続きと印鑑証明書の取得方法

車の登録手続きは複雑なので、通常は販売店が代行する事になります。その為、委任状を書く必要が有ります。委任状は販売店が用意してくれるので、説明に従って記入する様にしましょう。

また、中古車の購入時には車庫証明が必要となります。普段車を置いておく場所を、警察に車庫として申請・登録する必要が有るのです。警察に車庫証明の申請をすると、後日警察が実際の駐車スペースを確認した後、車庫証明を出してくれます。

車庫証明も、販売店に手続代行をしてもらう事が出来ますが、これはそれほどややこしく無いので、時間が確保出来る方は自分で手続した方が良いでしょう。自分でするだけで1万円程度は出費が減りますよ。

代金支払い

代金の支払い

代金の支払いは契約締結後にするのですが、支払い方法によってタイミングは異なります。現金一括払いの場合は、契約締結時に支払っても良いですし、後日の振込でも構いません(いつまでに振込むかは、販売店と決める事になります)。

また、ローンで購入する場合は、契約時にローンの契約書を締結する事で、販売店への支払手続は完了します。後は、毎月定められた方法・金額でローン会社に支払っていく事になります。

ローンで支払う場合、事前にローン会社の審査が有り、審査には数日かかるので、審査結果が出たら改めて販売店に行く事になります。

なお、中古車の場合、ローンの審査は新車と比べると甘い傾向に有ります。

中古車販売店の自動車ローンの金利が高い理由&審査が甘い理由

任意保険の検討・加入

任意保険と自賠責保険

中古車を購入したら、納車時までに任意保険に加入する必要が有ります(義務ではないですが、もしもの時の為に加入する様にしましょうね。)

販売店が代理店をしている保険会社で加入する場合は、販売店の指示に従って手続をすればいいですが、他の代理店型の保険に加入する場合や、ダイレクト型の自動車保険に加入する場合は、納車日までの手続を忘れずに!

【車購入後】どのタイミングで自動車保険の加入手続きをするのが良いのか?

なお、任意保険に加入する際には車検証が必要となります。車検が残っている場合はすぐに手続が出来ますが、車検が切れている中古車を購入する場合は、販売店での登録が完了するまでは待つ事になります。

納車

中古車の納車

中古車の納車は、契約をしてからおおよそ1〜2週間程度かかります。(参考記事:中古車の納車までの期間を出来るだけ早くする方法

なお、納車時はそのまま受け取るのではなく、注文時に依頼した修理やオプションの状況、保証書の内容などを必ずチェックする様にしましょうね。

中古車納車時のチェックポイント・注意点

納車時のチェックまで済んで、やっと中古車購入の一連の流れが終了します。

まとめ

いかがでしたか?中古車を買うと言っても、納車されるまでには色々なステップが有る事が分かりましたね。

特に、必要書類の提出が遅れるとその分納車も遅れます。しっかりと流れや必要書類を理解して、スムーズに取引が出来ると良いですね。

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定

ズバット車販売サービス

中古車無料検索サービス